Pay-Ya NEWS.(β)

総合決済プラットフォームPay-Yaの紹介と業界情報サイト

 

© Pay-Ya NEWS.(β) All rights reserved.

20225/26

越境EC「Buyee Connect」の初期・月額費用を無償化(BEENOS)

2022年5月26日18:50

BEENOSは、連結子会社が運営する海外向け購入サポートサービス「Buyee(バイイー)」にタグ設置のみで接続し、海外販売を可能にする「Buyee Connect」の初期費用、および月額費用を2022年6月1日より無償化すると発表した。 越境化に伴う費用負担はなくなり、 海外販売オペレーションもBEENOSグループが行うことから、日本の企業は従来通りの国内ECの運用のみで世界118の国と地域まで販売することが可能になるという。

2008年より13年以上にわたり越境EC事業を展開してきたBEENOSグループは、2,700以上の国内ECサイトのサポート実績があるが、このほど、越境ECサポートサービスである「Buyee Connect」の無償化を行うことで、導入ハードルをゼロとし、ECサイト事業者様に国内マーケットだけでなく拡大するグローバルマーケットへの挑戦を後押しするという。変更前は初期費用3万3,000円(税込)、月額費用4.950円(税込)だったが、いずれも無料となる。2022年6月1日以降に申し込んだEC事業者が対象となり、すでに連携している企業に関しては、6月1日以降の月額費用は発生しない。

「Buyee」サービス内容(BEENOS)

なお、「Buyee」は、海外の利用者に手数料一律300円/オーダー毎と国際送料を負担してもらっている。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

The post 越境EC「Buyee Connect」の初期・月額費用を無償化(BEENOS) first appeared on ペイメントナビ.

関連記事

20226/27

決済端末「Spayd Lite」で国内初の「クレカで決済音」開始、国際ブランドが推進する理由とは?

2022年6月28日8:00 ネットムーブは最新版の決済端末「Spayd Lite」でクレジットカード等の決済時にブランド固有の決済音を…

20226/27

メタバース「ZEPETO」にアバター接客のソフトバンクショップがオープン、リアルとの連携も

2022年6月27日19:30 ソフトバンクは、NAVER Z Corporationの運営するメタバースプラットフォーム「ZEPETO…

20226/27

Uber Taxi乗り放題や2,000円オフになるクーポンキャンペーン実施(Mastercard)

2022年6月27日18:20 Mastercardは、日本におけるデジタル決済の推進を目的として、2022 年 6月27日~ 7月10日ま…

20226/27

「エクスプレス予約サービス(プラスEX会員)」との連携を開始(クレディセゾン)

2022年6月27日18:10 クレディセゾンは、2022年6月27日から、東海道・山陽・九州新幹線区間のネット予約&チケットレス乗車サービ…

20226/27

「chiica」を活用してデジタル地域通貨「富士山Gコイン」開始(御殿場市)

2022年6月27日18:00 静岡県御殿場市は、2022年7月20日から、トラストバンクが提供する自治体向け地域通貨プラットフォームサービ…

ページ上部へ戻る