Pay-Ya NEWS.(β)

総合決済プラットフォームPay-Yaの紹介と業界情報サイト

 

© Pay-Ya NEWS.(β) All rights reserved.

20219/7

日本プロ野球界初のNFT商品を販売(西武ライオンズ/PLM)

2021年9月7日17:08

西武ライオンズと、パシフィックリーグマーケティング(PLM)は、PLMが運営するNFTコンテンツを取り扱うWebプラットフォームサービス「PLM COLLECTION(PLMコレクション)」内に、先行して「LIONS COLLECTION(ライオンズコレクション)」を2021年9月7日に立ち上げ、同日より埼玉西武ライオンズ公式NFT商品の販売を開始した。NFTコンテンツの販売は日本プロ野球界では初となる。

LIONS COLLECTION(ライオンズコレクション)(西武ライオンズ/PLM)

NFTとは、“Non-Fungible Token(非代替性トークン)”の略で、複製や偽造が非常に困難なデジタルデータのこととなる。今回販売するNFT商品は、埼玉西武ライオンズの栗山巧選手の通算2000安打達成を記念して開発したコンテンツなど4種類だ。栗山選手が9月4日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦で2000安打を達成した際に球場で掲げた記録達成パネルや、西武線沿線などで通算2000安打達成に向け展示されていたカウントアップパネル「KURI-METER」など、一部の商品はNFT化されたデジタルデータと現物をセットにして数量限定で販売する。また、対象商品は順次追加していく予定だ。

当面の間は希少性の高いグッズをコレクションすることでファンに楽しんでもらうサービスだが、今後「PLM COLLECTION(PLMコレクション)」に二次流通機能を実装し、利用者同士の売買や譲渡も可能にすることを目指している。

西武ライオンズでは、昨シーズン以降観客の動員制限がかかるなか、新たな収益源を確保するべく、さまざまな取り組みを行っている。NFT商品の一次販売による売上、また将来的に利用者同士が行うNFT商品の売買(二次流通)によって発生する同社への還元金などで、新たな売上の増加を図っていきたいとしている。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

The post 日本プロ野球界初のNFT商品を販売(西武ライオンズ/PLM) first appeared on ペイメントナビ.

関連記事

20226/27

決済端末「Spayd Lite」で国内初の「クレカで決済音」開始、国際ブランドが推進する理由とは?

2022年6月28日8:00 ネットムーブは最新版の決済端末「Spayd Lite」でクレジットカード等の決済時にブランド固有の決済音を…

20226/27

メタバース「ZEPETO」にアバター接客のソフトバンクショップがオープン、リアルとの連携も

2022年6月27日19:30 ソフトバンクは、NAVER Z Corporationの運営するメタバースプラットフォーム「ZEPETO…

20226/27

Uber Taxi乗り放題や2,000円オフになるクーポンキャンペーン実施(Mastercard)

2022年6月27日18:20 Mastercardは、日本におけるデジタル決済の推進を目的として、2022 年 6月27日~ 7月10日ま…

20226/27

「エクスプレス予約サービス(プラスEX会員)」との連携を開始(クレディセゾン)

2022年6月27日18:10 クレディセゾンは、2022年6月27日から、東海道・山陽・九州新幹線区間のネット予約&チケットレス乗車サービ…

20226/27

「chiica」を活用してデジタル地域通貨「富士山Gコイン」開始(御殿場市)

2022年6月27日18:00 静岡県御殿場市は、2022年7月20日から、トラストバンクが提供する自治体向け地域通貨プラットフォームサービ…

ページ上部へ戻る