Pay-Ya Style(β)

総合決済プラットフォームPay-Yaの紹介と情報サイト

 

© Pay-Ya Style(β) All rights reserved.

20218/25

AIによるリコメンデーションでポイントタウンの顧客エンゲージメント向上(GMOメディア)

2021年8月26日7:10

GMOメディアは、AI SaaS企業のAppier(エイピア)が提供するAI搭載のカスタマーエンゲージメントプラットフォーム「AIQUA(アイコア)」を活用し、顧客エンゲージメントを高めることに成功したと発表した(2020年12月‐2021年5月までの平均値)。

GMOメディアのポイントタウンは、1999年12月スタートしたポイントサイトだ。ゲームやアンケートへの回答などのアクションによって無料でポイントを貯めることができ、貯めたポイントは30種類以上のサービスのほか、現金、電子マネー、ギフト券とも交換可能だ。現在、会員数190万人スマートフォンアプリのダウンロード累計数209万件となる(いずれも2021年5月現在)。

ポイントタウンをはじめとするポイントサイトは一般的に「お小遣いサイト」とも呼ばれ、すきま時間での小遣い稼ぎや副業として親しまれ、節約好きな主婦層などに人気のサービスだ。GMOメディアポイントタウンは、会員登録後の広告主サイトへの誘導や、広告主サイトでの買い物などのアクションを促進することを目的としていた。その中で、①ポイントタウン会員登録後にポイント獲得アクションに至らず、離脱してしまうユーザーを低減させる、②ユーザーが、最適なコンテンツを発見したり、実際のアクション(購買、申し込み)を取るまでのプロセスを短くしたい、といった課題があった。

その課題に向けて、「AIQUA」のカスタマージャーニーマップ機能を活用。ポイントタウンアプリをインストールした新規ユーザーに対し、ユーザーがアクセスしやすい案件を自動的に紹介するメッセージを複数回にわたって配信した。

「AIQUA」のカスタマージャーニーマップ機能を活用(GMOメディア)

また、ユーザーの閲覧履歴から、AIによるパーソナライズされたコンテンツを配信。通常のサイト内の既存枠よりも、費用対効果が高い誘導数の獲得に成功したという。また、レコメンデーション機能によって、ユーザーごとに最適かつ魅力的なインセンティブおよびキャンペーンを紹介することで、コンバージョンが大きく向上したそうだ。

結果として、ユーザーの閲覧履歴を基にした「閲覧履歴からのおすすめ」で、GMOメディアポイントタウンサイトから広告主サイトの誘導数が14倍向上。また、回遊履歴を基にした「あなたへのおすすめ」で、同誘導数が25倍向上している。

The post AIによるリコメンデーションでポイントタウンの顧客エンゲージメント向上(GMOメディア) first appeared on ペイメントナビ.

関連記事

202110/17

「Mobage」内のポイント「モバコイン」購入に利用可能に(Paidy)

2021年10月17日10:16 Paidyは、「Mobage」内で有料コンテンツを使用するためのポイント「モバコイン」の購入にペイディが利…

202110/16

二次元コード決済「ポケパル払い」に登録可能なクレジットカード拡大(パルコ)

2021年10月16日12:30 パルコは、2021年10月5日から、パルコの二次元コード決済である「ポケパル払い」のサービスをリニューアル…

202110/15

キャッシング即時振込サービスを24時間化(三井住友カード)

2021年10月15日9:21 三井住友カードは、キャッシング振込サービスにおいて 24 時間即時に借り入れ(口座振込)ができるようにサービ…

202110/15

「TOYOTA Wallet」で「ドコモ・バイクシェア」と「トヨタレンタカー」をミニアプリで提供(トヨタファイナンシャルサービス/トヨタファイナンス)

2021年10月15日9:19 トヨタファイナンシャルサービス、およびトヨタファイナンスは、2021年10月11日から、トヨタの決済アプリ「…

202110/15

収益認識を自動化する機能を提供(Stripe)

2021年10月15日9:14 Stripe は、40カ国のユーザーに対して新たに収益認識を自動化する機能の提供を開始した。 収益認識とは、…

ページ上部へ戻る