Pay-Ya Style(β)

総合決済プラットフォームPay-Yaの紹介と情報サイト

 

© Pay-Ya Style(β) All rights reserved.

20218/25

中国銀聯のネットワークが180の国と地域に拡大(世界の決済シーン)

2021年8月26日8:00

中国銀聯のモバイル財布アプリ“クラウドクイックパス”(Cloud Quick Pass) 

グローバルペイメントの動向に詳しい、和田文明氏による世界の決済シーンを紹介する本コーナー。今回は国際ブランドとして拡大する中国銀聯について紹介してもらった。

和田文明

中国銀聯の拡大は続いている。2021年4月に、UPI(Union Pay International、中国銀聯国際)は、スイスに本社を置くCIM Bank(本社:スイス、ジュネーブ、設立:1990年)とタイアップし、銀聯クレジットカードをスイスで発行すると発表した。CIM Bank 銀聯クレジットカードは、地元の資産を多く有している個人が日常生活や海外出張での支払いニーズを満たすように設計されている。現在、銀聯カードは、スイスの全てのATMとスイスのカード加盟店(マーチャント)の80%近くで受け入れられ、ルツェルン、ジュネーブ、チューリッヒなどのスイスの主だった都市を中心に広がっている。

銀聯カードを統括する中国銀聯(China Union Pay)は、2002年3月に中国の中央銀行である中国人民銀行が主導して、上海(写真)に設立している。(図表1)は、中国銀聯が設立された当初の中国五大銀行の一つである中国農業銀行の2004年頃の銀聯カード(デビットカード)である。銀聯カードは、それぞれの銀行の預金口座とリンクし、ATMから預金を引き出すキャッシュカード機能がメインで、大きく分けてキャッシュカード+銀聯バンクPOSデビットカードとキャッシュカード+銀聯クレジットカードの二つのタイプがある。この他に、オープンループのオンラインプリペイドカードも発行されている。

(写真)中国銀聯の本社がある中国・上海(図表1)中国五大銀行の一つである中国農業銀行の銀聯カード(デビットカード)

このコンテンツは会員限定(有料)となっております。
「Paymentnavi Pro2021」の詳細はこちらのページからご覧下さい。

すでにユーザー登録をされている方はログインをしてください。

The post 中国銀聯のネットワークが180の国と地域に拡大(世界の決済シーン) first appeared on ペイメントナビ.

関連記事

202110/15

キャッシング即時振込サービスを24時間化(三井住友カード)

2021年10月15日9:21 三井住友カードは、キャッシング振込サービスにおいて 24 時間即時に借り入れ(口座振込)ができるようにサービ…

202110/15

「TOYOTA Wallet」で「ドコモ・バイクシェア」と「トヨタレンタカー」をミニアプリで提供(トヨタファイナンシャルサービス/トヨタファイナンス)

2021年10月15日9:19 トヨタファイナンシャルサービス、およびトヨタファイナンスは、2021年10月11日から、トヨタの決済アプリ「…

202110/15

収益認識を自動化する機能を提供(Stripe)

2021年10月15日9:14 Stripe は、40カ国のユーザーに対して新たに収益認識を自動化する機能の提供を開始した。 収益認識とは、…

202110/14

バーチャル渋谷 ハロウィーンフェスでリアルとバーチャルの融合加速、投げ銭も実施

2021年10月15日8:30 KDDIは、渋谷区公認の配信プラットフォーム「バーチャル渋谷」において、「バーチャル渋谷 au 5G ハ…

202110/14

【緊急特集】世界のBNPLの特徴、メリット・デメリット、プレイヤー徹底解説(1)

2021年10月15日8:00 世界中で“BNPL”(Buy Now, Pay Later:後払い)が盛り上がりを見せている。そこで、今…

ページ上部へ戻る