Pay-Ya Style(β)

総合決済プラットフォームPay-Yaの紹介と情報サイト

 

© Pay-Ya Style(β) All rights reserved.

20218/5

株式投資にAI活用のロボアドバイザー「AlpacaROBO」サービス開始

2021年8月5日12:00

Fanは、AlpacaJapan、SBI証券と協業し、株式投資にAI(人工知能)を活用したロボアドバイザー「AlpacaROBO(アルパカロボ)」を2021年8月1日より提供している。開始に先立ち2021年7月29日にサービス説明会および記者発表会を開催した。

新たな顧客体験、ビッグデータやAI活用

当日はFan 代表取締役 尾口 紘一が「AlpacaROBO」の特徴について説明した。「AlpacaROBO」は、新たな顧客体験の提供を目指すとともに、ビッグデータやAI(人工知能)を活用するテクノロジーを活用したサービスとなる。国内外の金融機関にAIソリューションを提供するアルパカと、IFA(資産運用アドバイザー)法人のFanが開発したサービスだ。

「AlpacaROBO」は、口座開設が無料で利用できるという。また、投資初心者が利用しやすいよう、シンプルで直感的に分かりやすいUI /UXとなっており、経験を有するIFAにチャットでリアルタイムに相談できる。尾口氏は特徴として、①日本株個別銘柄の強気&弱気シグナル配信、②日本株個別銘柄のポートフォリオ提案、③AlpacaJapanのAI技術、の3点を挙げた。

「強気シグナル(買い時)」「弱気シグナル(売り時)」配信

AIによる「強気・弱気」のシグナルを参考に個別銘柄選びができ、「強気シグナル(買い時)」「弱気シグナル(売り時)」を毎日知らせる。

AIがサイズバランス診断

また、投資対象を時価総額によって分類し、大型株:中型株:小型株を1:2:2の評価額比率で保持してもらう、最適なバランスのポートフォリオを提案している。

なお、アルパカジャパンはAI技術に強みを持ち、SBIグループやミンカブ・ジ・インフォノイドからシリーズB調達を実施。2021年3月には金融イノベーションを表彰する「JFIA 2021」大賞を受賞している。「Alpaca ROBO」は、Alpaca AIが銘柄選択を助けるアドバイザー型のロボアドバイザーとなり、投資活動の難しいところをサポートするつくりとなっているそうだ。

The post 株式投資にAI活用のロボアドバイザー「AlpacaROBO」サービス開始 first appeared on ペイメントナビ.

関連記事

202110/21

都立公園のスポーツ施設でキャッシュレス決済開始へ(東京都)

2021年10月21日19:05 東京都は、コロナ禍における「新しい日常」の定着及びデジタルトランスフォーメーションの推進を目指し、施設使用…

202110/21

LINE公式アカウントによる会員向けの「通知サービス」開始(三井住友カード)

2021年10月21日18:52 三井住友カードは、2021年10月21日から、三井住友カードLINE公式アカウントによる会員向けの「通知サ…

202110/21

ベンチャーキャピタルファンド「SBI 4+5ファンド」へ出資(オリコ)

2021年10月21日18:43 オリエントコーポレーション(オリコ)は、SBI ホールディングスの子会社であるSBI インベストメントが設…

202110/21

新宿と池袋でポンタが街行く人々とリアルタイムにコミュニケーション(LM)

2021年10月21日13:23 共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」を運営するロイヤリティ マーケティング(LM)は、2021年1…

202110/21

JALマイルやTポイントがお得に貯まる?住信SBIネット銀行が提携ネオバンク支店の上手な活用法を紹介

2021年10月21日9:16 住信SBIネット銀行では、Embedded Financeを「NEOBANK(ネオバンク)」サービスとし…

ページ上部へ戻る