Pay-Ya Style(β)

総合決済プラットフォームPay-Yaの紹介と情報サイト

 

© Pay-Ya Style(β) All rights reserved.

20218/2

インターチェンジフィー標準料率開示の見解は? 経産省が有識者や事業者集め検討会

2021年8月3日8:00

キャッシュレス決済の普及を加速させるため、クレジットカードでの決済があった際に、加盟店契約会社(アクワイアラー)がクレジットカード発行会社(イシュアー)に支払う手数料である「インターチェンジフィー」の標準料率の開示を求める圧力が強まっている。公正取引委員会が、19年の報告書で標準料率の開示を促す見解を示したのに続き、経済産業省も今夏、有識者や事業者を集めた検討会を設置し、標準料率の開示の是非を検証する方針を固めた。キャッシュレス推進室長の降井寮治氏に検討会の状況について話を聞いた。(ライター:小島清利)

経済産業省 キャッシュレス推進室長 降井寮治氏

インターチェンジフィーの公開を一段階として視野に

インターチェンジフィーは、クレジットカードでの決済があった際に、アクワイアラーがイシュアーに支払う手数料のことを指す。イシュアーとアクワイアラーが同じ会社である場合(オンアス取引)ではインターチェンジフィーは発生しないが、イシュアーとアクアイアラが異なる会社である場合(オフアス取引)では発生する。

海外では、インターチェンジフィーの上昇に歯止めをかける目的で上限規制を導入したケースもある。米国は小売チェーンとの法廷係争なども考慮し、国際ブランドが自主的にインターチェンジフィーの標準料率を公表している。これに対し、日本では、インターチェンジフィーの標準料率をカード会員や加盟店は知ることができない。

経産省の「キャッシュレス決済の中小店舗への更なる普及促進に向けた環境整備検討会」は今年初め、中間整理をまとめた。それによると、「日本ではクレジットカードを中心としたキャッシュレス決済が拡大しており、今後、ますますその動きが広がっていくことが想定される中、市場の透明性を高め、インターチェンジフィーによるバランス調整を適切に作用させることが必要であると考えられる」と指摘している。

そのうえで、近年の環境変化や日本市場ならではの特性も踏まえつつ、「インターチェンジフィーの公開を一段階として視野に入れ、合わせて公開が市場に対してより有効に機能するような環境を整備するための論点について、官民一体となって整理していくことが求められる」と提言している。

これに対し、イシュアー側としては「インターチェンジフィー公開そのものについては、イシュアー収益への影響はない」とする一方で、「将来的にインターチェンジフィー引き下げへの影響が及んだ場合は、収益性の低下、セキュリティ水準の低下、サービス低下による会員の離反などにつながることが考えられる」と懸念を示す向きもあった。

クレジットカードのコスト構造 出典:キャッシュレス決済の中小店舗への更なる普及促進に向けた環境整備検討会 中間整理(概要)より

日本固有の事業には留意が必要に

同検討会の議論では「各国固有の事情が大きく影響しているため、海外事例が日本に直ちに当てはまるわけではないことには留意が必要」との指摘もあった。海外では、イシュアやアクワイアラが銀行である場合が多く、個人向けも加盟店向けも、決済サービス単独での収益を考慮せず、銀行取引全体として扱われるほか、決済のうち、デビットの占める割合が大きい傾向があるからだ。

これに対し、日本ではオンアス取引の比率が海外より高く、インターチェンジフィーが適用されない取引が多い傾向がある。それでも、経産省は、中小の小売店舗などを対象に実施したアンケート調査で、カードなどキャッシュレス決済を導入しない理由として加盟店料の高さを挙げる企業が多く、キャッシュレス決済の普及を促進するためには、インターチェンジフィーの標準料率公開の効果はある程度期待できると見ている。

降井氏は「政府が掲げる2025年にキャッシュレス決済40%の目標を達成するためには、2019年から20年にかけて実施したポイント還元などの促進策に加え、中小事業者などのキャッシュレス決済導入を阻害している要因を取り除くことも必要になります」と話している。

キャッシュレス決済導入メリットを定量的に検証へ

このほか、「キャッシュレス決済の中小店舗への更なる普及促進に向けた環境整備検討会」は、アクワイアラーが負担するネットワーク利用料や決済端末環境や端末価格などにも着目し、中間整理の中で論点整理を行っている。

ネットワーク使用料の問題は、公取委の報告書が公表された後、ネットワーク事業者による料金改定が行われるなど、中小事業者の活用を促す形でのインフラ環境の改善が進んでいいるが、経産省と公取委は引き続き、取引環境の適正化に関する問題意識を共有していく方針だ。

また、環境整備検討会の中間整理では、今後、キャッシュレス決済のすそ野をさらに拡大していくため、キャッシュレス決済のコスト構造などに関する分析を深め、キャッシュレス決済導入によるメリットを定量的に検証し、店舗における現金取り扱いコストの試算とともに可視化することで、各事業者・店舗に最適なキャッシュレス決済の導入事例を創出し、横展開をしていくという。

 

The post インターチェンジフィー標準料率開示の見解は? 経産省が有識者や事業者集め検討会 first appeared on ペイメントナビ.

関連記事

202110/17

「Mobage」内のポイント「モバコイン」購入に利用可能に(Paidy)

2021年10月17日10:16 Paidyは、「Mobage」内で有料コンテンツを使用するためのポイント「モバコイン」の購入にペイディが利…

202110/16

二次元コード決済「ポケパル払い」に登録可能なクレジットカード拡大(パルコ)

2021年10月16日12:30 パルコは、2021年10月5日から、パルコの二次元コード決済である「ポケパル払い」のサービスをリニューアル…

202110/15

キャッシング即時振込サービスを24時間化(三井住友カード)

2021年10月15日9:21 三井住友カードは、キャッシング振込サービスにおいて 24 時間即時に借り入れ(口座振込)ができるようにサービ…

202110/15

「TOYOTA Wallet」で「ドコモ・バイクシェア」と「トヨタレンタカー」をミニアプリで提供(トヨタファイナンシャルサービス/トヨタファイナンス)

2021年10月15日9:19 トヨタファイナンシャルサービス、およびトヨタファイナンスは、2021年10月11日から、トヨタの決済アプリ「…

202110/15

収益認識を自動化する機能を提供(Stripe)

2021年10月15日9:14 Stripe は、40カ国のユーザーに対して新たに収益認識を自動化する機能の提供を開始した。 収益認識とは、…

ページ上部へ戻る