Pay-Ya NEWS.(β)

総合決済プラットフォームPay-Yaの紹介と業界情報サイト

 

© Pay-Ya NEWS.(β) All rights reserved.

20218/2

「ポイント運用 by 楽天PointClub」500万人突破(楽天グループ/楽天証券)

2021年8月2日16:30

楽天グループと楽天証券は、楽天が運営するポイントプログラム「楽天ポイント」を利用して投資の疑似体験ができる「ポイント運用 by 楽天PointClub」のユーザー数が500万人を突破したと発表した。

楽天は、楽天IDを持つ楽天会員を対象に、2018年10月から本格的に「ポイント運用 by 楽天PointClub」を開始した。証券口座を保有しなくても、気軽に投資の疑似体験ができるうえ、日々のポイント数の変動が分かりやすい点をユーザーに評価され、サービス開始以降、順調にユーザー数を伸ばしてきたという。また、積極的な運用ができる「アクティブコース」と安定的な運用ができる「バランスコース」の2つのコースから選択できることも好評を得ており、近年ではより値動きの大きい「アクティブコース」を選択するユーザーが9割を占めている。

同ポイント運用の世代別の割合を見ると、30代以下のユーザーが過半数を占める。1,000ポイント以上運用しているユーザーの割合を見ると、40代以上(29.5%)よりも30代以下(35.3%)のほうが約6ポイント高く、複数回に渡ってポイントを追加し運用するユーザーの割合においても、40代以上(47.4%)よりも30代以下(57.2%)のほうが約10ポイント高い結果となった。同結果からも、30代以下のユーザーが積極的に、同ポイント運用を利用していることが伺えるそうだ。

同ポイント運用での体験をきっかけに、楽天証券の口座を開設し、本格的に投資を始めるユーザーも増加傾向にあり、2021年1月から3月の期間で、新しく楽天証券の口座開設をした方の約7割(68%)が30代以下だった。また、同年5月には楽天証券の総合口座数が600万口座を突破した。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

The post 「ポイント運用 by 楽天PointClub」500万人突破(楽天グループ/楽天証券) first appeared on ペイメントナビ.

関連記事

20225/20

キャッシュレス決済端末「ThincaTerminal2」販売(トッパンフォームズ/TFPS)

2022年5月21日7:00 トッパンフォームズとTFペイメントサービス(TFPS)は、キャッシュレス決済端末「ThincaTerminal…

20225/20

「Uber Eats」への導入2周年、利用者数250万人突破を記念したキャンペーン実施(PayPay)

2022年5月20日19:17 PayPayは、Uber Eats Japanが提供する「Uber Eats」における「PayPay」の導入…

20225/20

ハイパーソフトの「Salon de Net for LINE」リニューアル(ネットスターズ)

2022年5月20日16:45 ネットスターズは、美容室・美容サロン向けのPOSシステムやセルフレジを開発・販売するハイパーソフトと提携し、…

20225/20

ビジネスカード「freeeカード Unlimited」で最大10枚のカード追加が可能に(freee finance lab)

2022年5月20日16:00 freee finance labは、法人を対象とした統合型ビジネスカード「freeeカード Unlimit…

20225/20

デビットカード(Mastercard)でGoogle Pay対応(住信SBIネット銀行)

2022年5月20日15:55 住信SBIネット銀行とMastercardは、Mastercardのデジタル・ファースト・プログラムに対応し…

ページ上部へ戻る