Pay-Ya Style(β)

総合決済プラットフォームPay-Yaの紹介と情報サイト

 

© Pay-Ya Style(β) All rights reserved.

20217/15

「秋川渓谷プレミアム付デジタル商品券」に「おまかせeマネー」採用(NTT-CS)

2021年7月16日7:50

NTTカードソリューション(NTT-CS)は、同社のデジタル通貨発行代行サービス「おまかせeマネー」が、あきる野商工会(あきる野市および檜原村が協力)が提供する「秋川渓谷プレミアム付デジタル商品券」のプラットフォームとして採用されたと発表した。

デジタル商品券は、「おまかせeマネー」の特徴を活かし、スマートフォンユーザーが使えるCPM・MPMの2方式のQRコード決済機能に加え、あらかじめQRコードを印字した「プリペイドカード」を提供することにより、スマートフォンを持たない人も利用できる。

イメージ図(NTT-CS)

利用方法は、プリペイドカードや利用者のスマートフォンのQRコードを店舗側が端末で読み取る“店舗側読み取り(CPM)”をメインとし、さらに、レジの繁忙が想定される大型店舗では、一部のレジで店頭のQRコードを利用者がスマートフォンで読み取る“利用者側読み取り(MPM)”を併用する。

あきる野市、檜原村としては初となるQRコード決済による総額3億5,100万円分の「デジタル商品券」を販売する。販売価格は1万円となり、1万3,000円分(A券 7,000円分 B券 6,000円分)が利用できる。A券が全ての取扱い店舗で利用可能、B券が大型店を除いた店舗で利用可能となっている。今回、JTB東京多摩支店が、事務局として、あきる野商工会と連携し、募集、管理、プロモーション等を行う。利用期間は2021年10月中旬~2022年2月中旬となる予定だ。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

 

The post 「秋川渓谷プレミアム付デジタル商品券」に「おまかせeマネー」採用(NTT-CS) first appeared on ペイメントナビ.

関連記事

20221/19

「第6回 Japan IT Week 関西」が21日まで開催中、注目のIT関連製品・サービスは?

2022年1月20日8:30 RX Japanは、2022年1月19日~1月21日まで、インテックス大阪(大阪府大阪市住之江区)において、日…

20221/19

最新技術やソリューションを紹介した「docomo Open House’22」開催、自治体が「健康マイレージ」などと連携してフレイルリスクを推計

2022年1月20日8:00 NTTドコモは、ドコモの研究開発や最新技術を活用したソリューションなどを紹介する「docomo Open …

20221/19

店舗向け決済DXプラットフォーム提供、「PayCAS Mobile」から対応(SB  C&S/SBPS)

2022年1月19日23:00 SB  C&SとSBペイメントサービス(SBPS)は、店舗向け決済DXプラットフォームの提供を2…

20221/19

飲食店向けモバイルオーダーサービス「eateat」、スマートロッカー連携も(インタセクト)

2022年1月19日22:00 インタセクト・コミュニケーションズは、イートインからテイクアウトまで同一システムで、非接触・非対面を可能にし…

20221/19

クレジットカード発行と証券総合口座開設を同時申し込み可能に(SBI証券/三井住友カード)

2022年1月19日18:00 SBI証券と三井住友カードは、両社間のさらなる連携強化を目的として、2022年1月19日から、SBI証券の証…

ページ上部へ戻る