Pay-Ya NEWS.(β)

総合決済プラットフォームPay-Yaの紹介と業界情報サイト

 

© Pay-Ya NEWS.(β) All rights reserved.

20217/15

「秋川渓谷プレミアム付デジタル商品券」に「おまかせeマネー」採用(NTT-CS)

2021年7月16日7:50

NTTカードソリューション(NTT-CS)は、同社のデジタル通貨発行代行サービス「おまかせeマネー」が、あきる野商工会(あきる野市および檜原村が協力)が提供する「秋川渓谷プレミアム付デジタル商品券」のプラットフォームとして採用されたと発表した。

デジタル商品券は、「おまかせeマネー」の特徴を活かし、スマートフォンユーザーが使えるCPM・MPMの2方式のQRコード決済機能に加え、あらかじめQRコードを印字した「プリペイドカード」を提供することにより、スマートフォンを持たない人も利用できる。

イメージ図(NTT-CS)

利用方法は、プリペイドカードや利用者のスマートフォンのQRコードを店舗側が端末で読み取る“店舗側読み取り(CPM)”をメインとし、さらに、レジの繁忙が想定される大型店舗では、一部のレジで店頭のQRコードを利用者がスマートフォンで読み取る“利用者側読み取り(MPM)”を併用する。

あきる野市、檜原村としては初となるQRコード決済による総額3億5,100万円分の「デジタル商品券」を販売する。販売価格は1万円となり、1万3,000円分(A券 7,000円分 B券 6,000円分)が利用できる。A券が全ての取扱い店舗で利用可能、B券が大型店を除いた店舗で利用可能となっている。今回、JTB東京多摩支店が、事務局として、あきる野商工会と連携し、募集、管理、プロモーション等を行う。利用期間は2021年10月中旬~2022年2月中旬となる予定だ。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

 

The post 「秋川渓谷プレミアム付デジタル商品券」に「おまかせeマネー」採用(NTT-CS) first appeared on ペイメントナビ.

関連記事

202212/1

日本の決勝トーナメント進出で盛り上がる「FIFA ワールドカップ カタール 2022」の決済シーン

2022年12月2日8:15 日本代表が決勝トーナメントに進出し、日本中が歓喜するサッカーの「FIFA ワールドカップ カタール 202…

202212/1

アメリカン・エキスプレス、中小企業やスタートアップへの支援を強化

2022年12月2日8:11 アメリカン・エキスプレス・インターナショナル, Inc.は、2022年11月17日、オンラインセミナー「スター…

202212/1

「請求QUICK」が「ネクストエンジン」と連携(SBIビジネス・ソリューションズ)

2022年12月2日7:50 SBI FinTech Solutionsの子会社となるSBIビジネス・ソリューションズは、クラウド型請求書発…

202212/1

Tポイント限定でポイントが2倍貯まるキャンペーン開催(ホテル京阪/CCCMKHD)

2022年12月2日7:40 ホテル京阪とCCCMKホールディングス(CCCMKHD)は、2023年1月4日から、全国の「ホテル京阪」の宿泊…

202212/1

90%が年末年始は「家族と過ごしたい」と回答(アメリカン・エキスプレス調査)

2022年12月2日7:30 アメリカン・エキスプレス・インターナショナル、Inc.(アメリカン・エキスプレス)は、日本を含む世界7カ国で2…

ページ上部へ戻る