Pay-Ya Style(β)

総合決済プラットフォームPay-Yaの紹介と情報サイト

 

© Pay-Ya Style(β) All rights reserved.

20217/11

リテール業界のDXを促進させる「リテールテックプラットフォーム」の強みとは?

2021年7月12日8:30

ピアズは、2021年7月8日に記者説明会を開催し、無人店舗やスマートロボット、店舗管理ツール等20種以上のソリューションを提供すると発表した。

ピアズ 取締役 リテールテックプラットフォーム事業責任者 二階堂京介氏(左上)と、CaT ラボ代表 オムニチャネルコンサルタント 逸見光次郎氏 (上中央)、アストロラボ 代表取締役 CEO 日下ヤスユキ氏(右上)、ブロックチェーンロック株式会社 CEO 岡本健氏(左下)はパネルセッション「リテールテックの未来を語る」を実施。右がピアズ 代表取締役 桑野隆司氏

小売・飲食・サービス業で求められるDX
リテールに特化したプラットフォームを開始

ピアズは、2005年1月に設立。2019年6月にマザーズに上場している。携帯販売コンサルティングなどの支援で成長してきた。通信業界で培ったノウハウを活用し、リテール業界へ事業領域を拡大するという。ピアズ 代表取締役 桑野隆司氏は「世の中を変えていきたいという情熱を持っています」と話す。

リテール業界を取り巻く環境として、他業界と比較して生産性が低いという課題がある。特に小売・飲食・サービス業は慢性的な人手不足となっている。小売・サービス業は2030年に460万人の人手不足になると予想され、「求められるのは省人化」であるとした。

国内№1のリテールテックプラットフォーマーを目指したいと話すピアズ 代表取締役 桑野隆司氏

また、長時間労働も業界別で上位の課題となっている。さらに、有休消化率も全産業中ワースト2位となる。2023年には中小企業における月60時間以上の割増賃金率の猶予もなくなるため、長時間労働への対策が急務となる。こういった課題は外国人の労働者が緩和してきたが、新型コロナウィルスの感染拡大によって往来も減っている。

新型コロナウィルスにより、消費者は店舗のレジ待ち・支払いにより不安を抱えるようになったという。そのため、レジに並ばない買い物スタイルが試されている。また、事前に商品を注文して決済するモバイルオーダーなども導入が進んできた。そのほか、バーチャルメイク、オンライン接客、無人コンビニ、配膳ロボットなどの動きがみられる。

例えば、Amazonでは、レジレス技術の「Amazon Go」技術「JWO(Just Walk Out)」の外部企業へのライセンス販売を進めている。また、ウォルマートの「カーブサイドピックアップ」、Amazonの「受け取り用ロッカー」、アルバートソンズの「ピックアップキオスク」など、オンラインで購入した商品を店舗で受け取る「BOPIS」対応の動きが加速している。さらに、ウォルマートの「Walmart+」、クロガーのネットスーパー専用倉庫、アルバートソンズの宅配実証実験など、デリバリー体制構築のため、ラストワンマイルの投資を行っている。

日本において、小売・飲食・サービス業は他業種と比較してDX(デジタルトランスフォーメーション)が進んでいないとしたうえで、「DX促進には本部と現場の橋渡しができるコンサルタントと本部/現場課題に応じたソリューションの複合的な導入が必要」だとした。

そのため、ピアズでは、リテール業界のDX支援を通じて省人化を行うとともに、顧客の購買体験の向上を実現し、日本のリテール業界の生産性の向上に貢献するべく国内初のリテールに特化したプラットフォーム「リテールテックプラットフォーム」を開設した。サービス開始時点では、国外の最先端ソリューションを中心に、日本の小売り向けに提供する。製品を紹介するサイトには、10カテゴリー、20種類以上のソリューションを掲載。製品カテゴリーは、無人店舗、ストアロボット、体験型店舗、スマートロッカー、スマートカート、モバイルオーダー、オンライン接客、データ分析、店舗管理、在庫管理となる。

提供するソリューション

2年間で5,000店舗の導入を目指す
ラストワンマイルを解決する無人店舗を自社で出店

ピアズ 取締役リテールテックプラットフォーム事業責任者 二階堂京介氏は「最も力を入れているのは公平性」だとした。リテーラーはソリューションを導入しようとしても各ソリューションを公平に見ることが難しいため、スペックや機能を公平な視点で第三者のライターが説明している。また、実際に使い倒すことで、メリット・デメリットを公平に比較したという。さらに、製品すべてにSDGs(持続可能な開発目標)を判定し、掲載している。

「リテールテックプラットフォーム」について紹介するピアズ 取締役リテールテックプラットフォーム事業責任者 二階堂京介氏

このコンテンツは会員限定となっております。すでにユーザー登録をされている方はログインをしてください。
会員登録(無料)をご希望の方は無料会員登録ページからご登録をお願いします。

The post リテール業界のDXを促進させる「リテールテックプラットフォーム」の強みとは? first appeared on ペイメントナビ.

関連記事

20221/19

「第6回 Japan IT Week 関西」が21日まで開催中、注目のIT関連製品・サービスは?

2022年1月20日8:30 RX Japanは、2022年1月19日~1月21日まで、インテックス大阪(大阪府大阪市住之江区)において、日…

20221/19

最新技術やソリューションを紹介した「docomo Open House’22」開催、自治体が「健康マイレージ」などと連携してフレイルリスクを推計

2022年1月20日8:00 NTTドコモは、ドコモの研究開発や最新技術を活用したソリューションなどを紹介する「docomo Open …

20221/19

店舗向け決済DXプラットフォーム提供、「PayCAS Mobile」から対応(SB  C&S/SBPS)

2022年1月19日23:00 SB  C&SとSBペイメントサービス(SBPS)は、店舗向け決済DXプラットフォームの提供を2…

20221/19

飲食店向けモバイルオーダーサービス「eateat」、スマートロッカー連携も(インタセクト)

2022年1月19日22:00 インタセクト・コミュニケーションズは、イートインからテイクアウトまで同一システムで、非接触・非対面を可能にし…

20221/19

クレジットカード発行と証券総合口座開設を同時申し込み可能に(SBI証券/三井住友カード)

2022年1月19日18:00 SBI証券と三井住友カードは、両社間のさらなる連携強化を目的として、2022年1月19日から、SBI証券の証…

ページ上部へ戻る