Pay-Ya Style(β)

総合決済プラットフォームPay-Yaの紹介と情報サイト

 

© Pay-Ya Style(β) All rights reserved.

Pay-Ya CLOUD.

Pay-Ya CLOUD.とはPay-Ya PLATFORM.の中でも縁の下の力持ち的なサービスになります。
決済端末や決済処理の信頼性や操作性の向上を約束します。
Pay-Ya CLOUD.には以下のサービスをラインナップしています。

いずれのPay-Ya CLOUD.もAPIリファレンスマニュアル、サンプルコード並びにテスト環境をご用意しておりますでの、スムーズな導入が可能です。

INSPEC端末の受入検査時に、端末の各機能をチェックし、Pay-Ya CLOUD.と通信しスコア(製造番号並びに不具合カ所と)を記録しますので、歩留まりなどの計算を
ロットアウトなのか製造上の問題での歩留まりなのか等を分析するのに役立ちます。
TMS端末管理サービスです(Terminal Management System)。端末にインストールされているアプリケーション等のバージョンを確認し、新しいAPPS.があればダウンロードします。
また、端末に必要な設定を行っておくことで端末に取り込むことが可能です。(加盟店名、電話番号、その他必要なパラメータ、動作モードなど)
さらにPPUIの機能として、端末のOSのバージョン、APPS.のバージョン、バッテリ残量、SIMカードの情報、LTEの電界強度、WiFiのアクセスポイント情報、電界強度、トランザクションデータなどをCONSOLEに記録し、障害解析に役立ちます。
CONSOLE設置先の加盟店、店舗、端末を一元管理し、故障時の入れ替えや売上レポートなど、運用に必要な機能が盛り込まれています。
TMSと連動しますので、障害発生時には
BRIDGEコード決済の事業者に接続しており、決済端末にPay-Ya APPS.をインストールすればUI画面周りの開発のみで簡単に決済サービスの構築が可能です。

サーバーについて

安全なサービスを提供するために、Pay-Ya CLOUD.が稼働しているサーバーは以下の認証を取得しています。

  • JIS Q 27001:2014(ISO/IEC27001:2013)
  • ISMSクラウドセキュリティ認証
    クラウドサービスに特化した情報セキュリティの認証である「ISMSクラウドセキュリティ認証」を取得しています。
  • PCI-DSS Ver3.2
    クレジットカード情報を安全に取扱うことを目的として策定されたセキュリティ基準「PCI DSS」Ver.3.2の全12要件のうち、物理的なセキュリティに関する「要件9」や「要件12」に準拠しております。

202110/19

【緊急特集】世界のBNPLの特徴、メリット・デメリット、プレイヤー徹底解説(2)

2021年10月20日8:30 前回の「その(1)」に引き続き、和田文明氏に世界の“BNPL”(Buy Now, Pay Later)動…

202110/19

「メルカート」と「ASUKA」標準連携、最短2週間での利用実装可能に(アクル)

2021年10月19日19:15 クレジットカードの不正利用対策ソリューションを提供するアクルと、エートゥジェイ(AtoJ)は、不正検知・認…

202110/19

「ビッグエコーテイクアウトサービス」予約/決済システム「テイクイーツ」導入(第一興商)

2021年10月19日19:09 第一興商は、カラオケルーム・ビッグエコーの一部店舗で実施中の「ビッグエコーテイクアウトサービス」に、ランプ…

202110/19

「攻撃する側の視点」でセキュリティ診断サービスを開始(IWI)

2021年10月19日19:00 インテリジェント ウェイブ(IWI))は、日々多様化するセキュリティの課題・ニーズに対応すべく、イエラエセ…

202110/19

宿泊施設向けのデジタルギフトサービス「Ticket Button」開発(JTB/ギフトパッド)

2021年10月19日18:52 JTBと、オンライン贈答システムを手がけるギフトパッドは、宿泊施設向けのデジタルギフトサービス「Ticke…

ページ上部へ戻る