Pay-Ya NEWS.(β)

総合決済プラットフォームPay-Yaの紹介と業界情報サイト

 

© Pay-Ya NEWS.(β) All rights reserved.

20229/24

新船「あおい」の就航に合わせ「QRスマート乗船」の運用開始(ジャンボフェリー)

2022年9月25日7:00

ジャンボフェリーは、2022年10月22日から、新船「あおい」の就航に合わせ、「QRコード」 を利用したチケットレスの乗船システム「QRスマート乗船」の運用を開始すると発表した。

同システムの開発は、富士通四国インフォテックおよびデンソーウェーブが担当した。改札に加え、指定席エリアの入退室、個室の入退室の管理を、全てスマホ表示のQRコードで管理するシステムは、旅客船としては日本で初めてとなるそうだ。

現行のネット予約には、乗船予約の機能しかなく、座席指定や決済の機能は備わっていないという。このため、「指定席の予約」は電話オペレータが、「決済・発券・個室キーの受渡し」は窓口オペレータが、そして「改札と検札」は船内の係員が、それぞれ行っている。

利用の流れ(フェリー)

現行船は、指定席、個室、ツーリストの3種類の有料席を備えているが、近年は有料席の利用が増え、電話・窓口・船内の業務が増大しつつあった。こうした中、多様なニーズに応えるため合計11種類の有料席を備えた新船「あおい」を導入するにあたって、ITを活用した各種手続きのセルフサービス化と有人業務の負担軽減が喫緊の課題となっていた。

今回の導入により、電話・窓口業務の負荷が軽減できるという。また、発券するチケットにQRコードを使用し、改札口にはQRリーダーを、有料エリアにはQRゲートを、個室にはQRオートロックをそれぞれ設置することによる、改札・検札に係る船内業務の負荷も軽減できる。さらに、利用者はネットで好きな座席を自由に選べる、窓口に並ぶことなく直接改札口から乗船できる、有料席エリアのセキュリティが向上することによる、利便性や快適性の大幅な向上が期待できるとした。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

The post 新船「あおい」の就航に合わせ「QRスマート乗船」の運用開始(ジャンボフェリー) first appeared on ペイメントナビ.

関連記事

202212/1

日本の決勝トーナメント進出で盛り上がる「FIFA ワールドカップ カタール 2022」の決済シーン

2022年12月2日8:15 日本代表が決勝トーナメントに進出し、日本中が歓喜するサッカーの「FIFA ワールドカップ カタール 202…

202212/1

アメリカン・エキスプレス、中小企業やスタートアップへの支援を強化

2022年12月2日8:11 アメリカン・エキスプレス・インターナショナル, Inc.は、2022年11月17日、オンラインセミナー「スター…

202212/1

「請求QUICK」が「ネクストエンジン」と連携(SBIビジネス・ソリューションズ)

2022年12月2日7:50 SBI FinTech Solutionsの子会社となるSBIビジネス・ソリューションズは、クラウド型請求書発…

202212/1

Tポイント限定でポイントが2倍貯まるキャンペーン開催(ホテル京阪/CCCMKHD)

2022年12月2日7:40 ホテル京阪とCCCMKホールディングス(CCCMKHD)は、2023年1月4日から、全国の「ホテル京阪」の宿泊…

202212/1

90%が年末年始は「家族と過ごしたい」と回答(アメリカン・エキスプレス調査)

2022年12月2日7:30 アメリカン・エキスプレス・インターナショナル、Inc.(アメリカン・エキスプレス)は、日本を含む世界7カ国で2…

ページ上部へ戻る