Pay-Ya NEWS.(β)

総合決済プラットフォームPay-Yaの紹介と業界情報サイト

 

© Pay-Ya NEWS.(β) All rights reserved.

20228/18

不正注文検知サービス「O-PLUX」がジオテクノロジーズの「住所確認サービス」と連携(かっこ)

2022年8月19日7:30

かっこは、ジオテクノロジーズと提携し、かっこが提供する不正注文検知サービス「O-PLUX(オープラックス)」の外部データベース(外部DB)として、4,000万件を超える住所データを保有するジオテクノロジーズのWebAPIサービス「住所確認サービス」との連携を開始した。

これにより、注文時の住所が存在するか否かを出荷前に判定することができるようになり悪質転売によるブランド毀損や商品返送によるコスト増を防止するとともに、ネット通販事業者における住所確認業務の削減を実現するという。なお、今回連携を開始した「住所確認サービス」の利用は、「O-PLUX Premium」プランにおいては無償、それ以外のプランにおいては一部有償となる。

近年、ネット通販において、デジタルコンテンツ等の無形商材は、品物を物理的に届ける必要がないため、存在しない住所を悪用した不正注文が多くみられ、また、配送を伴う有形商材においても、多少の番地の省略であれば配送は可能なケースが多いため、意図的な番地の省略等存在しない住所を用いて初回限定商品を同一人物が不正に複数回注文するような悪質転売が頻発しているそうだ。実際に、「O-PLUX」の審査データを用いたかっこによる検証においても、「O-PLUX」を悪質転売対策として利用している利用企業の注文データのうち、存在しない住所が使用されているなどで「住所確認サービス」にて「問題あり」と判定された注文が12.0%あり、特に、デジタルコンテンツを取り扱う利用企業においては、「問題あり」と判定された注文の約半数が不正取引となっていることが分かっている。

このコンテンツは会員限定となっております。すでにユーザー登録をされている方はログインをしてください。
会員登録(無料)をご希望の方は無料会員登録ページからご登録をお願いします。

The post 不正注文検知サービス「O-PLUX」がジオテクノロジーズの「住所確認サービス」と連携(かっこ) first appeared on ペイメントナビ.

関連記事

20229/24

新船「あおい」の就航に合わせ「QRスマート乗船」の運用開始(ジャンボフェリー)

2022年9月25日7:00 ジャンボフェリーは、2022年10月22日から、新船「あおい」の就航に合わせ、「QRコード」 を利用したチケッ…

20229/23

「エースワン」「A-MAX」で「楽天ポイントカード」が利用可能に(エースワン/楽天ペイメント)

2022年9月24日7:00 エースワンと楽天ペイメントは、エースワンが運営する「エースワン」「A-MAX」全17店舗において、共通ポイント…

20229/22

ヤマダデンキで「AEON Pay」利用可能に(イオンフィナンシャルサービス/イオンクレジットサービス)

2022年9月23日7:00 イオンフィナンシャルサービスとその子会社であるイオンクレジットサービスは、家電量販店のヤマダホールディングスと…

20229/22

共立女子大学・共立女子短期大学で金融教育プログラム実施(auフィナンシャルサービス)

2022年9月22日20:00 auフィナンシャルサービスは、2022年9月23日から開講される共立女子大学・共立女子短期大学のリーダーシッ…

20229/22

futureshop利用のEC事業者向けSAISON CARD Digitalのアライアンスプログラム開始(クレディセゾン)

2022年9月22日19:43 クレディセゾンは、フューチャーショップと協業し、ECサイト構築プラットフォームfutureshopを利用中の…

ページ上部へ戻る