Pay-Ya NEWS.(β)

総合決済プラットフォームPay-Yaの紹介と業界情報サイト

 

© Pay-Ya NEWS.(β) All rights reserved.

20226/27

「chiica」を活用してデジタル地域通貨「富士山Gコイン」開始(御殿場市)

2022年6月27日18:00

静岡県御殿場市は、2022年7月20日から、トラストバンクが提供する自治体向け地域通貨プラットフォームサービス「chiica(チーカ)」を活用し、デジタル地域通貨「富士山Gコイン」を開始する。

御殿場市では令和4年度の重要施策のなかで静岡県とともに推進している「デジタル田園都市国家構想」の第一弾として、デジタル地域通貨の導入により地域経済の循環を図るという。また、プレミアム付き商品券のデジタル化をはじめ、マイナンバーカードの普及促進のためマイナポイントとの連携や、SDGsに関するポイントをデジタル地域通貨に統合することで、市民の利便性を向上させるそうだ。

トラストバンクの「chiica」は、主に自治体が発行元となり地域通貨の発行、管理ができるプラットフォームサービスとなる。

御殿場市では、発行した地域通貨をより多くの市民に利用され、親しまれる通貨としていくために御殿場市のHP上で5月11日~6月20日の期間で通貨の名称・単位の公募を行い、名称を「富士山Gコイン」、単位を「ダラー」に決定した。「富士山Gコイン」は富士山の麓の街であることを広くアピールするとともに、御殿場の頭文字「G」を加えることで、市民に親しみを持ってもらうことを目的としている。「ダラー」は、静岡県東部地方の方言「だら」とドルの発音が似ていることと地域の文化や方言を使い、高齢世代にも親しみを持ってもらうことを目的とした。

御殿場市では、「富士山Gコイン」を皮切りに、プレミアム付き商品券のデジタル化をはじめ、マイナンバーカード普及促進のためマイナポイントとの連携やSDGsに関するポイントを発行、また市内商店街との連携など、市民や観光客にとってより利便性の高い通貨を目指すという。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

 

The post 「chiica」を活用してデジタル地域通貨「富士山Gコイン」開始(御殿場市) first appeared on ペイメントナビ.

関連記事

20228/19

アプリ払いが可能な「クラブ・オン/ミレニアム アプリ」110万ダウンロード突破(そごう・西武/セブンCSカードサービス)

2022年8月19日21:26 そごう・西武とセブンCSカードサービスは、両社が共同開発した「クラブ・オン/ミレニアム アプリ」のダウンロー…

20228/19

ナッジ、キャッシュレスで森林再生できる「広島Nudgeの森」開始 官民連携で「グリーン・フィンテック」を推進

2022年8月19日9:30 ナッジは、新たに広島県東広島市と連携し、「Nudge」クレジットカード申し込み時に「広島Nudgeの森」ク…

20228/18

「Ponta特典交換」で抽選でZIPAIR限定ポイント、スプリング・ジャパン国内線航空券と交換できるキャンペーン(LM)

2022年8月19日7:30 JALグループのZIPAIR Tokyo、スプリング・ジャパンと、共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」…

20228/18

不正注文検知サービス「O-PLUX」がジオテクノロジーズの「住所確認サービス」と連携(かっこ)

2022年8月19日7:30 かっこは、ジオテクノロジーズと提携し、かっこが提供する不正注文検知サービス「O-PLUX(オープラックス)…

20228/18

那覇空港でBOPIS/ C&C用スマートロッカー実証実験(SGST)

2022年8月19日7:20 SGSTは、新型コロナウイルス対応として飲食店、レジャー施設、一般企業、医療機関向けにロボットやIoT製品…

ページ上部へ戻る