Pay-Ya NEWS.

キャッシュレスに関するニュースポータル

© Pay-Ya NEWS. All rights reserved.

20224/30

「マイナンバーカード交付窓口用顔認証ソフトウェア」更改業務を受託(アルメックス)

2022年5月1日8:00

USEN-NEXT HOLDINGSのグループ会社であるアルメックスは、地方公共団体情報システム機構(J-LIS)より「マイナンバーカード交付窓口用顔認証ソフトウェア」の更改業務を受託し、更改版ソフトウェアを納入した。

マイナンバーカード交付窓口用顔認証ソフトウェア(アルメックス)

同社が開発・販売しているオンライン資格確認対応顔認証付きカードリーダー「Sma-paマイナタッチ」は、社会保険診療報酬支払基金より認証を受け、2021年10月より全国の病院・医科/歯科クリニック・保険薬局で運用されている。「Sma-paマイナタッチ」の顔認証エンジンは、マスクを着用した状態での顔画像の検出が可能だ。今回もコロナ禍の社会に対応した顔認証エンジンとして、「マイナンバーカード交付窓口用顔認証ソフトウェア」更改業務の受託に至った。

同ソフトウェアは、市区町村のマイナンバーカード交付窓口においてマイナンバーカード券面もしくは個人番号カード交付申請書の顔写真をWEBカメラやスキャナーで読み取り、申請者本人と顔照合を行うことにより本人確認を行う。

マイナンバーカードは日常的にさまざまな場面で本人確認書類として活用するため、マイナンバーカードに貼付される顔写真は「所持者と同一人物であること」を容易に識別可能な適切なものでなくてはならない。カード交付時には市区町村職員が目視で本人確認を行うが、適切な顔写真でない可能性が認められた場合、同ソフトウェアによる判断をあわせて行うことで、交付後の本人確認において不適切なマイナンバーカードの交付防止や市区町村職員様の事務負担軽減などの効果が期待されるという。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

The post 「マイナンバーカード交付窓口用顔認証ソフトウェア」更改業務を受託(アルメックス) first appeared on ペイメントナビ.

関連記事

ページ上部へ戻る