Pay-Ya NEWS.(β)

総合決済プラットフォームPay-Yaの紹介と業界情報サイト

 

© Pay-Ya NEWS.(β) All rights reserved.

20224/15

「BASEカード」が実店舗でも利用可能なリアルカード追加(BASE)

2022年4月15日15:25

BASEは、ネットショップの売上をすぐに全国のVisa加盟店で利用できる「BASEカード」のリアルカードの発行を、2022年4月14日より開始すると発表した。「BASE」を利用するネットショップのキャッシュフロー早期化を目的に、2021年9月より全国のVisa加盟店でオンライン決済が可能なバーチャルカードを発行していたが、リアルカードの発行により今後は実店舗(オフライン)でも決済が可能だ。

Visa加盟店で利用できる「BASEカード」のリアルカード(BASE)

「BASEカード」は、ネットショップの売上金を、すぐに全国のVisa加盟店で利用できるプリペイドカードとなる。「BASEカード」は、個人やスモールチームが直面する資金繰りの課題を解消するため、キャッシュフローの早期化を目的に発行を開始した。通常、 「BASE」を利用するネットショップが売上金を利用するために振込申請をする際、 銀行振込まで10営業日が必要かつ、振込手数料と事務手数料が発生(振込手数料:一律250円、 事務手数料:振込申請金額が2万円未満の場合500円)するが、「BASEカード」は、振込申請の手間や手数料の費用負担が一切かからないことが特長だという。

2021年9月よりバーチャルカードの発行を開始し、全国のVisa加盟店においてオンライン決済が可能だったが、今回発行を開始するリアルカードは、実店舗(オフライン)でも決済が可能だ。

なお、「BASEカード」のリアルカード発行開始を記念して、2022年7月31日までにリアルカードの発行を申し込んだ人には、カードの発行手数料980円を無料で提供する。また、「BASE」は、キャッシュフローの早期化を目的にしたサービスとして、「BASEカード」のほかに、振込金額の1.5%の手数料で振込日を最短翌営業日に短縮できる「お急ぎ振込」や資金調達をリスクなく行えるサービス「YELL BANK(エールバンク)」を提供しているそうだ。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

The post 「BASEカード」が実店舗でも利用可能なリアルカード追加(BASE) first appeared on ペイメントナビ.

関連記事

20228/19

アプリ払いが可能な「クラブ・オン/ミレニアム アプリ」110万ダウンロード突破(そごう・西武/セブンCSカードサービス)

2022年8月19日21:26 そごう・西武とセブンCSカードサービスは、両社が共同開発した「クラブ・オン/ミレニアム アプリ」のダウンロー…

20228/19

ナッジ、キャッシュレスで森林再生できる「広島Nudgeの森」開始 官民連携で「グリーン・フィンテック」を推進

2022年8月19日9:30 ナッジは、新たに広島県東広島市と連携し、「Nudge」クレジットカード申し込み時に「広島Nudgeの森」ク…

20228/18

「Ponta特典交換」で抽選でZIPAIR限定ポイント、スプリング・ジャパン国内線航空券と交換できるキャンペーン(LM)

2022年8月19日7:30 JALグループのZIPAIR Tokyo、スプリング・ジャパンと、共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」…

20228/18

不正注文検知サービス「O-PLUX」がジオテクノロジーズの「住所確認サービス」と連携(かっこ)

2022年8月19日7:30 かっこは、ジオテクノロジーズと提携し、かっこが提供する不正注文検知サービス「O-PLUX(オープラックス)…

20228/18

那覇空港でBOPIS/ C&C用スマートロッカー実証実験(SGST)

2022年8月19日7:20 SGSTは、新型コロナウイルス対応として飲食店、レジャー施設、一般企業、医療機関向けにロボットやIoT製品…

ページ上部へ戻る