Pay-Ya NEWS.(β)

総合決済プラットフォームPay-Yaの紹介と業界情報サイト

 

© Pay-Ya NEWS.(β) All rights reserved.

20221/31

三菱UFJ銀行と情報プロセシング事業とキャッシュレス決済サービスで提携(TMN)

2022年1月31日18:33

トランザクション・メディア・ネットワークス(TMN)は、三菱UFJ銀行と、TMNが推進する情報プロセシング事業における事業連携及びキャッシュレス決済サービスの拡大を目的に、業務提携を行ったと発表した。

同提携にあたり、TMNは三菱UFJ銀行を引受先とする第三者割当増資(払込期間2022年2月1日~28日)について合意した。今回の資金調達を前提とした同社の株式価値評価額(潜在株式含む)は500億円超となるそうだ。

TMNは、決済とマーケティングを融合させた情報プロセシング事業を推進している。2011年に、クラウド(シンクライアント)型キャッシュレス決済における商用化を実現して以来、電子マネーを中核にクレジット、QRコード、プリペイド等あらゆる決済手段をワンストップで提供するゲートウェイサービスを、スーパーやコンビニエンスストアなどが利用している。同サービスに接続し、年間15億件(2020年度実績)の取引を処理している累計約75万台超(2021年9月時点)の決済端末をベースに、クラウドPOSや会員ID統合などマーケティングソリューションを融合させた情報プロセシング事業を展開している。

今回の提携は、TMNの情報プロセシング事業でのデータ利活用およびキャッシュレス決済サービスにおける開発力と、三菱UFJ銀行の金融領域における知見・情報や顧客基盤を、相互に活かした事業開発や事業の拡大加速を企図するものだ。

具体的には、TMNが推進する情報プロセシング事業において、TMNと三菱UFJ銀行及びグループ会社に集まる多様な知見・情報を活用した、新たなサービスの創出や埋もれた需要の発掘など、新事業の開発を目指す。また、三菱UFJ銀行のグループ会社とも連携し、同社顧客におけるゲートウェイサービスの活用を目指す。

同提携を通じて、TMNはキャッシュレス決済サービスの拡大に加え、小売店舗DXやオルタナティブデータの展開などを含め、金融機関との情報プロセシング事業も推進していくことで、安心・安全で便利な消費社会の実現に貢献していく方針だという。

株式会社トランザクション・メディア・ネットワークス

 
〒103-0027
東京都中央区日本橋2-11-2
キャッシュレス決済ゲートウェイを提供するシンクライアント型電子マネーのパイオニアとして、現在、クレジット、QRを含め業界最多レベルの40ブランドに対応しているのに加え、ハウスプリペイドや会員ID統合などマーケティングソリューションまで幅広く展開する情報プロセシングカンパニーです。決済処理金額は年間換算2.6兆円(2020年度実績)、累計接続端末台数は75万台(2021年9月時点)に達し、今後さらに拡大する見込みです。

The post 三菱UFJ銀行と情報プロセシング事業とキャッシュレス決済サービスで提携(TMN) first appeared on ペイメントナビ.

関連記事

20228/19

アプリ払いが可能な「クラブ・オン/ミレニアム アプリ」110万ダウンロード突破(そごう・西武/セブンCSカードサービス)

2022年8月19日21:26 そごう・西武とセブンCSカードサービスは、両社が共同開発した「クラブ・オン/ミレニアム アプリ」のダウンロー…

20228/19

ナッジ、キャッシュレスで森林再生できる「広島Nudgeの森」開始 官民連携で「グリーン・フィンテック」を推進

2022年8月19日9:30 ナッジは、新たに広島県東広島市と連携し、「Nudge」クレジットカード申し込み時に「広島Nudgeの森」ク…

20228/18

「Ponta特典交換」で抽選でZIPAIR限定ポイント、スプリング・ジャパン国内線航空券と交換できるキャンペーン(LM)

2022年8月19日7:30 JALグループのZIPAIR Tokyo、スプリング・ジャパンと、共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」…

20228/18

不正注文検知サービス「O-PLUX」がジオテクノロジーズの「住所確認サービス」と連携(かっこ)

2022年8月19日7:30 かっこは、ジオテクノロジーズと提携し、かっこが提供する不正注文検知サービス「O-PLUX(オープラックス)…

20228/18

那覇空港でBOPIS/ C&C用スマートロッカー実証実験(SGST)

2022年8月19日7:20 SGSTは、新型コロナウイルス対応として飲食店、レジャー施設、一般企業、医療機関向けにロボットやIoT製品…

ページ上部へ戻る