Pay-Ya NEWS.(β)

総合決済プラットフォームPay-Yaの紹介と業界情報サイト

 

© Pay-Ya NEWS.(β) All rights reserved.

20221/19

クレジットカード発行と証券総合口座開設を同時申し込み可能に(SBI証券/三井住友カード)

2022年1月19日18:00

SBI証券と三井住友カードは、両社間のさらなる連携強化を目的として、2022年1月19日から、SBI証券の証券総合口座開設の申込みと三井住友カードのクレジットカードの入会申込みを同時に手続きできる新サービスを開始すると発表した。

これまでは、 両社のWEBサイトでそれぞれ利用者情報の入力が必要であったところ、今後は証券総合口座開設とクレジットカード発行のいずれかのサービスの申込時に入力した利用者情報等を、他方のサービスの申込時にもスムーズに連携し、円滑に両サービスの申込手続きを行うことが可能となる。

SBI証券口座の開設画面から三井住友カード申込み画面へのイメージ(SBI証券/三井住友カード)

また、SBI証券口座の開設申込み(初期設定)の完了画面から、続けて三井住友カード(NL)、 三井住友カード ゴールド(NL)、三井住友カード プラチナプリファードの申込みができるようになった。SBI証券口座の開設時に登録した情報が三井住友カードへ引き継がれるため、スムーズなクレジットカード申込みが可能となるそうだ。

さらに、三井住友カードのオンライン申込手続きの中で「SBI証券口座の開設」確認項目が表示される。「申し込む」にチェックすると、クレジットカードの申込手続完了後、そのままSBI証券口座の開設申込画面へ進めるようになった。クレジットカード申込画面で入力した情報がSBI証券口座の開設画面に引き継がれる。

なお、SBI証券と三井住友カードは、2021年6月30日から、三井住友カードが発行するクレジットカードでSBI証券の投資信託を積立買付できるサービス「三井住友カード つみたて投資」を提供している。また、2021年12月には、「Vpassアプリ」とSBI証券口座の連携機能追加を行うなど利便性の向上を図っており、「三井住友カード つみたて投資」は、開始から約半年間で毎月の積立設定金額が60億円を突破している。

2022年5月頃には、貯まったVポイントを使って投資信託の買付ができる「Vポイント投資」の開始を予定している。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

The post クレジットカード発行と証券総合口座開設を同時申し込み可能に(SBI証券/三井住友カード) first appeared on ペイメントナビ.

関連記事

20225/23

「NEOBANKスマホデビット(Mastercard)」がApple Pay、Google Pay対応 スマホ1台ですべてが完結できる世界を目指す

2022年5月23日8:30 住信SBIネット銀行は、デビットでは初となる Mastercardのデジタル・ファースト・プログラムに対応…

20225/21

「SalonAnswer」の「LINEミニアプリ」で決済機能提供(エクシードシステム/SBPS)

2022年5月22日7:00 エクシードシステムと、ソフトバンクの子会社であるSBペイメントサービス(SBPS)は、エクシードシステムが提供…

20225/20

キャッシュレス決済端末「ThincaTerminal2」販売(トッパンフォームズ/TFPS)

2022年5月21日7:00 トッパンフォームズとTFペイメントサービス(TFPS)は、キャッシュレス決済端末「ThincaTerminal…

20225/20

「Uber Eats」への導入2周年、利用者数250万人突破を記念したキャンペーン実施(PayPay)

2022年5月20日19:17 PayPayは、Uber Eats Japanが提供する「Uber Eats」における「PayPay」の導入…

20225/20

ハイパーソフトの「Salon de Net for LINE」リニューアル(ネットスターズ)

2022年5月20日16:45 ネットスターズは、美容室・美容サロン向けのPOSシステムやセルフレジを開発・販売するハイパーソフトと提携し、…

ページ上部へ戻る