Pay-Ya Style(β)

総合決済プラットフォームPay-Yaの紹介と情報サイト

 

© Pay-Ya Style(β) All rights reserved.

202111/18

食事管理をするアプリ「SIRU+」が交通系ICカード「nimoca」と連携(シルタス)

2021年11月18日16:37

買い物データから食事管理をするアプリ「SIRU+(シルタス)」を運営するシルタスは、「SIRU+」に連携できる決済を拡大し、11月18日より交通系ICカード「nimoca」と連携すると発表した。

同社は、福岡市と福岡地域戦略推進協議会によって創設された「福岡ヘルス・ラボ」 第3期事業に採択さたことを受け、2021年7月15日より地域の健康サポートに力を入れている西鉄ストアと連携し、社会実験を行っている。

nimoca連携(シルタス)

西鉄ストアが運営する、にしてつストア・レガネットなど61店舗を対象に、にしてつストアのポイントカード「ナイスカード」および「あんくるふじやカード」をSIRU+に連携して買い物をすると、購入した食品の栄養バランスをアプリが自動で分析し、不足栄養素を補える食品やレシピを提案する。アプリを利用することで、生活習慣病予防に向けた行動変容を促し、食生活の改善を目指す。

キャッシュレス決済のニーズが高まっており、さまざまなユーザーから連携を望む声を受け、11月18日より交通系ICカード「nimoca」と連携を開始することとなったそうだ。これにより、「nimoca」がにしてつストア・レガネットなど61店舗で購入した食品がアプリに自動で登録され、栄養変換されるという。

シルタスによると、2021年11月時点で、約2万人が「SIRU+」をダウンロードしており、ネットスーパー含め約450店舗(実証実験中含む)のスーパーで利用可能だという。2022年末には、全国1,000店舗で利用可能となることを目指して連携スーパーを増やすとともに、クレジットカードやQR決済との連携も拡大させ、連携できるカードやペイメントを増やしていくそうだ。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

The post 食事管理をするアプリ「SIRU+」が交通系ICカード「nimoca」と連携(シルタス) first appeared on ペイメントナビ.

関連記事

202112/2

旅行代理店とラグビーワールドカップ・フランス2023 公式観戦ツアーを販売(Mastercard)

2021年12月2日20:24 Mastercardは、ラグビーワールドカップ・フランス2023のワールドワイドパートナーとして、大会の公式…

202112/2

北九州農業協同組合へ非対面Web受付システム導入(ジャックス)

2021年12月2日17:40 ジャックスは、北九州農業協同組合と非対面Web受付システムを利用した「マイカーローン」の保証業務を2021年…

202112/2

スマホから注文・決済するフルーツオレ専門店「The Label Fruit」展開へ(Showcase Gig/グローリー)

2021年12月2日17:33 Showcase Gig(ショーケース・ギグ)は、 2021年1月に資本業務提携を行ったグローリーと2021…

202112/2

東信用組合とWeb完結型商品を5つ開始(オリコ)

2021年12月2日14:13 オリエントコーポレーション(オリコ)は、東信用組合(東京都墨田区)と提携し、Web完結型のフリーローン、カー…

202112/2

Visaのタッチ決済の実証実験を約1年間延長、泉北高速鉄道も参加へ(南海電気鉄道等)

2021年12月2日13:46 南海電気鉄道、南海りんかんバス、三井住友カード、QUADRAC、ビザ・ワールドワイド・ジャパン(Visa)、…

ページ上部へ戻る