Pay-Ya Style(β)

総合決済プラットフォームPay-Yaの紹介と情報サイト

 

© Pay-Ya Style(β) All rights reserved.

202111/15

「宅急便をスマホで送る」がWeb領収書とAppleウォレットに対応(ヤマト運輸)

2021年11月16日7:30

ヤマト運輸は、宅急便の発送手続きをスマートフォンで完結できるサービス「宅急便をスマホで送る」に、2021年11月15日から、Web領収書ダウンロード機能とAppleウォレットへの対応を開始した。これにより、経理業務のペーパーレス化への対応と、テレワークなどで増えている立替払いでの発送時の利便性向上を支援するという。

「宅急便をスマホで送る」の履歴画面から、利用分の領収書をPDFでダウンロードし、利用者自身のスマホに保存できる(ヤマト運輸)

2019年9月から提供を開始した「宅急便をスマホで送る」は、送り状の作成から運賃のオンライン決済まで、宅急便の発送手続きをスマホの専用サイトで完結できるサービスだ。利用者は送り状の手書きが不要になり、事前に予約した2次元コードを店頭でかざすと荷物の発送ができる。近年、テレワークの普及などにより、利用者が会社の荷物を立替払いで送るケースが増えている。また、2022年1月から改正電子帳簿保存法が施行されるなど、経理業務のペーパーレス化が進んでいる。これまでは、利用者が領収書を希望する場合、都度手書きの領収証を発行していたが、Web領収書ダウンロード機能を追加したことにより、立替払いでの発送時もスマホで領収書をダウンロードできる。また、経理業務のペーパーレス化に対応し、企業における紙の使用量削減や経理業務の効率化にもつながるとしている。

さらに、Appleウォレットに対応したことで、荷物の発送予定日に予約店舗へ近づいた時に、Apple社製端末の画面上に荷物情報の通知を表示できる。これにより、通知からワンタッチで荷物情報の2次元コードを表示することが可能だとしている。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

The post 「宅急便をスマホで送る」がWeb領収書とAppleウォレットに対応(ヤマト運輸) first appeared on ペイメントナビ.

関連記事

202112/2

旅行代理店とラグビーワールドカップ・フランス2023 公式観戦ツアーを販売(Mastercard)

2021年12月2日20:24 Mastercardは、ラグビーワールドカップ・フランス2023のワールドワイドパートナーとして、大会の公式…

202112/2

北九州農業協同組合へ非対面Web受付システム導入(ジャックス)

2021年12月2日17:40 ジャックスは、北九州農業協同組合と非対面Web受付システムを利用した「マイカーローン」の保証業務を2021年…

202112/2

スマホから注文・決済するフルーツオレ専門店「The Label Fruit」展開へ(Showcase Gig/グローリー)

2021年12月2日17:33 Showcase Gig(ショーケース・ギグ)は、 2021年1月に資本業務提携を行ったグローリーと2021…

202112/2

東信用組合とWeb完結型商品を5つ開始(オリコ)

2021年12月2日14:13 オリエントコーポレーション(オリコ)は、東信用組合(東京都墨田区)と提携し、Web完結型のフリーローン、カー…

202112/2

Visaのタッチ決済の実証実験を約1年間延長、泉北高速鉄道も参加へ(南海電気鉄道等)

2021年12月2日13:46 南海電気鉄道、南海りんかんバス、三井住友カード、QUADRAC、ビザ・ワールドワイド・ジャパン(Visa)、…

ページ上部へ戻る