Pay-Ya Style(β)

総合決済プラットフォームPay-Yaの紹介と情報サイト

 

© Pay-Ya Style(β) All rights reserved.

202111/8

山形県の地域連携ICカードの名称をチェリカに決定(山交バス/庄内交通)

2021年11月8日17:43

山交バス、庄内交通は、このほど2022 年春に山形県内一斉にサービスを開始する「地域連携 IC カード」の名称・デザインを決定した。IC カード名称は、山交バス発行カードが「yamako cherica(ヤマコウチェリカ)」、庄内交通発行カードが「shoko cherica(ショウコウチェリカ)」となる。

ICカードデザイン。左が山交バス発行「yamako cherica(ヤマコウチェリカ)」、右が庄内交通発行「shoko cherica(ショウコウチェリカ)」。山形県を代表するさくらんぼの「チェリー」と「IC」、「カード」を組み合わせた、全国初の「複数事業者による全県域同時導入」を象徴する統一的愛称として「cherica」とネーミング(山交バス/庄内交通)

同地域連携ICカードは、山交バスと庄内交通が運行するバスの乗車券や定期券、各種割引などの地域独自サービスの機能に加え、Suicaエリアおよび Suicaと相互利用を行っているエリアで利用可能な乗車券や電子マネーなどのSuicaのサービスが1枚で利用可能な 2in1 カードとなる。

県内全域をカバーする形で、複数の民間バスが一斉に交通系ICカードを導入するのは全国初であり、県内の交通ネットワークの利便性向上が期待できる。導入にあたっては、山形県の「交通系ICカード導入支援事業」(予算額:約 5.7 億円)や国の補助制度を活用している。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

The post 山形県の地域連携ICカードの名称をチェリカに決定(山交バス/庄内交通) first appeared on ペイメントナビ.

関連記事

202112/2

旅行代理店とラグビーワールドカップ・フランス2023 公式観戦ツアーを販売(Mastercard)

2021年12月2日20:24 Mastercardは、ラグビーワールドカップ・フランス2023のワールドワイドパートナーとして、大会の公式…

202112/2

北九州農業協同組合へ非対面Web受付システム導入(ジャックス)

2021年12月2日17:40 ジャックスは、北九州農業協同組合と非対面Web受付システムを利用した「マイカーローン」の保証業務を2021年…

202112/2

スマホから注文・決済するフルーツオレ専門店「The Label Fruit」展開へ(Showcase Gig/グローリー)

2021年12月2日17:33 Showcase Gig(ショーケース・ギグ)は、 2021年1月に資本業務提携を行ったグローリーと2021…

202112/2

東信用組合とWeb完結型商品を5つ開始(オリコ)

2021年12月2日14:13 オリエントコーポレーション(オリコ)は、東信用組合(東京都墨田区)と提携し、Web完結型のフリーローン、カー…

202112/2

Visaのタッチ決済の実証実験を約1年間延長、泉北高速鉄道も参加へ(南海電気鉄道等)

2021年12月2日13:46 南海電気鉄道、南海りんかんバス、三井住友カード、QUADRAC、ビザ・ワールドワイド・ジャパン(Visa)、…

ページ上部へ戻る