Pay-Ya Style(β)

総合決済プラットフォームPay-Yaの紹介と情報サイト

 

© Pay-Ya Style(β) All rights reserved.

202111/8

商店街のイベントで利用できるデジタル商品券を提供(エバーコネクト/目黒区商店街連合会)

2021年11月8日18:27

ブロックチェーン技術を活用した料理のギフト券・地域商品券発行プラットフォーム「Gotch」を運営するエバーコネクトと目黒区商店街連合会は、地元商店街の店舗で利用できるデジタル共通商品券の提供を開始したと発表した。

第一弾として2021年11月6日に洗足で行われた「第11回 のんびりイベント散歩」の完歩賞として洗足駅の商店街で利用できるデジタル共通商品券を提供したそうだ。「第11回 のんびりイベント散歩」では、事前登録しクイズラリーに答えた参加者だけがデジタル商品券を取得できる仕組みを提供し二重取得などの不正を防ぐことができるという。参加者はスマートフォンアプリで有効化したデジタル商品券を、参加店舗での商品購入時に店舗のQRコードを読み取ると利用できる。

「第11回 のんびりイベント散歩」(エバーコネクト/目黒区商店街連合会)

さらに主催者のデジタル商品券発行から参加店舗での消し込み処理までスマートフォンアプリで運用が完結できる。

第二弾として学芸大学商店連合会の各商店街で利用できる歳末福引セール用の抽選機能付きデジタル福引商品券を提供する予定だという。デジタル商品券の発行と管理に料理のギフト券・地域商品券発行プラットフォーム「Gotch」を利用することで、主催者はリアルタイムで利用状況を把握できることに加え、日次レポートが自動で届く。さらに運用を自動化することでオペレーションミスの軽減にも繋がるとしている。

また、デジタル商品券の発行者と参加店舗では、特別な機材を用意する必要がなく各店舗にスマートフォン1台あればいつでも始められ、さらに参加店舗ではQRコードを掲示するだけでデジタル商品券の消し込みが完了する。

なお、エバーコネクトが運営するプラットフォームサービスは、ブロックチェーン技術を活用しているそうだ。今後、ギフト券・地域商品券発行プラットフォームのシステム環境をオープン化し、事業会社等へSaaSとして提供し地域のDXを推進していく予定だという。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

The post 商店街のイベントで利用できるデジタル商品券を提供(エバーコネクト/目黒区商店街連合会) first appeared on ペイメントナビ.

関連記事

202112/2

旅行代理店とラグビーワールドカップ・フランス2023 公式観戦ツアーを販売(Mastercard)

2021年12月2日20:24 Mastercardは、ラグビーワールドカップ・フランス2023のワールドワイドパートナーとして、大会の公式…

202112/2

北九州農業協同組合へ非対面Web受付システム導入(ジャックス)

2021年12月2日17:40 ジャックスは、北九州農業協同組合と非対面Web受付システムを利用した「マイカーローン」の保証業務を2021年…

202112/2

スマホから注文・決済するフルーツオレ専門店「The Label Fruit」展開へ(Showcase Gig/グローリー)

2021年12月2日17:33 Showcase Gig(ショーケース・ギグ)は、 2021年1月に資本業務提携を行ったグローリーと2021…

202112/2

東信用組合とWeb完結型商品を5つ開始(オリコ)

2021年12月2日14:13 オリエントコーポレーション(オリコ)は、東信用組合(東京都墨田区)と提携し、Web完結型のフリーローン、カー…

202112/2

Visaのタッチ決済の実証実験を約1年間延長、泉北高速鉄道も参加へ(南海電気鉄道等)

2021年12月2日13:46 南海電気鉄道、南海りんかんバス、三井住友カード、QUADRAC、ビザ・ワールドワイド・ジャパン(Visa)、…

ページ上部へ戻る