Pay-Ya Style(β)

総合決済プラットフォームPay-Yaの紹介と情報サイト

 

© Pay-Ya Style(β) All rights reserved.

202111/8

ソラミツと技術連携、相互運用性確保による異なるデジタル通貨の同時交換へ(Datachain)

2021年11月9日8:40

Datachainは、ソラミツと技術連携を開始したと発表した。今回の取り組みでは、The Linux FoundationのHyperledgerプロジェクトのうちの1つ、ソラミツが当初提供したHyperledger Irohaにおいて、Datachainが開発をリードするHyperledger Lab YUIを用いることで、CosmosのIBCによるインターオペラビリティを可能にし、Hyperledger Irohaで構築された異なるブロックチェーン上のデジタル通貨の同時交換(アトミックスワップ)を実現するという。

Hyperledger Irohaは、カンボジア王国のCBDC(中央銀行デジタル通貨)「バコン」や、福島県会津大学のデジタル地域通貨「白虎」など、さまざまなデジタル通貨プロジェクトの基盤として国内外で活用されている。今後、そのようなデジタル通貨同士の交換などを目的に、実用化済みのプロジェクトへの応用を検討していく。

今回の取り組みでは、Hyperledger Irohaで構築された異なる2つのブロックチェーンと各ブロックチェーン上のデジタル通貨(トークン)を用意し、IBCを用いて各ブロックチェーン上のデジタル通貨の同時交換を実現する。

技術的には、Hyperledger IrohaはEVM(Ethereum Virtual Machine)互換性を持つため、Interchain Foundationからの助成金によりDatachainが開発を進めるIBC-Solidity(IBCのSolidity実装)を利用する。その上で、Hyperledger IrohaにおけるICS-20(IBCにおけるトークン転送について定めている標準)のサポートや、Hyperledger Irohaのブロックチェーン間をつなぐRelayerの設計実装を行う。

Datachainでは、Hyperledger Lab YUIを用いたHyperledger IrohaのIBCによるインターオペラビリティ実現後、ソラミツと共にHyperledger Irohaにおける具体的なユースケースへの応用を目指す。また、Hyperledger FabricやHyperledger Besuなど、その他のブロックチェーン基盤との相互接続についても、ユースケースへのニーズに応じて、検討していくそうだ。

The post ソラミツと技術連携、相互運用性確保による異なるデジタル通貨の同時交換へ(Datachain) first appeared on ペイメントナビ.

関連記事

202112/2

旅行代理店とラグビーワールドカップ・フランス2023 公式観戦ツアーを販売(Mastercard)

2021年12月2日20:24 Mastercardは、ラグビーワールドカップ・フランス2023のワールドワイドパートナーとして、大会の公式…

202112/2

北九州農業協同組合へ非対面Web受付システム導入(ジャックス)

2021年12月2日17:40 ジャックスは、北九州農業協同組合と非対面Web受付システムを利用した「マイカーローン」の保証業務を2021年…

202112/2

スマホから注文・決済するフルーツオレ専門店「The Label Fruit」展開へ(Showcase Gig/グローリー)

2021年12月2日17:33 Showcase Gig(ショーケース・ギグ)は、 2021年1月に資本業務提携を行ったグローリーと2021…

202112/2

東信用組合とWeb完結型商品を5つ開始(オリコ)

2021年12月2日14:13 オリエントコーポレーション(オリコ)は、東信用組合(東京都墨田区)と提携し、Web完結型のフリーローン、カー…

202112/2

Visaのタッチ決済の実証実験を約1年間延長、泉北高速鉄道も参加へ(南海電気鉄道等)

2021年12月2日13:46 南海電気鉄道、南海りんかんバス、三井住友カード、QUADRAC、ビザ・ワールドワイド・ジャパン(Visa)、…

ページ上部へ戻る