Pay-Ya Style(β)

総合決済プラットフォームPay-Yaの紹介と情報サイト

 

© Pay-Ya Style(β) All rights reserved.

202111/1

すみしんライフカードがFinTechベンチャーのカード発行を支援する理由とは?

2021年11月2日8:00

ライフカードと三井住友信託銀行が設立したすみしんライフカードは、Visaライセンスを活用してフィンテック(FinTech)企業とのブランドプリペイドカード発行支援を進めている。同社担当者にこれまでの成果について話を聞いた。

ライフカード ブランド推進部 ブランド推進課 課長 那須直幸氏

記事のポイント!
①プリペイドの発行支援を強化
②Kyash、mixi、freee、EVERINGを支援
③FinTech企業の発行の形態もさまざま
④事業としての収益は?
⑤Visaの「FinTechファストトラックプログラム」に参加
⑥今後の取り組みは?

ライフカードと連携してビジネス展開

すみしんライフカードは、Visaのアクワイアリング業務をメイン事業として展開、現在はプリペイドカード発行支援事業に力を入れようとしている。

「リテール分野へ進出したいという三井住友信託銀行と自社でアクワイアリング事業を開始したいという両社の思惑が一致して、すみしんライフカードを設立しました」とライフカード ブランド推進部 ブランド推進課 課長 那須直幸氏は話す。現在、アクワイアリング事業にあたっては、Mastercardブランドはライフカード、Visaブランドはすみんライフカードがアクワイアラとなっている。

Kyash、mixi、freee、EVERINGを支援
現在も複数の案件が進行中

「すみしんライフカードでは、4年前に国内のFinTech決済企業の草分け的存在であるKyashとプリペイドカード発行支援事業で成功した実績があり、同事業にかじを切ろうということで、注力しています」と那須氏は説明する。その後もミクシィ(mixi)、freee、EVERINGといった企業を支援しており、現在も複数の企業の案件が進行中だ。

那須氏は「FinTech企業同士は横のつながりがあるため、企業側からお声がかかることもあります。今後も積極的に取り組んでいきたいです」と意気込みを見せる。

さまざまな発行形態を支援
事業としての収益は確保

このコンテンツは会員限定(有料)となっております。
「Paymentnavi Pro2021」の詳細はこちらのページからご覧下さい。

すでにユーザー登録をされている方はログインをしてください。

The post すみしんライフカードがFinTechベンチャーのカード発行を支援する理由とは? first appeared on ペイメントナビ.

関連記事

202112/2

旅行代理店とラグビーワールドカップ・フランス2023 公式観戦ツアーを販売(Mastercard)

2021年12月2日20:24 Mastercardは、ラグビーワールドカップ・フランス2023のワールドワイドパートナーとして、大会の公式…

202112/2

北九州農業協同組合へ非対面Web受付システム導入(ジャックス)

2021年12月2日17:40 ジャックスは、北九州農業協同組合と非対面Web受付システムを利用した「マイカーローン」の保証業務を2021年…

202112/2

スマホから注文・決済するフルーツオレ専門店「The Label Fruit」展開へ(Showcase Gig/グローリー)

2021年12月2日17:33 Showcase Gig(ショーケース・ギグ)は、 2021年1月に資本業務提携を行ったグローリーと2021…

202112/2

東信用組合とWeb完結型商品を5つ開始(オリコ)

2021年12月2日14:13 オリエントコーポレーション(オリコ)は、東信用組合(東京都墨田区)と提携し、Web完結型のフリーローン、カー…

202112/2

Visaのタッチ決済の実証実験を約1年間延長、泉北高速鉄道も参加へ(南海電気鉄道等)

2021年12月2日13:46 南海電気鉄道、南海りんかんバス、三井住友カード、QUADRAC、ビザ・ワールドワイド・ジャパン(Visa)、…

ページ上部へ戻る