Pay-Ya Style(β)

総合決済プラットフォームPay-Yaの紹介と情報サイト

 

© Pay-Ya Style(β) All rights reserved.

202110/15

収益認識を自動化する機能を提供(Stripe)

2021年10月15日9:14

Stripe は、40カ国のユーザーに対して新たに収益認識を自動化する機能の提供を開始した。

収益認識とは、企業の収益を財務諸表上の日付と照合する作業を指す。この計上作業はほとんどの場合は手動であり、非効率的で間違える可能性が高いという。Stripe 収益認識機能は、この収益認識作業を3つの方法で簡略化するという。取引を一か所に集約し、正確に分類し、自動的に監査可能な財務報告書を作成するそうだ。結果として、ユーザーは時間とお金を節約しながら自社の財務状況を俯瞰して見ることができるとしている。

Stripe 収益認識のでは、貸借対照表、損益計算書、収益の滝グラフなど、企業の財務状況を表すさまざまなレポートが作成できる。また、Stripe 上の取引や支払い手続きの変更は自動的にレポートに反映される。Stripe 以外の取引のインポートも可能だ。

さらに、カスタマイズ性:繰延収益の計上、コスト転嫁を含む特定の収益の除外など、各ビジネスの形態に見合ったレポートのカスタマイズが可能だ。

収益認識を自動化するには IT 開発などは必要なく、Stripe Billing や Stripe Invoicing を含む Stripe の支払いプラットフォームとも連携している。また、ASC 606 や IFRS 15 を含むグローバル規定にも簡単に準拠できるようになるそうだ。

The post 収益認識を自動化する機能を提供(Stripe) first appeared on ペイメントナビ.

関連記事

202112/2

旅行代理店とラグビーワールドカップ・フランス2023 公式観戦ツアーを販売(Mastercard)

2021年12月2日20:24 Mastercardは、ラグビーワールドカップ・フランス2023のワールドワイドパートナーとして、大会の公式…

202112/2

北九州農業協同組合へ非対面Web受付システム導入(ジャックス)

2021年12月2日17:40 ジャックスは、北九州農業協同組合と非対面Web受付システムを利用した「マイカーローン」の保証業務を2021年…

202112/2

スマホから注文・決済するフルーツオレ専門店「The Label Fruit」展開へ(Showcase Gig/グローリー)

2021年12月2日17:33 Showcase Gig(ショーケース・ギグ)は、 2021年1月に資本業務提携を行ったグローリーと2021…

202112/2

東信用組合とWeb完結型商品を5つ開始(オリコ)

2021年12月2日14:13 オリエントコーポレーション(オリコ)は、東信用組合(東京都墨田区)と提携し、Web完結型のフリーローン、カー…

202112/2

Visaのタッチ決済の実証実験を約1年間延長、泉北高速鉄道も参加へ(南海電気鉄道等)

2021年12月2日13:46 南海電気鉄道、南海りんかんバス、三井住友カード、QUADRAC、ビザ・ワールドワイド・ジャパン(Visa)、…

ページ上部へ戻る