Pay-Ya Style(β)

総合決済プラットフォームPay-Yaの紹介と情報サイト

 

© Pay-Ya Style(β) All rights reserved.

202110/14

【緊急特集】世界のBNPLの特徴、メリット・デメリット、プレイヤー徹底解説(1)

2021年10月15日8:00

世界中で“BNPL”(Buy Now, Pay Later:後払い)が盛り上がりを見せている。そこで、今月は緊急特集として、グローバルペイメント動向をウォッチしている和田文明氏に、その歴史や動向などについて2回に分けて紹介してもらう。

和田文明

記事のポイント!
①成長するBNPLは2024年はさらに成長
②加盟店は、販売金額(決済金額)の2%~8%の手数料を負担?
③BNPLとクレジットカードの比較
④BNPLのメリットとデメリットは?
⑤プロバイダーは多重債務とのリスクと隣り合わせ
⑥イギリス・FCAのBNPLリスク軽減策
⑦オーストラリアのASICのBNPLリスク軽減策

欧米を中心に、オン・オフの商品やサービスなどの購入に際し、後払いのペイメントオプションが提供され、これを利用するユーザーがミレニアム(Y)世代やZ世代と呼ばれる生まれた時からITプロダクツに囲まれて育った若者を中心に、急速に増えている。この後払いのペイメントオプションは、“BNPL”(Buy Now, Pay Later)と呼ばれ、「今買って、後で支払う」という“後払い方式の決済”サービスである。

一般に、“BNPL”(Buy Now, Pay Later)は、商品購入に際し、数週間から数か月の比較的に短い期間分割で後払いが可能なペイメントサービスで、当初分割払いが可能なE-コマース上オンライン決済としてヨーロッパやオセアニア(オーストラリアやニュージーランド)で普及・拡大していった。“BNPL”(Buy Now, Pay Later)は、アカウントの作成がクレジットカードのような厳格な審査は行われず、スマートフォンのアプリで簡単かつ迅速に行わる。

“BNPL”(Buy Now, Pay Later)サービスの取引(決済)は、2025年には世界中で6,800億ドル(約78.4兆円)に達するものと予想され、現在最も急速に成長しているデジタル決済となっている。また、過ってアメリカでは、“BNPL”(Buy Now, Pay Later)は、販売時点での金融サービスの提供を意味する“POS(Point of Sale) Financing”とか“POS(Point of Sale) Loan”と呼ばれていた。

このコンテンツは会員限定(有料)となっております。
「Paymentnavi Pro2021」の詳細はこちらのページからご覧下さい。

すでにユーザー登録をされている方はログインをしてください。

The post 【緊急特集】世界のBNPLの特徴、メリット・デメリット、プレイヤー徹底解説(1) first appeared on ペイメントナビ.

関連記事

202110/15

キャッシング即時振込サービスを24時間化(三井住友カード)

2021年10月15日9:21 三井住友カードは、キャッシング振込サービスにおいて 24 時間即時に借り入れ(口座振込)ができるようにサービ…

202110/15

「TOYOTA Wallet」で「ドコモ・バイクシェア」と「トヨタレンタカー」をミニアプリで提供(トヨタファイナンシャルサービス/トヨタファイナンス)

2021年10月15日9:19 トヨタファイナンシャルサービス、およびトヨタファイナンスは、2021年10月11日から、トヨタの決済アプリ「…

202110/15

収益認識を自動化する機能を提供(Stripe)

2021年10月15日9:14 Stripe は、40カ国のユーザーに対して新たに収益認識を自動化する機能の提供を開始した。 収益認識とは、…

202110/14

バーチャル渋谷 ハロウィーンフェスでリアルとバーチャルの融合加速、投げ銭も実施

2021年10月15日8:30 KDDIは、渋谷区公認の配信プラットフォーム「バーチャル渋谷」において、「バーチャル渋谷 au 5G ハ…

202110/14

外食、ペイメント企業、共通ポイントサービス等28社が協力したプロジェクト始動(#外食はチカラになる実行委員会)

2021年10月15日7:20 #外食はチカラになる実行委員会は、このほど、外食企業と外食を日頃サポートするペイメント企業、共通ポイントサー…

ページ上部へ戻る