Pay-Ya Style(β)

総合決済プラットフォームPay-Yaの紹介と情報サイト

 

© Pay-Ya Style(β) All rights reserved.

202110/13

キャッシュレス総合支援サービス開始、NTTドコモ「iD」対応店舗158万カ所で利用可能(アララ)

2021年10月13日18:28

アララは、今後さらに広がるキャッシュレス化社会を見据え、個人経営の店舗から大規模チェーン店、自治体等の幅広い層に向けて、それぞれの業態でのキャッシュレス化をワンストップで実現するキャッシュレス総合支援サービス「アララ キャッシュレス」の提供を2021年11月より順次開始すると発表した。

「アララ キャッシュレス」は、お店オリジナルPayの発行に加え、ポイントやデジタルギフト、販促、各種分析機能をワンストップで実現するキャッシュレス総合支援サービスだ。汎用決済と比べ、大決済手数料の圧縮ができ、独自キャンペーンの設定が可能だという。利用者がチャージした金額、キャンペーンで利用者へ付与したインセンティブは、すべて自店に戻るため、利用者の再来店、他店への流出防止が期待できるとしている。

個人経営店、大規模チェーン店、自治体など、それぞれに必要な機能をパッケージで提供するため、複数の事業者と契約することなく、キャッシュレス化を推進できるそうだ。

また、オリジナル電子ギフト券の発行や、紙のギフト券のデジタル化に対応。ペーパレスで管理工数を削減し、データ活用で見える化を実現する。さらに、店舗だけでなく、自治体が発行する「プレミアム振興券」の電子化など、デジタルと紙をハイブリッドにつなげDX化を支援するという。

新サービス「アララ キャッシュレス」の特徴(アララ)

なお、決済方法は、磁気カード、バーコード/QRコード(CPM)、QRコード(MPM)、非接触ICの4つの決済方法に対応している。

The post キャッシュレス総合支援サービス開始、NTTドコモ「iD」対応店舗158万カ所で利用可能(アララ) first appeared on ペイメントナビ.

関連記事

202110/21

都立公園のスポーツ施設でキャッシュレス決済開始へ(東京都)

2021年10月21日19:05 東京都は、コロナ禍における「新しい日常」の定着及びデジタルトランスフォーメーションの推進を目指し、施設使用…

202110/21

LINE公式アカウントによる会員向けの「通知サービス」開始(三井住友カード)

2021年10月21日18:52 三井住友カードは、2021年10月21日から、三井住友カードLINE公式アカウントによる会員向けの「通知サ…

202110/21

ベンチャーキャピタルファンド「SBI 4+5ファンド」へ出資(オリコ)

2021年10月21日18:43 オリエントコーポレーション(オリコ)は、SBI ホールディングスの子会社であるSBI インベストメントが設…

202110/21

新宿と池袋でポンタが街行く人々とリアルタイムにコミュニケーション(LM)

2021年10月21日13:23 共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」を運営するロイヤリティ マーケティング(LM)は、2021年1…

202110/21

JALマイルやTポイントがお得に貯まる?住信SBIネット銀行が提携ネオバンク支店の上手な活用法を紹介

2021年10月21日9:16 住信SBIネット銀行では、Embedded Financeを「NEOBANK(ネオバンク)」サービスとし…

ページ上部へ戻る