Pay-Ya Style(β)

総合決済プラットフォームPay-Yaの紹介と情報サイト

 

© Pay-Ya Style(β) All rights reserved.

202110/5

北海道共通ポイントカードEZOCAの会員数が200万人突破(リージョナルマーケティング)

2021年10月5日16:53

サツドラホールディングスのグループ企業であるリージョナルマーケティング(RM)は、北海道共通ポイントカードEZOCAの会員数が200万人突破したと発表した。

RMは、2014年6月に会員数17.5万人、提携店33社276店舗でEZOCAサービスを開始した。2021年8月末日時点で、会員数は200万人を超え、提携店164社747店舗となっている。

会員数17.5万人から7年間で200万人へ(リージョナルマーケティング)

EZOCA会員データの特徴として、道内の人口カバー率は40.1%を超えており「2.5人に1人」が所有し、EZOCA会員構成の特徴も30~50代女性が62.4%と、高いカバー率となるそうだ。

これまで、地元のスポーツチームや自治体などとコラボやタイアップしたカードを発行し、提携店協力のもと売上の一部を寄付する(累計総額約800万円)「EZOCA還元プログラム」を取り入れるなど、地域密着型の地元北海道を盛り上げる活動も行ってきた。

RMは現在、地域や市町村、提携店と協力し、地元で使われたポイント手数料の一部を地域に還元する「EZOCA地域還元プログラム」を2017年から実施している。礼文島・利尻島では離島振興を目的として祭りやイベントに還元し、江差町では今後取り組んでいく予定だ。

また、北海道のスポーツチームと提携店協力のもと各チームのオリジナルEZOCAを作成し、ポイント手数料の一部をチームの強化費などに還元する「EZOCAスポーツチーム還元プログラム」も2015年から実施している。広い北海道でたとえ直接会場に行けなくても、日常の買い物や飲食でチームを応援できるというモデル運用となる。2015年に北海道コンサドーレ札幌(Jリーグ)、2016年にレバンガ北海道(Bリーグ)、2019年にヴォレアス北海道(Vリーグ)、2020年に北海道十勝スカイアース(サッカー地域リーグ)と連携している。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

The post 北海道共通ポイントカードEZOCAの会員数が200万人突破(リージョナルマーケティング) first appeared on ペイメントナビ.

関連記事

202110/25

ワイン購入でポイントが貯まる「クラブエノテカ」リニューアル(エノテカ)

2021年10月25日18:56 エノテカは、ワインショップ・エノテカ各店と公式通販サイト「エノテカ・オンライン」でワインを購入するとポイン…

202110/25

LINE上で事前注文・決済が可能な「LINEミニアプリ」開始(から揚げの天才)

2021年10月25日17:48 「から揚げの天才」は、2021年10月18日から、LINE上からダウンロード不要でサービスが利用できる「L…

202110/25

「ファミマTカード」がJCBコンタクトレス(タッチ決済)対応(ポケットカード)

2021年10月25日17:29 ポケットカードは、クレジットカード「ファミマTカード(クレジットカード)」に、2021年10月25日の新規…

202110/25

「楽天チェック」で公共の公園チェックイン機能を追加(楽天ペイメント)

2021年10月25日17:22 楽天ペイメントは、2021年10月25日、運営するポイ活サービス「楽天チェック」において、公共の公園でチェ…

202110/25

「プロントマネー」導入、3~7%還元の独自決済(プロントコーポレーション)

2021年10月25日17:16 プロントコーポレーションは、2021年10月20日に全国の「PRONTO(プロント)」で使用できる「プロン…

ページ上部へ戻る