Pay-Ya Style(β)

総合決済プラットフォームPay-Yaの紹介と情報サイト

 

© Pay-Ya Style(β) All rights reserved.

202110/1

Amazon Payの商品・サービス販売の決済手数料が従来の4.0%から3.9%に

2021年10月1日10:58

アマゾンジャパンは、Amazonが提供するID決済サービス「Amazon Pay」において、2021年10月1日から、デジタルコンテンツ以外の商品およびサービスの販売に適用される販売事業者向けの決済手数料を改定し、従来の4.0%から3.9%に引き下げると発表した。

Amazon Payは、 Amazonアカウントに登録されている配送先情報や支払情報を利用することで、利用者がAmazon以外のECサイトで買い物ができるID決済サービスとして、 2015年5月に日本での提供を開始した。 現在、 Amazon Payは1万数千社の販売事業者が運営する10万以上のECサイトで利用可能だという。Amazon Payの導入により、販売事業者は、新規顧客の増加やECサイトにおけるコンバージョン率の改善が期待できるそうだ。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

The post Amazon Payの商品・サービス販売の決済手数料が従来の4.0%から3.9%に first appeared on ペイメントナビ.

関連記事

202110/21

都立公園のスポーツ施設でキャッシュレス決済開始へ(東京都)

2021年10月21日19:05 東京都は、コロナ禍における「新しい日常」の定着及びデジタルトランスフォーメーションの推進を目指し、施設使用…

202110/21

LINE公式アカウントによる会員向けの「通知サービス」開始(三井住友カード)

2021年10月21日18:52 三井住友カードは、2021年10月21日から、三井住友カードLINE公式アカウントによる会員向けの「通知サ…

202110/21

ベンチャーキャピタルファンド「SBI 4+5ファンド」へ出資(オリコ)

2021年10月21日18:43 オリエントコーポレーション(オリコ)は、SBI ホールディングスの子会社であるSBI インベストメントが設…

202110/21

新宿と池袋でポンタが街行く人々とリアルタイムにコミュニケーション(LM)

2021年10月21日13:23 共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」を運営するロイヤリティ マーケティング(LM)は、2021年1…

202110/21

JALマイルやTポイントがお得に貯まる?住信SBIネット銀行が提携ネオバンク支店の上手な活用法を紹介

2021年10月21日9:16 住信SBIネット銀行では、Embedded Financeを「NEOBANK(ネオバンク)」サービスとし…

ページ上部へ戻る