Pay-Ya Style(β)

総合決済プラットフォームPay-Yaの紹介と情報サイト

 

© Pay-Ya Style(β) All rights reserved.

20219/28

マルチ決済端末「salo-01」がソニーペイメントサービスの対面決済ソリューションと連携(ルミーズ)

2021年9月28日10:00

ルミーズは、自動精算機・自動販売機向けにクレジットカード・電子マネー・コード決済などすべてのキャッシュレス決済機能を持つ組込型マルチ決済端末「salo-01」を提供しているが、このほどソニーペイメントサービスが新たに提供する対面決済ソリューションとの連携を開始したと発表した。連携にあたり、「e-SCOTT」対面センターと接続を開始し、複数センター接続により耐障害性に優れたシステム環境を構築している。

マルチ決済端末「salo-01」 (ルミーズ)

すでに各種施設や駐車場などで導入が進んでおり、自動券売機による入場チケットの販売や、自動精算機によるセルフ決済シーンで活用されている。ルミーズの「salo-01」を組み込んだソニーペイメントサービスの対面決済ソリューションを採用することで、クレジットカード・電子マネー・コード決済などのキャッシュレス決済にオールインワンで対応することが可能になり、利用者にとっては、決済手段の選択肢が増え、支払いがスピーディに完結することで、利便性の向上につながるとしている。一方、導入される事業者にとっては、新型コロナウイルス感染症対策としてニーズの高いセルフ決済や非接触決済に対応することで、安心・安全でスマートな決済システムの構築を実現したそうだ。

なお、ソニーペイメントサービスは、クレジットカードを中心にした決済ソリューションを提供するソニーグループの企業だ。非対面でのオンライン決済を中心に事業展開してきたが、近年はオフラインにおける実店舗・実施設での対面決済にも事業領域を広げている。オンライン決済でこれまでに培った実績と信頼を強みに、自動精算機・自動券売機分野へも進出し、そのファーストステップとして、今回の「salo-01」を活用した対面決済ソリューションを提供開始した。

ルミーズ株式会社

〒384-0026
長野県小諸市本町 3-2-25 菱屋本町ビル
私たちルミーズ株式会社は、決済代行サービスを基盤に、“Payment SIer”として、 あらゆる決済に関するシステム構築を手がけてまいりました。特に PCI P2PE 認定 では、国内No.1 の実績を誇り、PCI P2PE ソリューションを構築する際に必要な全て のプロセスを「aegise P2PE Framework」で提供します。ルミーズが蓄積した多くの ノウハウで、貴社のビジネスを安全かつ強力にサポート。決済のことならまずはルミ ーズへお問合せください。

The post マルチ決済端末「salo-01」がソニーペイメントサービスの対面決済ソリューションと連携(ルミーズ) first appeared on ペイメントナビ.

関連記事

202110/15

キャッシング即時振込サービスを24時間化(三井住友カード)

2021年10月15日9:21 三井住友カードは、キャッシング振込サービスにおいて 24 時間即時に借り入れ(口座振込)ができるようにサービ…

202110/15

「TOYOTA Wallet」で「ドコモ・バイクシェア」と「トヨタレンタカー」をミニアプリで提供(トヨタファイナンシャルサービス/トヨタファイナンス)

2021年10月15日9:19 トヨタファイナンシャルサービス、およびトヨタファイナンスは、2021年10月11日から、トヨタの決済アプリ「…

202110/15

収益認識を自動化する機能を提供(Stripe)

2021年10月15日9:14 Stripe は、40カ国のユーザーに対して新たに収益認識を自動化する機能の提供を開始した。 収益認識とは、…

202110/14

バーチャル渋谷 ハロウィーンフェスでリアルとバーチャルの融合加速、投げ銭も実施

2021年10月15日8:30 KDDIは、渋谷区公認の配信プラットフォーム「バーチャル渋谷」において、「バーチャル渋谷 au 5G ハ…

202110/14

【緊急特集】世界のBNPLの特徴、メリット・デメリット、プレイヤー徹底解説(1)

2021年10月15日8:00 世界中で“BNPL”(Buy Now, Pay Later:後払い)が盛り上がりを見せている。そこで、今…

ページ上部へ戻る