Pay-Ya Style(β)

総合決済プラットフォームPay-Yaの紹介と情報サイト

 

© Pay-Ya Style(β) All rights reserved.

20219/28

カード不正利用の検知精度向上、米国の新AI技術「RIME」を採用へ(IWI)

2021年9月28日14:33

インテリジェント ウェイブ(IWI)は、AIセキュリティベンチャーであるRobust Intelligence社(本社:アメリカ合衆国カリフォルニア州、 以下:RI)のAIエンジン「RIME」による、 IWIが提供する不正検知ソリューションのひとつである「FARISスコアリングサービス」の不正検知精度向上、AIチューニング負荷の軽減に関する実証実験に成功し、正式に「RIME」を採用したと発表した。今後も不正利用被害の削減に向けて、さらなる開発・検証を進めていくという。

昨今、キャッシュレスによるトランザクション量が増加し、連れて不正取引についても増加の傾向がみられている。カード決済の不正検知業務負荷はコロナ禍における非接触ニーズの高まりも背景にあり、今後も増大していくことが考えられる。IWIでは、カード発行会社(イシュア)をはじめとする顧客企業の課題解決のため、不正検知分野において、スコアリングの研究、不正アタックに対する自動防御機能、不正情報の共有システム等、さまざまな取り組みを開始している。その取り組みの1つとして、IWIが提供するFARISスコアリングサービスの検知精度向上に向けた実証実験を行った。

RIMEは、蓄積されたビッグデータから、既存運用中の機械学習モデルやルールの弱点を発見する製品だ。モデルに対しさまざまなテスト(AI Stress Testing)を走らせることによって機械学習モデルの修正点を特定し、AI運用の改善を行うことが可能だ。

実験では、IWI開発の不正検知システムに対して、RIMEを用いた実験を実施。不正利用が行われたかを判断する既存のスコアモデルに対し、RIMEによるモデルチューニングを実施したところ、カード利用阻害および不正被害の検知精度が向上した。また、RIMEを用いてスコアモデルの生成後、 個社に合わせたチューニングを実施したところ、不正被害の検知精度が向上したという。

なお、IWIは、あらかじめ設定したルールとスコアリング機能を基に、リアルタイムで不正利用を検知することが可能なシステム「ACEPlus」、また、「ACEPlus」の機能一式を提供するクラウドサービスである「IFINDS」を提供し、国内の高いシェアを獲得しているそうだ。

株式会社インテリジェントウェイブ

〒104-0033
東京都中央区新川1-21-2 茅場町タワー
金融システムにおける豊富な実績と経験により、安心・安全にお客様からのご要望に十分に応えるシステム構築を実現します。ミッションクリティカルなネットワークからカード不正検知システムまでお任せ願います。

The post カード不正利用の検知精度向上、米国の新AI技術「RIME」を採用へ(IWI) first appeared on ペイメントナビ.

関連記事

202110/25

LINE上で事前注文・決済が可能な「LINEミニアプリ」開始(から揚げの天才)

2021年10月25日17:48 「から揚げの天才」は、2021年10月18日から、LINE上からダウンロード不要でサービスが利用できる「L…

202110/25

「ファミマTカード」がJCBコンタクトレス(タッチ決済)対応(ポケットカード)

2021年10月25日17:29 ポケットカードは、クレジットカード「ファミマTカード(クレジットカード)」に、2021年10月25日の新規…

202110/25

「楽天チェック」で公共の公園チェックイン機能を追加(楽天ペイメント)

2021年10月25日17:22 楽天ペイメントは、2021年10月25日、運営するポイ活サービス「楽天チェック」において、公共の公園でチェ…

202110/25

「プロントマネー」導入、3~7%還元の独自決済(プロントコーポレーション)

2021年10月25日17:16 プロントコーポレーションは、2021年10月20日に全国の「PRONTO(プロント)」で使用できる「プロン…

202110/25

Yahoo!ショッピング上の商品データをLINEギフトと連携可能に(ヤフー/LINE)

2021年10月25日17:13 LINEとヤフー(Yahoo! JAPAN)は、LINEが提供する、「LINE」を通じて友だちにさまざまな…

ページ上部へ戻る