Pay-Ya Style(β)

総合決済プラットフォームPay-Yaの紹介と情報サイト

 

© Pay-Ya Style(β) All rights reserved.

20219/28

「中小企業の事業間決済におけるキャッシュレス化・デジタル化推進」レポート発表(Visa)

2021年9月29日8:10

ビザ・ワールドワイド・ジャパン(Visa)は、 サイモン・クチャ―アンドパートナーズジャパンに委託し、中小企業の決済環境並びにニーズや課題を把握するための調査・分析を、 「中小企業の事業間決済におけるキャッシュレス化・デジタル化推進」と題するレポートとしてまとめ、2021年9月28日発表した。

レポートでは、日本経済の成長に欠かせない中小企業の生産性向上や業務効率化に関連して、現状と課題、そして、その課題解決にカード決済がどのように貢献できるか、海外との比較も交えて、分析、およびデジタル化の効用についてまとめている。

「中小企業の事業間決済におけるキャッシュレス化・デジタル化推進」レポート(Visa)

デジタル化社会実現に向けて消費者(BtoC)のキャッシュレス利用は進む中、事業間決済(BtoB)のキャッシュレス化・デジタル化はまだまだこれからだという。日本の企業数の99%以上を占め、雇用の7割近くを占める中小企業においては、支払額におけるカード決済のシェアは現状1%にとどまるなど、限定的な状況となっていることに加え、コロナ禍による環境変化などにより、早急に中小企業が直面する課題解決に取り組む必要性が高まっていると考えられる。

また、中小企業が支払・受取の各プロセスに割いている時間・人的リソースは、例えば、データ入力業務に月平均で8.5時間、経理・管理資料作成に月平均6.8時間など大きな負担となっているという。支出にカード決済を導入している中小企業の約8割が業務削減効果を実感しており、特にビジネスカード利用企業においては、年換算で60時間近くの労働時間削減効果があることが調査結果で明らかになった。このような調査結果からも、カード決済により電子的に記録された取引データが、中小企業においても利用が広がりつつあるクラウド会計や請求書管理システム等、他のシステムとの連携を進めることで、企業の生産性向上や業務効率化の課題に今後一層貢献できるものと期待している。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

The post 「中小企業の事業間決済におけるキャッシュレス化・デジタル化推進」レポート発表(Visa) first appeared on ペイメントナビ.

関連記事

202110/25

LINE上で事前注文・決済が可能な「LINEミニアプリ」開始(から揚げの天才)

2021年10月25日17:48 「から揚げの天才」は、2021年10月18日から、LINE上からダウンロード不要でサービスが利用できる「L…

202110/25

「ファミマTカード」がJCBコンタクトレス(タッチ決済)対応(ポケットカード)

2021年10月25日17:29 ポケットカードは、クレジットカード「ファミマTカード(クレジットカード)」に、2021年10月25日の新規…

202110/25

「楽天チェック」で公共の公園チェックイン機能を追加(楽天ペイメント)

2021年10月25日17:22 楽天ペイメントは、2021年10月25日、運営するポイ活サービス「楽天チェック」において、公共の公園でチェ…

202110/25

「プロントマネー」導入、3~7%還元の独自決済(プロントコーポレーション)

2021年10月25日17:16 プロントコーポレーションは、2021年10月20日に全国の「PRONTO(プロント)」で使用できる「プロン…

202110/25

Yahoo!ショッピング上の商品データをLINEギフトと連携可能に(ヤフー/LINE)

2021年10月25日17:13 LINEとヤフー(Yahoo! JAPAN)は、LINEが提供する、「LINE」を通じて友だちにさまざまな…

ページ上部へ戻る