Pay-Ya Style(β)

総合決済プラットフォームPay-Yaの紹介と情報サイト

 

© Pay-Ya Style(β) All rights reserved.

20219/27

「ID連携 API サービス」提供、外部事業者サービスに登録・ログイン可能に(三菱UFJ銀行)

2021年9月28日7:30

三菱UFJ銀行は、同行のインターネットバンキングである三菱UFJダイレクトの利用者が、三菱UFJダイレクトのアカウントを使って外部サービス会社(事業者)のオンラインサービスに登録・ログインできるようになる「ID連携 APIサービス」の提供を、2021年10より開始すると発表した。

同行は三菱 UFJダイレクトのアカウントを利用して、事業者のオンラインサービスへ登録・ログインできるようになるID連携機能および、ID連携と同時に三菱UFJダイレクトに登録された利用者情報を、利用者同意を前提に事業者に連携する機能をAPI形式で事業者に提供する。

ID連携APIサービスを利用したログイン画面(三菱UFJ銀行)

事業者は、同行のセキュリティ基準を充たした認証機能を事業者サービスの当人認証でも利用できる。また、銀行口座開設時に犯罪収益移転防止法に基づいて実施した本人確認済情報を事業者が提供するサービスへの申込時の身元確認に活用可能だ。さらに、同サービスによって取得した情報を登録フォームに埋め込めば、利用者が入力する項目を減らすことができるため、事業者サービスにおける会員登録率を高めることが可能だ。

利用者にとっては、三菱 UFJ ダイレクトのアカウントに登録されている情報を使って、事業者が提供するサービスの会員登録ができるようになるため、利用者情報の入力項目を減らすことができる。また、使い慣れた三菱UFJダイレクトの ID・パスワードで事業者が提供するサービスにログインできるため、事業者毎に固有の ID・パスワードを設定する必要がなくなる。なお、連携される利用者情報は、氏名や生年月日、住所、性別、電話番号、メールアドレスであり、三菱 UFJ ダイレクトの ID・パスワード自体が事業者に連携されることはないそうだ。

現在、三菱UFJモルガン・スタンレー証券とFinatext ホールディングスが同サービスの導入を予定しており、今後、導入先を順次拡大していく計画だ。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

The post 「ID連携 API サービス」提供、外部事業者サービスに登録・ログイン可能に(三菱UFJ銀行) first appeared on ペイメントナビ.

関連記事

202110/17

「Mobage」内のポイント「モバコイン」購入に利用可能に(Paidy)

2021年10月17日10:16 Paidyは、「Mobage」内で有料コンテンツを使用するためのポイント「モバコイン」の購入にペイディが利…

202110/16

二次元コード決済「ポケパル払い」に登録可能なクレジットカード拡大(パルコ)

2021年10月16日12:30 パルコは、2021年10月5日から、パルコの二次元コード決済である「ポケパル払い」のサービスをリニューアル…

202110/15

キャッシング即時振込サービスを24時間化(三井住友カード)

2021年10月15日9:21 三井住友カードは、キャッシング振込サービスにおいて 24 時間即時に借り入れ(口座振込)ができるようにサービ…

202110/15

「TOYOTA Wallet」で「ドコモ・バイクシェア」と「トヨタレンタカー」をミニアプリで提供(トヨタファイナンシャルサービス/トヨタファイナンス)

2021年10月15日9:19 トヨタファイナンシャルサービス、およびトヨタファイナンスは、2021年10月11日から、トヨタの決済アプリ「…

202110/15

収益認識を自動化する機能を提供(Stripe)

2021年10月15日9:14 Stripe は、40カ国のユーザーに対して新たに収益認識を自動化する機能の提供を開始した。 収益認識とは、…

ページ上部へ戻る