Pay-Ya Style(β)

総合決済プラットフォームPay-Yaの紹介と情報サイト

 

© Pay-Ya Style(β) All rights reserved.

20219/21

「GMO後払い」でオンライン診療や処方薬の支払い、SOKUYAKUに提供(GMO-PS)

2021年9月21日15:55

GMOペイメントゲートウェイ(GMO-PG)の連結会社であるGMOペイメントサービス(GMO-PS)は、EC事業者向けに提供する後払い決済サービス「GMO後払い」を、ジェイフロンティアが提供するクリニック・薬局向けオンライン診療・服薬指導ツール「SOKUYAKU(ソクヤク)」に2021年9月17日より提供開始した。

オンライン診療から処方薬の受取まで一気通貫で対応できるツール「SOKUYAKU」に導入(GMO-PS)

「SOKUYAKU」を利用する医療機関・調剤薬局は、オンライン診療や処方薬の支払い手段として後払い決済を提供できるようになり、クレジットカードを持たない・使わない患者へのオンライン診療や服薬指導などが可能となる。

新型コロナウイルスの感染拡大が続くなか、外出不要で行える電話・オンラインによる診療や服薬指導のニーズは高まっているという。また、厚生労働省が院内での集団感染や医療従事者への感染リスクを低減させるための時限的・特例的な措置として初診でのオンライン診療を解禁したこともあり、オンライン診療を行う医療機関も徐々に増えている。このような背景のもと、オンライン診療ではオンライン決済手段が必要となることから、GMO-PSには、医療機関より後払い決済導入に関するお問い合わせが寄せられていた。

一方、ジェイフロンティアは、クリニック・薬局向けオンライン診療・服薬指導ツール「SOKUYAKU」を提供している。医療機関・調剤薬局は「SOKUYAKU」を導入することで、オンライン診療・服薬指導を実施することができるようになり、患者は「SOKUYAKU」を利用して、自宅にいながらスマートフォンで医師による診察、薬剤師からの服薬指導、処方薬の受取を行うことができる。

今回の「SOKUYAKU」に「GMO後払い」の提供により、患者はオンライン診療・処方薬受取後に送付される払込用紙(ハガキ)で、コンビニ払いやスマホ決済での支払いが可能となる。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

The post 「GMO後払い」でオンライン診療や処方薬の支払い、SOKUYAKUに提供(GMO-PS) first appeared on ペイメントナビ.

関連記事

202110/21

都立公園のスポーツ施設でキャッシュレス決済開始へ(東京都)

2021年10月21日19:05 東京都は、コロナ禍における「新しい日常」の定着及びデジタルトランスフォーメーションの推進を目指し、施設使用…

202110/21

LINE公式アカウントによる会員向けの「通知サービス」開始(三井住友カード)

2021年10月21日18:52 三井住友カードは、2021年10月21日から、三井住友カードLINE公式アカウントによる会員向けの「通知サ…

202110/21

ベンチャーキャピタルファンド「SBI 4+5ファンド」へ出資(オリコ)

2021年10月21日18:43 オリエントコーポレーション(オリコ)は、SBI ホールディングスの子会社であるSBI インベストメントが設…

202110/21

新宿と池袋でポンタが街行く人々とリアルタイムにコミュニケーション(LM)

2021年10月21日13:23 共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」を運営するロイヤリティ マーケティング(LM)は、2021年1…

202110/21

JALマイルやTポイントがお得に貯まる?住信SBIネット銀行が提携ネオバンク支店の上手な活用法を紹介

2021年10月21日9:16 住信SBIネット銀行では、Embedded Financeを「NEOBANK(ネオバンク)」サービスとし…

ページ上部へ戻る