Pay-Ya NEWS.

キャッシュレスに関するニュースポータル

© Pay-Ya NEWS. All rights reserved.

20219/17

Suica・PASMO等の交通系ICカードの発行枚数2億枚突破(JR東日本メカトロニクス)

2021年9月17日17:07

JR東日本メカトロニクスは、Suica・PASMO等の交通系ICカードの発行を行っているが、21年目となる2021年9月16日に発行累計が2億枚となったと発表した。

交通系ICカード発行累計枚数の推移(JR東日本メカトロニクス)

Suicaは、2000年12月11日に発行を開始し、2006年12月にはPASMOカードの発行を開始、その後も継続して交通系ICカードを発行している。2007年3月には、首都圏相互利用が開始された。その後、全国各地の交通系ICカードを順次発行、2013年1月には交通系ICカードの発行累計枚数が1億枚となり、2013年3月に全国相互利用が開始された。2021年1月には新たに地域連携ICカードの発行を開始し、9月16日に発行累計2億枚となった。

近年のトピックとして、交通系ICカードの未導入エリアにおけるサービス向上を目的に、バスの定期券や各種割引等の地域独自サービスと、Suicaエリア等で利用可能な乗車券や電子マネー等のSuicaのサービスを、1枚のカードで利用可能とした「地域連携ICカード」の発行を開始した。2021年3月より、宇都宮エリアを中心とした栃木県全域と岩手エリアからサービス提供が開始されている。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

The post Suica・PASMO等の交通系ICカードの発行枚数2億枚突破(JR東日本メカトロニクス) first appeared on ペイメントナビ.

関連記事

ページ上部へ戻る