Pay-Ya NEWS.(β)

総合決済プラットフォームPay-Yaの紹介と業界情報サイト

 

© Pay-Ya NEWS.(β) All rights reserved.

20219/15

JR東日本がNFCタグ乗車実験、MaaS事業強化とSuica等よりも低コスト導入を見込む

2021年9月15日9:05

JR東日本は、2021年9月16日~11月30日まで、生活者がスマートフォン(以下、スマホ)をNFCタグにタッチすることでバスに乗車できるサービスの実証実験を実施する。9月14日には同サービスを報道向けに公開した。

記事のポイント!
①乗車時に「Ringo Pass」のNFCリーダーモードでタッチ
②1回のタッチで複数人の乗車が可能に
③料金の支払いはクレジットカードで月に2回実施
④約半数の現金利用者にタッチするだけの利便性を提供へ
⑤NFCタグで使い勝手やUIを考えた運用を実施
⑥安価なインフラ・運用コストで地域のバスや電車での採用を見込む
⑦MaaSのプラットフォームとしてサービスを広げる、店舗での利用も視野に
⑧「モバイルSuica(SF残高)」からオンライン決済も検討へ

利用者のスマホをNFCタグにタッチして乗車
Suicaでできなかった複数人の乗車に対応

NFCタグの実証実験は、品川・田町~お台場エリアまでのお台場レインボーバスを運行するkmモビリティサービスの協力を得て実施する。今回は8台のバスにNFCタグを設置。JR東日本のMaaSアプリ「Ringo Pass」のNFCリーダーモードでタッチすることで、均一運賃(大人220円、子供110円)の支払いが可能となる。

乗車人数を選択してのタッチも可能に

新型コロナウィルスの感染拡大などによりキャッシュレスのニーズが高まっている。今回、利用者が安心して、シームレスに利用できる選択肢としてNFCタグによる乗車実験を行うこととなった。JR東日本 MaaS・Suica推進本部 Suica共通基盤部門 企画グループ 信田美貴子氏は「さまざまな交通モードのシームレスな利用を広げるという意味で交通系カードのNFCタグの活用に取り組んでいます」と説明する。

JR東日本 MaaS・Suica推進本部 Suica共通基盤部門 企画グループ 信田美貴子氏

NFC機能が付いたスマホの利用者は、「Ringo Pass」アプリの地図上に表示されるバス停留所を選び、「タッチで乗車する」ボタンを押す。乗車人数を選択して、「タッチする」ボタンを押すとNFCリーダーモードが起動する。車内の「Ringo Pass」マークにスマホをタッチすることで、乗務員タブレットへ即座に利用が通知され、乗車可能だ。従来のSuica等の交通系ICカードでは1枚(1台)で複数人乗車は難しかったが、今回の仕組みでは1回のタッチで対応できる。乗車後はアプリで利用時間等の履歴を確認可能だ。

JREポイントをプレゼントするキャンペーンも実施

NFCタグにタッチして乗車履歴が付く仕組み
約半数の現金利用者などへ訴求

JR東日本では、2020年3月2日にケイエム観光バスの東雲車庫でUI(ユーザーエクスペリエンス)を含めた技術検証を実施(関連記事)。前回は内部による十数名規模の実験であり、事前に乗車券を購入する形だったが、今回は生活者を対象に、スマホをNFCタグにタッチして初めて乗車履歴が付く仕組みとなっている。前回は3分で62名が乗車できるなど成果があったが、今回も事前に利用者がアプリを立ち上げていれば、同様のスピードで乗車できると期待している。

料金の支払いは「Ringo Pass」に登録したクレジットカードで月に2回行われる。「Ringo Pass」では、複数のサービスを展開しているが、タクシーは降車時に決済、バイクシェアは月に1回の後払いとなっている。同グループ Ringoプロジェクト担当 柴田聡氏は「一番避けたかったのは、バスのチケットを購入して、万が一乗車できなかったときに払い戻し作業を行わないよう、バスにタッチをして初めて利用実績が残る形にしています」と話す。

お台場レインボーバスでは現状、Suica等の交通系ICカードが利用できず、NTTドコモの「iD」決済に対応している。1日約1,500人の利用者がいるが、そのうち半数が現金決済だ。実証実験ではタッチによる利便性を訴求し、なるべく多くの人の利用を見込む。

お台場レインボーバスは現状、Suica等の交通系ICカードは利用できない

JR東日本では、2019年12月から社内でNFCタグの技術検証を進めてきた。信田氏は「お客様に受け入れていただけるようなUIや技術検証を重ねて使っていただける環境になりました。(NFCタグの共通のタッチマークとなる)『s-Touch(エスタッチ)』マークを考案したので、まずは弊社に関連するところから広げていきたいです」と意気込みを見せた。

フェリカネットワークスの協力を得てサービスを構築
MaaSプラットフォームとして利用シーンを広げる

このコンテンツは会員限定(有料)となっております。
「Paymentnavi Pro2021」の詳細はこちらのページからご覧下さい。

すでにユーザー登録をされている方はログインをしてください。

The post JR東日本がNFCタグ乗車実験、MaaS事業強化とSuica等よりも低コスト導入を見込む first appeared on ペイメントナビ.

関連記事

20225/20

キャッシュレス決済端末「ThincaTerminal2」販売(トッパンフォームズ/TFPS)

2022年5月21日7:00 トッパンフォームズとTFペイメントサービス(TFPS)は、キャッシュレス決済端末「ThincaTerminal…

20225/20

「Uber Eats」への導入2周年、利用者数250万人突破を記念したキャンペーン実施(PayPay)

2022年5月20日19:17 PayPayは、Uber Eats Japanが提供する「Uber Eats」における「PayPay」の導入…

20225/20

ハイパーソフトの「Salon de Net for LINE」リニューアル(ネットスターズ)

2022年5月20日16:45 ネットスターズは、美容室・美容サロン向けのPOSシステムやセルフレジを開発・販売するハイパーソフトと提携し、…

20225/20

ビジネスカード「freeeカード Unlimited」で最大10枚のカード追加が可能に(freee finance lab)

2022年5月20日16:00 freee finance labは、法人を対象とした統合型ビジネスカード「freeeカード Unlimit…

20225/20

デビットカード(Mastercard)でGoogle Pay対応(住信SBIネット銀行)

2022年5月20日15:55 住信SBIネット銀行とMastercardは、Mastercardのデジタル・ファースト・プログラムに対応し…

ページ上部へ戻る