Pay-Ya NEWS.(β)

総合決済プラットフォームPay-Yaの紹介と業界情報サイト

 

© Pay-Ya NEWS.(β) All rights reserved.

20219/8

学校給食費の公会計化の実証実験で学校で約80%、教育委員会約40%削減(NTTファイナンス)

2021年9月9日7:30

NTTファイナンスは、立川市と2021年5月に締結した「学校給食費の公会計化に向けた徴収・管理業務の効率化に関する実証実験」の実施に係る協定に基づき、NTTファイナンスが提供するクラウド型の決済ソリューション「楽々クラウド決済サービス」を活用した実証実験を5月17日~6月30日行い、学校給食費の公会計化に向けた有効性を検証した。実施場所は、立川市教育委員会(立川市学校給食共同調理場)となる。

業務時間削減効果の検証(NTTファイナンス)

業務時間削減効果の検証では、公会計制度への移行及び楽々クラウド決済サービスを利用することによって、各学校での給食費に関する事務で約80%、教育委員会の事務で約40%の削減効果が得られる見込みだという。なお、徴収するのは学校給食費のみで、その他の学校徴収金は対象に含まない。

業務フローの設計では、公会計化を進めるにあたり、現状の業務フロー把握と公会計化時の業務フロー設計が重要という共通認識のもと、それぞれの業務フローを作成、公会計化に向けて業務設計の基礎を固めることができたという。

 教育委員会のパソコンからLGWAN接続により楽々クラウド決済サービスへ直接アクセスを実施。ログインから一連の動作検証を実施し、スムーズに利用できることを確認した。学校給食費の徴収においては、生徒・保護者の個人情報を取り扱うことから、高度なセキュリティを維持した行政専用のネットワークから接続することで、セキュリティ面において有効なツールとなるそうだ。

なお、「楽々クラウド決済サービス」は、自治体の情報セキュリティポリシー及びLGWAN環境に応じて、『インターネット接続タイプ』または『LGWAN接続タイプ』から選択できる。

NTTファイナンスは、今回の実証実験結果を踏まえ、セキュアなLGWAN環境での楽々クラウド決済サービスの導入と活用の展開を支援していくそうだ。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

The post 学校給食費の公会計化の実証実験で学校で約80%、教育委員会約40%削減(NTTファイナンス) first appeared on ペイメントナビ.

関連記事

20225/23

「NEOBANKスマホデビット(Mastercard)」がApple Pay、Google Pay対応 スマホ1台ですべてが完結できる世界を目指す

2022年5月23日8:30 住信SBIネット銀行は、デビットでは初となる Mastercardのデジタル・ファースト・プログラムに対応…

20225/21

「SalonAnswer」の「LINEミニアプリ」で決済機能提供(エクシードシステム/SBPS)

2022年5月22日7:00 エクシードシステムと、ソフトバンクの子会社であるSBペイメントサービス(SBPS)は、エクシードシステムが提供…

20225/20

キャッシュレス決済端末「ThincaTerminal2」販売(トッパンフォームズ/TFPS)

2022年5月21日7:00 トッパンフォームズとTFペイメントサービス(TFPS)は、キャッシュレス決済端末「ThincaTerminal…

20225/20

「Uber Eats」への導入2周年、利用者数250万人突破を記念したキャンペーン実施(PayPay)

2022年5月20日19:17 PayPayは、Uber Eats Japanが提供する「Uber Eats」における「PayPay」の導入…

20225/20

ハイパーソフトの「Salon de Net for LINE」リニューアル(ネットスターズ)

2022年5月20日16:45 ネットスターズは、美容室・美容サロン向けのPOSシステムやセルフレジを開発・販売するハイパーソフトと提携し、…

ページ上部へ戻る