Pay-Ya Style(β)

総合決済プラットフォームPay-Yaの紹介と情報サイト

 

© Pay-Ya Style(β) All rights reserved.

20219/1

EthereumとHyperledger Fabricのインターオペラビリティに向けた実験(Datachain)

2021年9月2日7:50

Datachainは、デジタル通貨を含め様々なプロジェクトで利用されているブロックチェーンEthereumと、エンタープライズ向けブロックチェーンとして世界中のさまざまなサービスで採用されているHyperledger Fabricのインターオペラビリティ実現のため、実証実験を実施すると発表した。

EthereumとHyperledger Fabricのインターオペラビリティに向けた実証実験(Datachain)

同実証実験では、Datachainが開発を主導するHyperledger Labsプロジェクト「YUI」などを用いることで、仲介者の信頼に依存しない方式でインターオペラビリティを実現する。また、技術パートナーとして、NTTデータと共に検証を行う。

EthereumとHyperledger Fabricのインターオペラビリティは世界的にも新規性の高い取り組みであり、今後、その他の主要ブロックチェーンとEthereumのインターオペラビリティを実現することで、世界中のより多くのプロジェクトへの応用が期待されるという。

今回の実証実験では、「Hyperledger Fabric上のデジタルアセットの権利移転」と「Ethereum上のステーブルコインによる支払い」という異なる台帳間の取引の同時実行(DVP決済)を技術的に検証する。Hyperledger Fabric上のデジタルアセットとEthereum上のステーブルコインであるUSD Coin(USDC)などのERC20トークンを用いたDVP決済を想定した価値移転を行うという。また、Hyperledger FabricとEthereumの相互接続には、Datachainが開発を主導するHyperledger Labsプロジェクト「YUI」や「Cross Framework」などを用いることで、CosmosのIBCによる仲介者の信頼に依存しない方式でインターオペラビリティを実現する。

今回の実証実験で対象とする「EthereumとHyperledger Fabricのインターオペラビリティ」は、世界的にも新規性の高い取り組みであり、非常に高いニーズが見込まれているそうだ。さらに、今後、Hyperledger Fabric以外の主要エンタープライズ向けブロックチェーンとEthereumのインターオペラビリティも実現していくことで、世界中のより多くのプロジェクトへの応用が期待されるとした。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

The post EthereumとHyperledger Fabricのインターオペラビリティに向けた実験(Datachain) first appeared on ペイメントナビ.

関連記事

202110/17

「Mobage」内のポイント「モバコイン」購入に利用可能に(Paidy)

2021年10月17日10:16 Paidyは、「Mobage」内で有料コンテンツを使用するためのポイント「モバコイン」の購入にペイディが利…

202110/16

二次元コード決済「ポケパル払い」に登録可能なクレジットカード拡大(パルコ)

2021年10月16日12:30 パルコは、2021年10月5日から、パルコの二次元コード決済である「ポケパル払い」のサービスをリニューアル…

202110/15

キャッシング即時振込サービスを24時間化(三井住友カード)

2021年10月15日9:21 三井住友カードは、キャッシング振込サービスにおいて 24 時間即時に借り入れ(口座振込)ができるようにサービ…

202110/15

「TOYOTA Wallet」で「ドコモ・バイクシェア」と「トヨタレンタカー」をミニアプリで提供(トヨタファイナンシャルサービス/トヨタファイナンス)

2021年10月15日9:19 トヨタファイナンシャルサービス、およびトヨタファイナンスは、2021年10月11日から、トヨタの決済アプリ「…

202110/15

収益認識を自動化する機能を提供(Stripe)

2021年10月15日9:14 Stripe は、40カ国のユーザーに対して新たに収益認識を自動化する機能の提供を開始した。 収益認識とは、…

ページ上部へ戻る