Pay-Ya NEWS.(β)

総合決済プラットフォームPay-Yaの紹介と業界情報サイト

 

© Pay-Ya NEWS.(β) All rights reserved.

20219/1

EthereumとHyperledger Fabricのインターオペラビリティに向けた実験(Datachain)

2021年9月2日7:50

Datachainは、デジタル通貨を含め様々なプロジェクトで利用されているブロックチェーンEthereumと、エンタープライズ向けブロックチェーンとして世界中のさまざまなサービスで採用されているHyperledger Fabricのインターオペラビリティ実現のため、実証実験を実施すると発表した。

EthereumとHyperledger Fabricのインターオペラビリティに向けた実証実験(Datachain)

同実証実験では、Datachainが開発を主導するHyperledger Labsプロジェクト「YUI」などを用いることで、仲介者の信頼に依存しない方式でインターオペラビリティを実現する。また、技術パートナーとして、NTTデータと共に検証を行う。

EthereumとHyperledger Fabricのインターオペラビリティは世界的にも新規性の高い取り組みであり、今後、その他の主要ブロックチェーンとEthereumのインターオペラビリティを実現することで、世界中のより多くのプロジェクトへの応用が期待されるという。

今回の実証実験では、「Hyperledger Fabric上のデジタルアセットの権利移転」と「Ethereum上のステーブルコインによる支払い」という異なる台帳間の取引の同時実行(DVP決済)を技術的に検証する。Hyperledger Fabric上のデジタルアセットとEthereum上のステーブルコインであるUSD Coin(USDC)などのERC20トークンを用いたDVP決済を想定した価値移転を行うという。また、Hyperledger FabricとEthereumの相互接続には、Datachainが開発を主導するHyperledger Labsプロジェクト「YUI」や「Cross Framework」などを用いることで、CosmosのIBCによる仲介者の信頼に依存しない方式でインターオペラビリティを実現する。

今回の実証実験で対象とする「EthereumとHyperledger Fabricのインターオペラビリティ」は、世界的にも新規性の高い取り組みであり、非常に高いニーズが見込まれているそうだ。さらに、今後、Hyperledger Fabric以外の主要エンタープライズ向けブロックチェーンとEthereumのインターオペラビリティも実現していくことで、世界中のより多くのプロジェクトへの応用が期待されるとした。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

The post EthereumとHyperledger Fabricのインターオペラビリティに向けた実験(Datachain) first appeared on ペイメントナビ.

関連記事

20226/28

長良川鉄道 PayPayの比率が2桁に、Visaのタッチ決済対応で観光需要に備える

2022年6月29日8:00 ワンマン運転車両用の運賃収受機器と連携したシステム構築 長良川鉄道は、2019年7月から、キャッシュレス決…

20226/28

ザスパと提携して「大好きザスパクサツ群馬WAON」発行へ(イオン)

2022年6月29日7:30 Jリーグトップパートナーであるイオンはこのほど、(公社)日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に所属する「ザスパク…

20226/28

アプリでクルマのドアを解施錠できるAndroid版アプリ追加(タイムズモビリティ)

2022年6月29日7:10 タイムズモビリティは、カーシェアリングサービス「タイムズカー」のAndroid版アプリにおいて、会員カードを使…

20226/28

「KIFUZOO」とコラボし「Ponta Zoo! フォロー&リツイートキャンペーン」開催(LM)

2022年6月29日7:00 共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」を運営するロイヤリティ マーケティング(LM)は、新型コロナウイル…

20226/28

三井物産とKDDIが都市DXを推進するGEOTRA設立、⾼粒度人流データでスマートシティに貢献へ

2022年6月28日20:00 三井物産とKDDIは、2022年6月9日に記者説明会を開催し、都市DX(デジタルトランスフォーメーション…

ページ上部へ戻る