Pay-Ya Style(β)

総合決済プラットフォームPay-Yaの紹介と情報サイト

 

© Pay-Ya Style(β) All rights reserved.

20219/1

三井住友海上サイバー保険を付帯し海運業界におけるセキュリティ対策支援(IWI)

2021年9月1日10:35

インテリジェント ウェイブ(IWI)は、船舶システムへのセキュリティ対策支援のため、IWIの取り扱ういかなる未知の攻撃でも防御するエンドポイントセキュリティソリューション「Morphisec」(モルフィセック)に、三井住友海上火災保険が補償を提供するサイバー保険を付帯して、2021年9月1日より販売を開始した。

近年、マルウェアは日々進化しており、その脅威を増している。特に、感染したシステムを利用不能にするマルウェアの一種(ランサムウェア)による被害が増加している。進化するマルウェアからシステムを守るためには、アップデートによる脆弱性パッチ適用等が有効な対策だが、海上を航行する船舶にとって、頻繁なアップデートは容易ではないという。しかし、適切に脆弱性パッチが適用されていないシステムへ、マルウェアに感染したデータがUSB等によって持ち込まれた場合、船内のシステム全体へ感染が広がるリスクがある(2019年7月8日付 米国沿岸警備隊「MARIN SAFETY ALERT」による)。

そのような即時にパッチ適用ができない環境に対し、IWIが提供するエンドポイント対策Morphisecにより、マルウェアを無効化することが可能だ。パターンファイルに依存しない防御手法「Moving Target Defense」技術により、頻繁なシステムアップデートが難しい船舶内のWindows環境を保護する。Morphisecは、デンマークの海運企業であるA.P. モラー・マースクにも2019年に採用されている。

同サービスには、「Morphisec」を新たに契約した場合に、三井住友海上のサイバー保険が付帯されている。サイバー攻撃などに遭遇し、セキュリティに関する事故が発生した時に原因調査・解析(フォレンジック)、その他損害に掛かる費用を一部保険で補償することが可能だ。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

The post 三井住友海上サイバー保険を付帯し海運業界におけるセキュリティ対策支援(IWI) first appeared on ペイメントナビ.

関連記事

202110/21

都立公園のスポーツ施設でキャッシュレス決済開始へ(東京都)

2021年10月21日19:05 東京都は、コロナ禍における「新しい日常」の定着及びデジタルトランスフォーメーションの推進を目指し、施設使用…

202110/21

LINE公式アカウントによる会員向けの「通知サービス」開始(三井住友カード)

2021年10月21日18:52 三井住友カードは、2021年10月21日から、三井住友カードLINE公式アカウントによる会員向けの「通知サ…

202110/21

ベンチャーキャピタルファンド「SBI 4+5ファンド」へ出資(オリコ)

2021年10月21日18:43 オリエントコーポレーション(オリコ)は、SBI ホールディングスの子会社であるSBI インベストメントが設…

202110/21

新宿と池袋でポンタが街行く人々とリアルタイムにコミュニケーション(LM)

2021年10月21日13:23 共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」を運営するロイヤリティ マーケティング(LM)は、2021年1…

202110/21

JALマイルやTポイントがお得に貯まる?住信SBIネット銀行が提携ネオバンク支店の上手な活用法を紹介

2021年10月21日9:16 住信SBIネット銀行では、Embedded Financeを「NEOBANK(ネオバンク)」サービスとし…

ページ上部へ戻る