Pay-Ya Style(β)

総合決済プラットフォームPay-Yaの紹介と情報サイト

 

© Pay-Ya Style(β) All rights reserved.

20219/1

「楽天ポイント」の累計発行ポイント数が2.5兆ポイントを突破(楽天グループ)

2021年9月1日22 :31

楽天グループは、提供するポイントプログラム「楽天ポイント」の累計発行ポイント数が2兆5,000億ポイントを突破したと発表した。2020年9月に2兆ポイントを達成してから、年弱で過去最短となる5,000億ポイント発行を達成したという。

2兆ポイント突破から約1年で5,000億ポイント発行(楽天グループ)

「楽天ポイント」は、 「楽天市場」や「楽天カード」、 「楽天銀行」、 「楽天モバイル」など、 楽天の各種サービスの利用において貯める、使うことができるポイントプログラムとなる。年間の発行ポイント数においても、2019年は3,200億ポイント、2020年には 4,700億ポイントを達成し、年々発行数が増加している。楽天会員1人当たりの平均獲得ポイント数においては10年間で約3倍となった。

今回のポイント発行数増加の背景には、主にユーザーの「楽天市場」利用が継続的に拡大していることに加えて、「お買い物マラソン」や「楽天スーパーSALE」などさまざまなキャンペーン実施回数の増加、楽天のサービスを組み合わせて使うことで「楽天市場」におけるポイント倍率が上がる「SPU(スーパーポイントアッププログラム)」の利用増加、「楽天モバイル」でのさまざまなキャンペーン展開、「楽天カード」のさらなるショッピング取扱高の増加などが挙げられるそうだ。楽天の各サービスが有機的に結び付く独自の「楽天エコシステム(経済圏)」においては、ユーザーが複数サービスを利用するクロスユース率が73.9%と上昇傾向にある。

楽天は、2002年の「楽天ポイント」の提供開始以降、楽天の各サービスのほか、提携サービスなどにおいても利用可能なポイントプログラムとして、ポイント付加価値を拡大させているとした。近年では、「楽天ポイント」を利用して投資の疑似体験ができる「ポイント運用 by 楽天PointClub」や、暗号資産(仮想通貨)の1つであるビットコインの取引体験ができる「ポイントビットコインby楽天PointClub」を展開し、新たな「楽天ポイント」の活用手段を提供している。また、オンライン上だけでなく、スーパーマーケットやコンビニエンスストア、ドラッグストアなど約500万箇所の加盟店で「楽天ポイント」を利用することも可能だ。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

The post 「楽天ポイント」の累計発行ポイント数が2.5兆ポイントを突破(楽天グループ) first appeared on ペイメントナビ.

関連記事

20221/19

「第6回 Japan IT Week 関西」が21日まで開催中、注目のIT関連製品・サービスは?

2022年1月20日8:30 RX Japanは、2022年1月19日~1月21日まで、インテックス大阪(大阪府大阪市住之江区)において、日…

20221/19

最新技術やソリューションを紹介した「docomo Open House’22」開催、自治体が「健康マイレージ」などと連携してフレイルリスクを推計

2022年1月20日8:00 NTTドコモは、ドコモの研究開発や最新技術を活用したソリューションなどを紹介する「docomo Open …

20221/19

店舗向け決済DXプラットフォーム提供、「PayCAS Mobile」から対応(SB  C&S/SBPS)

2022年1月19日23:00 SB  C&SとSBペイメントサービス(SBPS)は、店舗向け決済DXプラットフォームの提供を2…

20221/19

飲食店向けモバイルオーダーサービス「eateat」、スマートロッカー連携も(インタセクト)

2022年1月19日22:00 インタセクト・コミュニケーションズは、イートインからテイクアウトまで同一システムで、非接触・非対面を可能にし…

20221/19

クレジットカード発行と証券総合口座開設を同時申し込み可能に(SBI証券/三井住友カード)

2022年1月19日18:00 SBI証券と三井住友カードは、両社間のさらなる連携強化を目的として、2022年1月19日から、SBI証券の証…

ページ上部へ戻る