Pay-Ya NEWS.(β)

総合決済プラットフォームPay-Yaの紹介と業界情報サイト

 

© Pay-Ya NEWS.(β) All rights reserved.

20219/1

「楽天ポイント」の累計発行ポイント数が2.5兆ポイントを突破(楽天グループ)

2021年9月1日22 :31

楽天グループは、提供するポイントプログラム「楽天ポイント」の累計発行ポイント数が2兆5,000億ポイントを突破したと発表した。2020年9月に2兆ポイントを達成してから、年弱で過去最短となる5,000億ポイント発行を達成したという。

2兆ポイント突破から約1年で5,000億ポイント発行(楽天グループ)

「楽天ポイント」は、 「楽天市場」や「楽天カード」、 「楽天銀行」、 「楽天モバイル」など、 楽天の各種サービスの利用において貯める、使うことができるポイントプログラムとなる。年間の発行ポイント数においても、2019年は3,200億ポイント、2020年には 4,700億ポイントを達成し、年々発行数が増加している。楽天会員1人当たりの平均獲得ポイント数においては10年間で約3倍となった。

今回のポイント発行数増加の背景には、主にユーザーの「楽天市場」利用が継続的に拡大していることに加えて、「お買い物マラソン」や「楽天スーパーSALE」などさまざまなキャンペーン実施回数の増加、楽天のサービスを組み合わせて使うことで「楽天市場」におけるポイント倍率が上がる「SPU(スーパーポイントアッププログラム)」の利用増加、「楽天モバイル」でのさまざまなキャンペーン展開、「楽天カード」のさらなるショッピング取扱高の増加などが挙げられるそうだ。楽天の各サービスが有機的に結び付く独自の「楽天エコシステム(経済圏)」においては、ユーザーが複数サービスを利用するクロスユース率が73.9%と上昇傾向にある。

楽天は、2002年の「楽天ポイント」の提供開始以降、楽天の各サービスのほか、提携サービスなどにおいても利用可能なポイントプログラムとして、ポイント付加価値を拡大させているとした。近年では、「楽天ポイント」を利用して投資の疑似体験ができる「ポイント運用 by 楽天PointClub」や、暗号資産(仮想通貨)の1つであるビットコインの取引体験ができる「ポイントビットコインby楽天PointClub」を展開し、新たな「楽天ポイント」の活用手段を提供している。また、オンライン上だけでなく、スーパーマーケットやコンビニエンスストア、ドラッグストアなど約500万箇所の加盟店で「楽天ポイント」を利用することも可能だ。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

The post 「楽天ポイント」の累計発行ポイント数が2.5兆ポイントを突破(楽天グループ) first appeared on ペイメントナビ.

関連記事

20228/19

ナッジ、キャッシュレスで森林再生できる「広島Nudgeの森」開始 官民連携で「グリーン・フィンテック」を推進

2022年8月19日9:30 ナッジは、新たに広島県東広島市と連携し、「Nudge」クレジットカード申し込み時に「広島Nudgeの森」ク…

20228/18

「Ponta特典交換」で抽選でZIPAIR限定ポイント、スプリング・ジャパン国内線航空券と交換できるキャンペーン(LM)

2022年8月19日7:30 JALグループのZIPAIR Tokyo、スプリング・ジャパンと、共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」…

20228/18

不正注文検知サービス「O-PLUX」がジオテクノロジーズの「住所確認サービス」と連携(かっこ)

2022年8月19日7:30 かっこは、ジオテクノロジーズと提携し、かっこが提供する不正注文検知サービス「O-PLUX(オープラックス)…

20228/18

那覇空港でBOPIS/ C&C用スマートロッカー実証実験(SGST)

2022年8月19日7:20 SGSTは、新型コロナウイルス対応として飲食店、レジャー施設、一般企業、医療機関向けにロボットやIoT製品…

20228/18

国内EC事業者の海外への販路拡大を支援へ(ジグザグ/ecbeing)

2022年8月19日7:20 ジグザグは、ecbeingと業務提携および、ecbeingとのサービス連携を開始した。具体的には、ecbein…

ページ上部へ戻る