Pay-Ya NEWS.(β)

総合決済プラットフォームPay-Yaの紹介と業界情報サイト

 

© Pay-Ya NEWS.(β) All rights reserved.

20218/25

「タッチ決済」ユーザーがコロナ禍で 3.3 倍に(アメリカン・エキスプレス)

2021年8月25日18:59

アメリカン・エキスプレス・インターナショナル, Inc.は、同社の「タッチ決済」ユーザーがコロナ禍で 3.3 倍に急伸したと発表した。スーパー業界最大手のイオンや、ファミリーマートなどのコンビニ大手 3 社をはじめ、アメリカン・エキスプレスの「タッチ決済」が使える店舗も増加している。

<アメリカン・エキスプレスのタッチ決済 累計ユーザー数の推移(アメリカン・エキスプレス)

こうした「タッチ決済」の需要の高まりを受け、アメリカン・エキスプレスはこのたび、コロナ禍における行列に関する意識調査を、20 代〜60 代の一般生活者の男女 1,000 人と、小売店でのレジ業務担当者 300 人を対象に行った。

その結果、一般生活者の約半数(52.9%)が、会計時に「後ろに並ぶ人の視線」を気にし、56.6%が支払い準備で「焦った経験」あるという。また、「行列を長く感じ並ぶのを諦めた」(57.5%)、「ソーシャルディスタンスが気になり並ぶのを諦めた」(65.1%)など、コロナ禍で行列回避の意識が高まっているそうだ。さらに、観光地などの入場行列は敬遠しているが、普段の買い物の会計行列は敬遠できないという。

そんな中、利用が増えている支払い方法が「タッチ式決済」となり、普段の買い物でタッチ式決済を利用している人は 71.6%となるという。また、会計の行列時に利用できると喜ばれる決済方法は「タッチ式決済」と、レジ業務担当者の 66.3%が回答している。そのほか、一般生活者の 65.3%は、会計時、タッチ式決済などのキャッシュレス対応列に「移動した」経験があるとした。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

The post 「タッチ決済」ユーザーがコロナ禍で 3.3 倍に(アメリカン・エキスプレス) first appeared on ペイメントナビ.

関連記事

20226/27

決済端末「Spayd Lite」で国内初の「クレカで決済音」開始、国際ブランドが推進する理由とは?

2022年6月28日8:00 ネットムーブは最新版の決済端末「Spayd Lite」でクレジットカード等の決済時にブランド固有の決済音を…

20226/27

メタバース「ZEPETO」にアバター接客のソフトバンクショップがオープン、リアルとの連携も

2022年6月27日19:30 ソフトバンクは、NAVER Z Corporationの運営するメタバースプラットフォーム「ZEPETO…

20226/27

Uber Taxi乗り放題や2,000円オフになるクーポンキャンペーン実施(Mastercard)

2022年6月27日18:20 Mastercardは、日本におけるデジタル決済の推進を目的として、2022 年 6月27日~ 7月10日ま…

20226/27

「エクスプレス予約サービス(プラスEX会員)」との連携を開始(クレディセゾン)

2022年6月27日18:10 クレディセゾンは、2022年6月27日から、東海道・山陽・九州新幹線区間のネット予約&チケットレス乗車サービ…

20226/27

「chiica」を活用してデジタル地域通貨「富士山Gコイン」開始(御殿場市)

2022年6月27日18:00 静岡県御殿場市は、2022年7月20日から、トラストバンクが提供する自治体向け地域通貨プラットフォームサービ…

ページ上部へ戻る