Pay-Ya NEWS.(β)

総合決済プラットフォームPay-Yaの紹介と業界情報サイト

 

© Pay-Ya NEWS.(β) All rights reserved.

20218/18

Handii、Kyash、スマートバンクがAWS活用によるPCI DSS準拠時のメリットや決済体験を紹介

2021年8月18日12:00

アマゾン ウェブ サービス ジャパンは、2021年7月28日に、Fintechスタートアップ9社をゲストスピーカーに招き、AWS Fintech 特別セミナー「 Fintech 企業が見据える近未来の技術トレンド」をオンラインで開催した。決済のパネルディスカッションでは、Handii CTO 森 雄祐氏、Kyash CTO 山﨑 真氏、スマートバンク CTO 堀井 雄太氏の3名の開発担当者が登壇。アマゾン ウェブ サービス スタートアップ事業本部 ソリューションアーキテクト齋藤 祐一郎 氏が司会を務めた。

AWSのスタートアップ支援の内容として、①エンジニアによる技術支援(技術相談、構成レビュー、運用相談)、②業界スペシャリストによる業界特化型の支援、③AWSエンジニア常駐のエンジニア向けコワーキング、④事前予約性のオンライン技術相談、⑤知見を交換するAWSスタートアップコミュニティ、⑥国内外のAWSコミュニティ・勉強会への招待、⑦マーケティング支援、といったことを行っている。

Kyashはデジタルウォレットアプリ「Kyash」を展開しており、モバイルアプリによりプリペイドカードとなるVisaカードの発行・決済・送金が可能だ。スマートバンクは、2021年2月からVisaプリペイドカードと家計簿アプリをセットにした生活費支出管理サービスである家計簿プリカ「B/43(ビーヨンサン)」を提供している。Handiiは、法人向けプリペイドカードのクラウド型発行・管理サービス「paild(ペイルド)」を提供しており、現在1,000社以上が導入しているそうだ。

このコンテンツは会員限定(有料)となっております。
「Paymentnavi Pro2021」の詳細はこちらのページからご覧下さい。

すでにユーザー登録をされている方はログインをしてください。

The post Handii、Kyash、スマートバンクがAWS活用によるPCI DSS準拠時のメリットや決済体験を紹介 first appeared on ペイメントナビ.

関連記事

20229/24

新船「あおい」の就航に合わせ「QRスマート乗船」の運用開始(ジャンボフェリー)

2022年9月25日7:00 ジャンボフェリーは、2022年10月22日から、新船「あおい」の就航に合わせ、「QRコード」 を利用したチケッ…

20229/23

「エースワン」「A-MAX」で「楽天ポイントカード」が利用可能に(エースワン/楽天ペイメント)

2022年9月24日7:00 エースワンと楽天ペイメントは、エースワンが運営する「エースワン」「A-MAX」全17店舗において、共通ポイント…

20229/22

ヤマダデンキで「AEON Pay」利用可能に(イオンフィナンシャルサービス/イオンクレジットサービス)

2022年9月23日7:00 イオンフィナンシャルサービスとその子会社であるイオンクレジットサービスは、家電量販店のヤマダホールディングスと…

20229/22

共立女子大学・共立女子短期大学で金融教育プログラム実施(auフィナンシャルサービス)

2022年9月22日20:00 auフィナンシャルサービスは、2022年9月23日から開講される共立女子大学・共立女子短期大学のリーダーシッ…

20229/22

futureshop利用のEC事業者向けSAISON CARD Digitalのアライアンスプログラム開始(クレディセゾン)

2022年9月22日19:43 クレディセゾンは、フューチャーショップと協業し、ECサイト構築プラットフォームfutureshopを利用中の…

ページ上部へ戻る