Pay-Ya NEWS.(β)

総合決済プラットフォームPay-Yaの紹介と業界情報サイト

 

© Pay-Ya NEWS.(β) All rights reserved.

20218/18

Handii、Kyash、スマートバンクがAWS活用によるPCI DSS準拠時のメリットや決済体験を紹介

2021年8月18日12:00

アマゾン ウェブ サービス ジャパンは、2021年7月28日に、Fintechスタートアップ9社をゲストスピーカーに招き、AWS Fintech 特別セミナー「 Fintech 企業が見据える近未来の技術トレンド」をオンラインで開催した。決済のパネルディスカッションでは、Handii CTO 森 雄祐氏、Kyash CTO 山﨑 真氏、スマートバンク CTO 堀井 雄太氏の3名の開発担当者が登壇。アマゾン ウェブ サービス スタートアップ事業本部 ソリューションアーキテクト齋藤 祐一郎 氏が司会を務めた。

AWSのスタートアップ支援の内容として、①エンジニアによる技術支援(技術相談、構成レビュー、運用相談)、②業界スペシャリストによる業界特化型の支援、③AWSエンジニア常駐のエンジニア向けコワーキング、④事前予約性のオンライン技術相談、⑤知見を交換するAWSスタートアップコミュニティ、⑥国内外のAWSコミュニティ・勉強会への招待、⑦マーケティング支援、といったことを行っている。

Kyashはデジタルウォレットアプリ「Kyash」を展開しており、モバイルアプリによりプリペイドカードとなるVisaカードの発行・決済・送金が可能だ。スマートバンクは、2021年2月からVisaプリペイドカードと家計簿アプリをセットにした生活費支出管理サービスである家計簿プリカ「B/43(ビーヨンサン)」を提供している。Handiiは、法人向けプリペイドカードのクラウド型発行・管理サービス「paild(ペイルド)」を提供しており、現在1,000社以上が導入しているそうだ。

このコンテンツは会員限定(有料)となっております。
「Paymentnavi Pro2021」の詳細はこちらのページからご覧下さい。

すでにユーザー登録をされている方はログインをしてください。

The post Handii、Kyash、スマートバンクがAWS活用によるPCI DSS準拠時のメリットや決済体験を紹介 first appeared on ペイメントナビ.

関連記事

20225/20

キャッシュレス決済端末「ThincaTerminal2」販売(トッパンフォームズ/TFPS)

2022年5月21日7:00 トッパンフォームズとTFペイメントサービス(TFPS)は、キャッシュレス決済端末「ThincaTerminal…

20225/20

「Uber Eats」への導入2周年、利用者数250万人突破を記念したキャンペーン実施(PayPay)

2022年5月20日19:17 PayPayは、Uber Eats Japanが提供する「Uber Eats」における「PayPay」の導入…

20225/20

ハイパーソフトの「Salon de Net for LINE」リニューアル(ネットスターズ)

2022年5月20日16:45 ネットスターズは、美容室・美容サロン向けのPOSシステムやセルフレジを開発・販売するハイパーソフトと提携し、…

20225/20

ビジネスカード「freeeカード Unlimited」で最大10枚のカード追加が可能に(freee finance lab)

2022年5月20日16:00 freee finance labは、法人を対象とした統合型ビジネスカード「freeeカード Unlimit…

20225/20

デビットカード(Mastercard)でGoogle Pay対応(住信SBIネット銀行)

2022年5月20日15:55 住信SBIネット銀行とMastercardは、Mastercardのデジタル・ファースト・プログラムに対応し…

ページ上部へ戻る