Pay-Ya Style(β)

総合決済プラットフォームPay-Yaの紹介と情報サイト

 

© Pay-Ya Style(β) All rights reserved.

20218/18

Handii、Kyash、スマートバンクがAWS活用によるPCI DSS準拠時のメリットや決済体験を紹介

2021年8月18日12:00

アマゾン ウェブ サービス ジャパンは、2021年7月28日に、Fintechスタートアップ9社をゲストスピーカーに招き、AWS Fintech 特別セミナー「 Fintech 企業が見据える近未来の技術トレンド」をオンラインで開催した。決済のパネルディスカッションでは、Handii CTO 森 雄祐氏、Kyash CTO 山﨑 真氏、スマートバンク CTO 堀井 雄太氏の3名の開発担当者が登壇。アマゾン ウェブ サービス スタートアップ事業本部 ソリューションアーキテクト齋藤 祐一郎 氏が司会を務めた。

AWSのスタートアップ支援の内容として、①エンジニアによる技術支援(技術相談、構成レビュー、運用相談)、②業界スペシャリストによる業界特化型の支援、③AWSエンジニア常駐のエンジニア向けコワーキング、④事前予約性のオンライン技術相談、⑤知見を交換するAWSスタートアップコミュニティ、⑥国内外のAWSコミュニティ・勉強会への招待、⑦マーケティング支援、といったことを行っている。

Kyashはデジタルウォレットアプリ「Kyash」を展開しており、モバイルアプリによりプリペイドカードとなるVisaカードの発行・決済・送金が可能だ。スマートバンクは、2021年2月からVisaプリペイドカードと家計簿アプリをセットにした生活費支出管理サービスである家計簿プリカ「B/43(ビーヨンサン)」を提供している。Handiiは、法人向けプリペイドカードのクラウド型発行・管理サービス「paild(ペイルド)」を提供しており、現在1,000社以上が導入しているそうだ。

このコンテンツは会員限定(有料)となっております。
「Paymentnavi Pro2021」の詳細はこちらのページからご覧下さい。

すでにユーザー登録をされている方はログインをしてください。

The post Handii、Kyash、スマートバンクがAWS活用によるPCI DSS準拠時のメリットや決済体験を紹介 first appeared on ペイメントナビ.

関連記事

202110/21

都立公園のスポーツ施設でキャッシュレス決済開始へ(東京都)

2021年10月21日19:05 東京都は、コロナ禍における「新しい日常」の定着及びデジタルトランスフォーメーションの推進を目指し、施設使用…

202110/21

LINE公式アカウントによる会員向けの「通知サービス」開始(三井住友カード)

2021年10月21日18:52 三井住友カードは、2021年10月21日から、三井住友カードLINE公式アカウントによる会員向けの「通知サ…

202110/21

ベンチャーキャピタルファンド「SBI 4+5ファンド」へ出資(オリコ)

2021年10月21日18:43 オリエントコーポレーション(オリコ)は、SBI ホールディングスの子会社であるSBI インベストメントが設…

202110/21

新宿と池袋でポンタが街行く人々とリアルタイムにコミュニケーション(LM)

2021年10月21日13:23 共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」を運営するロイヤリティ マーケティング(LM)は、2021年1…

202110/21

JALマイルやTポイントがお得に貯まる?住信SBIネット銀行が提携ネオバンク支店の上手な活用法を紹介

2021年10月21日9:16 住信SBIネット銀行では、Embedded Financeを「NEOBANK(ネオバンク)」サービスとし…

ページ上部へ戻る