Pay-Ya Style(β)

総合決済プラットフォームPay-Yaの紹介と情報サイト

 

© Pay-Ya Style(β) All rights reserved.

20218/10

「BANKIT」で「おたすけチャージ+」「非接触決済」「eKYC」追加(アプラス)

2021年8月10日19:15

新生銀行とアプラスは、ネオバンク・プラットフォーム「BANKIT(バンキット)」において、分割後払いを可能にする「おたすけチャージ+(プラス)」、Apple Pay、Google Payによる「非接触決済」、「オンライン本人確認(eKYC)」の新たな機能を追加し、2021年8月10日よりサービスの提供を開始したと発表した。

BANKITは、クレジットカード業、資金移動業および前払式支払手段発行業の登録があるアプラスが事業主体となり、新生銀行グループが有する決済、為替および与信機能などの金融サービスをカフェテリア形式(必要な機能を自由に選択できる形式)でパートナー企業に提供するものだ。パートナー企業は、金融ライセンス取得などにかかる手間や費用をかけず、自社の利用者に対して、金融サービスを提供することが可能だ。今回、既存の機能に加えて、新たな機能の提供を開始。これらの機能により、個人の利用者は手持ち資金やチャージ残高を気にすることなく、決済や分割後払いがワンストップで利用でき、また、利用可能な店舗が大幅に増加することで、利便性の向上につながるとしている。

「おたすけチャージ+(プラス)」は、BANKIT 搭載専用のカードレスのクレジットカードで、手持ち資金がなくても、後払いで BANKITのウォレットへチャージできるサービスだ。一括払い、分割払いから選択して後払いできる機能(ショッピング)と、チャージした残高を銀行 ATM から引き出すことができる機能(キャッシング)がある。

「おたすけチャージ+(プラス)」(アプラス)

「非接触決済」は、Apple Pay、Google Pay を利用した非接触決済サービスだ。ウォレットへチャージした残高を日本全国の「QUICPay+(クイックペイプラス)」、または「Visa のタッチ決済対応マーク」のある店舗で利用できる。

「オンライン本人確認(eKYC)」は、オンラインで本人確認を行うサービスだ。パートナー企業は、サービス利用者の本人確認ができるようになる。また、個人の利用者はこれまでよりも短期間でサービスの利用を開始することが可能だ。

なお、BANKITの利用を発表しているセレスや、すでに利用を開始している3PLATZ等の各アプリに対しても、新機能から各アプリに最適な機能を提供するという。また、アプラスが個人向けに提供するBANKITアプリでも新機能を利用できる。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

The post 「BANKIT」で「おたすけチャージ+」「非接触決済」「eKYC」追加(アプラス) first appeared on ペイメントナビ.

関連記事

20221/19

「第6回 Japan IT Week 関西」が21日まで開催中、注目のIT関連製品・サービスは?

2022年1月20日8:30 RX Japanは、2022年1月19日~1月21日まで、インテックス大阪(大阪府大阪市住之江区)において、日…

20221/19

最新技術やソリューションを紹介した「docomo Open House’22」開催、自治体が「健康マイレージ」などと連携してフレイルリスクを推計

2022年1月20日8:00 NTTドコモは、ドコモの研究開発や最新技術を活用したソリューションなどを紹介する「docomo Open …

20221/19

店舗向け決済DXプラットフォーム提供、「PayCAS Mobile」から対応(SB  C&S/SBPS)

2022年1月19日23:00 SB  C&SとSBペイメントサービス(SBPS)は、店舗向け決済DXプラットフォームの提供を2…

20221/19

飲食店向けモバイルオーダーサービス「eateat」、スマートロッカー連携も(インタセクト)

2022年1月19日22:00 インタセクト・コミュニケーションズは、イートインからテイクアウトまで同一システムで、非接触・非対面を可能にし…

20221/19

クレジットカード発行と証券総合口座開設を同時申し込み可能に(SBI証券/三井住友カード)

2022年1月19日18:00 SBI証券と三井住友カードは、両社間のさらなる連携強化を目的として、2022年1月19日から、SBI証券の証…

ページ上部へ戻る