Pay-Ya NEWS.(β)

総合決済プラットフォームPay-Yaの紹介と業界情報サイト

 

© Pay-Ya NEWS.(β) All rights reserved.

20217/30

Ponta会員へのプロモーションが可能な「+FINANCE」「+FOOD」活用サービス提供(LM)

2021年7月30日12 :50

共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」を運営するロイヤリティ マーケティング(LM)は、顧客の「金融」および「食」に関する価値観を独自ロジックで明確化し、スピーディーなペルソナの構築と近似Ponta会員へのプロモーションを実現する「+FINANCE(プラスファイナンス)」「+FOOD(プラスフード)」の活用サービスの提供を2021年7月に開始すると発表した。

LMは2020年12月から、独自開発の価値観判別ロジックで企業の商品・サービスの顧客像を15の価値観クラスターに分類してペルソナを作成し、近似Ponta会員へのプロモーション施策を実行可能なマーケティング支援サービス「PERSONA+」を提供している。ライフスタイルの価値観を軸に顧客像を明確化するサービス提供をするなかで、具体的な消費シーンごとの価値観を可視化することで、より一層きめ細やかな顧客理解とそれによる企業のマーケティング支援につながると考え、このほど業界に特化した2つの価値観クラスターを構築した。

1つ目は金融関連の価値観でクラスターを分類した「+FINANCE」となる。金融に対する積極性やリテラシー、不安感、金融専門家への相談意向といった4つの因子に関するアンケートから判別した、9つの価値観クラスターで構築している。2つ目は食関連の価値観でクラスターを分類した「+FOOD」となる。食のこだわりや安全・安心、トレンドへの関心など、14の因子に関するアンケートから判別した、8つの価値観クラスターで構築している。

①それぞれ独自の価値観判別ロジックを開発。+FINANCEは金融の志向についての1設問18選択肢、+FOODは食の志向についての2設問60選択肢で構成、②価値観判別ロジックを組みこんだ調査を+FINANCEは13万人のPonta会員に、+FOODは8万人のPonta会員に実施し、金融および食に関する価値観クラスターを作成、③Pontaの会員情報や実利用データをもとにした拡大推計モデルにより、1億人超のPonta会員の価値観セグメントを構築している(LM)

それぞれ、Pontaの会員情報や実利用データをもとにした拡大推計モデルにより、1億人以上のPonta会員を対象に価値観セグメントを構築している。企業の金融や食に関連した商品・サービスのターゲット顧客像の明確化から、近似Ponta会員のターゲティングなどのプロモーション施策の実行まで支援するそうだ。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

The post Ponta会員へのプロモーションが可能な「+FINANCE」「+FOOD」活用サービス提供(LM) first appeared on ペイメントナビ.

関連記事

20226/27

決済端末「Spayd Lite」で国内初の「クレカで決済音」開始、国際ブランドが推進する理由とは?

2022年6月28日8:00 ネットムーブは最新版の決済端末「Spayd Lite」でクレジットカード等の決済時にブランド固有の決済音を…

20226/27

メタバース「ZEPETO」にアバター接客のソフトバンクショップがオープン、リアルとの連携も

2022年6月27日19:30 ソフトバンクは、NAVER Z Corporationの運営するメタバースプラットフォーム「ZEPETO…

20226/27

Uber Taxi乗り放題や2,000円オフになるクーポンキャンペーン実施(Mastercard)

2022年6月27日18:20 Mastercardは、日本におけるデジタル決済の推進を目的として、2022 年 6月27日~ 7月10日ま…

20226/27

「エクスプレス予約サービス(プラスEX会員)」との連携を開始(クレディセゾン)

2022年6月27日18:10 クレディセゾンは、2022年6月27日から、東海道・山陽・九州新幹線区間のネット予約&チケットレス乗車サービ…

20226/27

「chiica」を活用してデジタル地域通貨「富士山Gコイン」開始(御殿場市)

2022年6月27日18:00 静岡県御殿場市は、2022年7月20日から、トラストバンクが提供する自治体向け地域通貨プラットフォームサービ…

ページ上部へ戻る