Pay-Ya Style(β)

総合決済プラットフォームPay-Yaの紹介と情報サイト

© Pay-Ya Style(β) All rights reserved.

20217/30

Ponta会員へのプロモーションが可能な「+FINANCE」「+FOOD」活用サービス提供(LM)

2021年7月30日12 :50

共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」を運営するロイヤリティ マーケティング(LM)は、顧客の「金融」および「食」に関する価値観を独自ロジックで明確化し、スピーディーなペルソナの構築と近似Ponta会員へのプロモーションを実現する「+FINANCE(プラスファイナンス)」「+FOOD(プラスフード)」の活用サービスの提供を2021年7月に開始すると発表した。

LMは2020年12月から、独自開発の価値観判別ロジックで企業の商品・サービスの顧客像を15の価値観クラスターに分類してペルソナを作成し、近似Ponta会員へのプロモーション施策を実行可能なマーケティング支援サービス「PERSONA+」を提供している。ライフスタイルの価値観を軸に顧客像を明確化するサービス提供をするなかで、具体的な消費シーンごとの価値観を可視化することで、より一層きめ細やかな顧客理解とそれによる企業のマーケティング支援につながると考え、このほど業界に特化した2つの価値観クラスターを構築した。

1つ目は金融関連の価値観でクラスターを分類した「+FINANCE」となる。金融に対する積極性やリテラシー、不安感、金融専門家への相談意向といった4つの因子に関するアンケートから判別した、9つの価値観クラスターで構築している。2つ目は食関連の価値観でクラスターを分類した「+FOOD」となる。食のこだわりや安全・安心、トレンドへの関心など、14の因子に関するアンケートから判別した、8つの価値観クラスターで構築している。

①それぞれ独自の価値観判別ロジックを開発。+FINANCEは金融の志向についての1設問18選択肢、+FOODは食の志向についての2設問60選択肢で構成、②価値観判別ロジックを組みこんだ調査を+FINANCEは13万人のPonta会員に、+FOODは8万人のPonta会員に実施し、金融および食に関する価値観クラスターを作成、③Pontaの会員情報や実利用データをもとにした拡大推計モデルにより、1億人超のPonta会員の価値観セグメントを構築している(LM)

それぞれ、Pontaの会員情報や実利用データをもとにした拡大推計モデルにより、1億人以上のPonta会員を対象に価値観セグメントを構築している。企業の金融や食に関連した商品・サービスのターゲット顧客像の明確化から、近似Ponta会員のターゲティングなどのプロモーション施策の実行まで支援するそうだ。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

The post Ponta会員へのプロモーションが可能な「+FINANCE」「+FOOD」活用サービス提供(LM) first appeared on ペイメントナビ.

関連記事

20219/16

ガバナンス強化型経理BPOサービスの提供を開始(三井住友カード/コンカー)

2021年9月16日18:56 三井住友カードとコンカーは、2020年9月に、営業推進や協働商品の開発を軸とする戦略的業務提携を発表した。…

20219/16

全国店舗で「Smart Code」取扱開始、複数決済手段に対応(AOKI)

2021年9月16日18:52 ジェーシービー (JCB)は、2021年9月16日から、AOKIの運営する全国の「AOKI」507店(20…

20219/15

ソフトバンクが最大半額の「スーパーPayPayクーポン」提供、B.LEAGUEで顔認証実験も実施

2021年9月16日8:17 ソフトバンクは、2021年9月14日に新サービス等の記者説明会を開催した。当日は、ソフトバンク 代表取締役 …

20219/15

ブランド試験ツール EMVスキームへの移行について(テュフズードジャパン)

2021年9月16日8:00 IC決済端末を市場運用する際に求められる試験のひとつにブランド試験があるが、そのブランド試…

20219/15

カート・スマホを活用したセルフレジシステム提供(イトーヨーカ堂/東芝テック)

2021年9月16日7:50 イトーヨーカ堂と東芝テックは、カート・スマホを活用したセルフレジシステム(IY マイレジ ピピットカート /…

ページ上部へ戻る