Pay-Ya NEWS.(β)

総合決済プラットフォームPay-Yaの紹介と業界情報サイト

 

© Pay-Ya NEWS.(β) All rights reserved.

20217/30

横須賀市の観光事業をNFCやAIBeacon等各種ICTツール提供で支援(NTT東日本)

2021年7月30日9:01

NTT東日本(神奈川事業部)は、横須賀市が取り組む「ICTを活用した観光利便性の向上及び周遊促進事業」において、各種ICTツールを提供することで支援すると発表した。なお、同取り組みは、横須賀市、NTT東日本、NTTe-Sportsが2020年10月21日に締結した『ICT及び新たなスポーツを活用した「地域活性化に向けた3者連携協定」』の具体的取り組みの1つとなる。

8月2日から、よこすかルートミュージアムのモデルコースを周遊ルートとしたスタンプラリーを実施することで、よこすかルートミュージアムという新たな観光の楽しみ方を体感してもらい、周遊促進につなげるそうだ。

スタンプ取得方法は、スマートフォンをスタンプポイントにある「スマートプレート」(NFC、QRコード対応)にスマートフォンをかざす。スタンプポイントは、通年ルート4か所、季節限定ルート3か所となり、横須賀ならではの賞品が当たるという。主催は、横須賀集客促進・魅力発信実行委員会となる。

観光周遊を促す「よこすかルートミュージアムスタンプラリー」(NTT東日本)

なお、横須賀市では観光利便性の向上及び周遊促進を目的に、2020年度末から2021年度にかけてICTサービスの整備を進めており、その事業の一環として「JOYPIT」という呼称をつけ、オリジナルプレート(スマートプレート)を製作し、市内の約50か所の施設に設置した。そのプレートは、スマートフォンをかざすだけでさまざまな情報やサービスを瞬時に表示させることができるICチップを内蔵しており、今後は、非接触型の情報提供等に活用していく予定だ。

また、横須賀市は、来訪者の情報から、観光時の満足度向上や再来訪意欲・滞在時間の増長といった観光施策への活用を図るため、来訪者の属性や回遊パターンなどのデータが収集できる「AIBeacon」を市内の主要観光施設に設置した。来訪者数、性別、年代、居住地、回遊パターン、滞在時間等の収集データを分析し、より効果が見込める施策の検討などに活用していく。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

The post 横須賀市の観光事業をNFCやAIBeacon等各種ICTツール提供で支援(NTT東日本) first appeared on ペイメントナビ.

関連記事

20229/24

新船「あおい」の就航に合わせ「QRスマート乗船」の運用開始(ジャンボフェリー)

2022年9月25日7:00 ジャンボフェリーは、2022年10月22日から、新船「あおい」の就航に合わせ、「QRコード」 を利用したチケッ…

20229/23

「エースワン」「A-MAX」で「楽天ポイントカード」が利用可能に(エースワン/楽天ペイメント)

2022年9月24日7:00 エースワンと楽天ペイメントは、エースワンが運営する「エースワン」「A-MAX」全17店舗において、共通ポイント…

20229/22

ヤマダデンキで「AEON Pay」利用可能に(イオンフィナンシャルサービス/イオンクレジットサービス)

2022年9月23日7:00 イオンフィナンシャルサービスとその子会社であるイオンクレジットサービスは、家電量販店のヤマダホールディングスと…

20229/22

共立女子大学・共立女子短期大学で金融教育プログラム実施(auフィナンシャルサービス)

2022年9月22日20:00 auフィナンシャルサービスは、2022年9月23日から開講される共立女子大学・共立女子短期大学のリーダーシッ…

20229/22

futureshop利用のEC事業者向けSAISON CARD Digitalのアライアンスプログラム開始(クレディセゾン)

2022年9月22日19:43 クレディセゾンは、フューチャーショップと協業し、ECサイト構築プラットフォームfutureshopを利用中の…

ページ上部へ戻る