Pay-Ya NEWS.(β)

総合決済プラットフォームPay-Yaの紹介と業界情報サイト

 

© Pay-Ya NEWS.(β) All rights reserved.

20217/28

「スシロー八重洲地下街店」オープン、接触を減らすための店舗設計に(あきんどスシロー)

2021年7月28日16:39

あきんどスシローは、東京駅に直結する八重洲地下街に、スシロー初となる回転すし「スシロー」とテイクアウト専門店「スシロー To Go」のハイブリッド店舗として、「スシロー八重洲地下街店」を2021年7月29日にオープンする。さらに、スシロー初となる利用者同士の接触を減らすための店舗設計を施したほか、ビジネスパーソンから旅行者、家族連れまでさまざまな利用シーンを想定した商品をラインアップしたという。

「スシロー八重洲地下街店」店舗外観(あきんどスシロー)

スシロー初の取り組みとして、店舗の入口と出口を分離した設計とした。これにより、来店あるいは退店者同士の接触を減らし、スムーズな入退店に配慮した。

また、併設されるテイクアウト専門店「スシロー To Go」と、持ち帰り商品を受取る「自動土産ロッカー」も店内飲食エリアから独立した設計となっている。これにより、店内飲食の利用者とは別のエリアで商品の購入や受け取りが可能になる。

スシローでは、一部商品を除きフェアメニュー含め持ち帰りできる。電話やFAXでも注文できるが、アプリで好きな商品を注文することができ、ネット上で決済も可能だ。また、スシローのアプリには待ち時間も表示されているので、持ち帰りのできる時間も確認できる。「自動土産ロッカー」は、ネットで事前決済をしておけばメールで届いたQRコードをかざすことで商品を受け取ることができるという。

さらに、来店時に受付システムでチェックインすると自動アナウンスで席を指定・案内する「自動案内」を設置し、注文した商品が専用レーンで直接席まで届く「Auto Waiter(オートウェイター)」など、最新の設備を導入している。

The post 「スシロー八重洲地下街店」オープン、接触を減らすための店舗設計に(あきんどスシロー) first appeared on ペイメントナビ.

関連記事

202210/5

Visa、BtoB取引でカード決済が利用できない加盟店にも対応する「BPSP」とは?

2022年10月6日8:30 国内では、BtoB(企業間取引)決済でカード決済を受け付けている加盟店はまだ数少ない。そんな中、Visaで…

202210/5

神戸市でデジタル地域通貨活用の「スマート給付実証事業」(MRI)

2022年10月6日7:50 三菱総合研究所(MRI)は、2022年10月1日~2023年3月まで、神戸市、アイネスと共に、地域課題解決型デ…

202210/5

「道南ラルズ ICASnimocaでおトクにお買い物!」キャンペーン(ニモカ)

2022年10月6日7:40 ニモカは、2022年10月8日~11月6日までの期間中、「道南ラルズ ICASnimocaでおトクにお買い物!…

202210/5

兵庫県朝来市でプレミアム付電子地域通貨「あさごPay2022」開始(ポケットチェンジ)

2022年10月6日7:20 ポケットチェンジは、オリジナル電子マネー発行プラットフォーム「Pokepay(ポケペイ)」を活用したプレミアム…

202210/5

花き買参人向けに後払い決済サービスの新サービス導入(FAJ/SMBCFS)

2022年10月6日7:10 フラワーオークションジャパン(FAJ)と、SMBC ファイナンスサービス(SMBCFS)は、2022年11⽉1…

ページ上部へ戻る