Pay-Ya Style(β)

総合決済プラットフォームPay-Yaの紹介と情報サイト

 

© Pay-Ya Style(β) All rights reserved.

20217/27

ムードマーク バイ イセタンの「ソーシャルギフト」サービスで最大50件対応可能に(三越伊勢丹ホールディングス)

2021年7月27日19:14

三越伊勢丹ホールディングスは、伊勢丹のオンラインギフトサイト「ムードマーク バイ イセタン」において、住所を知らない相手にもSNSやメールでギフトが贈れる「ソーシャルギフト」サービスで大口注文に対応した決済システムの運用を開始した。

「ムードマーク バイ イセタン」(三越伊勢丹ホールディングス)

2019年10月のサイト開設後、「ソーシャルギフト」サービスは、個人の利用者に加え、法人にも福利厚生やキャンペーン等で利用されていたという。今回のシステム改善により、1決済につき最大50件まで「ギフト受取専用URL」の同時発行が可能となり、より利用者のニーズに対応したサービスへと進化したそうだ。また、相手の住所を入力して届ける通常の配送ギフトにおける大口注文の運用も開始している。

「ソーシャルギフト」とは、 住所を知らない相手にもギフトが贈れるサービスだ。贈り主は「ムードマーク バイ イセタン」で贈るアイテムを選び、カートに入れたら『ソーシャルギフトで送る』をクリック。決済後に発行される「ギフト受取専用URL」をギフトを贈りたい相手にSNSやメールでシェアする流れとなる。届け先住所と配送日時は、贈られた相手が入力するため、相手の住所を知らなくても、在宅予定を聞かなくても気軽にギフトが贈れるそうだ。

これまでの「ソーシャルギフト」サービスは、1決済につき「ギフト受取専用URL」の発行は1件のみだったが、今回のシステム改善により、1決済につき最大50件までURLの同時発行が可能となった。活用シーンは、「キャンペーンの景品」「社員へのプレゼント・福利厚生」「株主総会・式典のお土産」「お中元・お歳暮・お年賀」「内祝い・引出物」「懇親会・オンライン飲み」などとなる。

今後、「ムードマーク バイ イセタン」では、より良いギフト体験を実現していくため、各ブランドやメーカーが行うノベルティの送付などに対し、 「ムードマーク バイ イセタン」の「ソーシャルギフト」サービスのシステム利用のみの提供も順次開始予定だ。これにより、 個人情報の取得やそれに伴う管理の業務負荷を軽減することができ、キャンペーン等のスムーズな進行が可能となる。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

The post ムードマーク バイ イセタンの「ソーシャルギフト」サービスで最大50件対応可能に(三越伊勢丹ホールディングス) first appeared on ペイメントナビ.

関連記事

202110/15

キャッシング即時振込サービスを24時間化(三井住友カード)

2021年10月15日9:21 三井住友カードは、キャッシング振込サービスにおいて 24 時間即時に借り入れ(口座振込)ができるようにサービ…

202110/15

「TOYOTA Wallet」で「ドコモ・バイクシェア」と「トヨタレンタカー」をミニアプリで提供(トヨタファイナンシャルサービス/トヨタファイナンス)

2021年10月15日9:19 トヨタファイナンシャルサービス、およびトヨタファイナンスは、2021年10月11日から、トヨタの決済アプリ「…

202110/15

収益認識を自動化する機能を提供(Stripe)

2021年10月15日9:14 Stripe は、40カ国のユーザーに対して新たに収益認識を自動化する機能の提供を開始した。 収益認識とは、…

202110/14

バーチャル渋谷 ハロウィーンフェスでリアルとバーチャルの融合加速、投げ銭も実施

2021年10月15日8:30 KDDIは、渋谷区公認の配信プラットフォーム「バーチャル渋谷」において、「バーチャル渋谷 au 5G ハ…

202110/14

【緊急特集】世界のBNPLの特徴、メリット・デメリット、プレイヤー徹底解説(1)

2021年10月15日8:00 世界中で“BNPL”(Buy Now, Pay Later:後払い)が盛り上がりを見せている。そこで、今…

ページ上部へ戻る