Pay-Ya NEWS.(β)

総合決済プラットフォームPay-Yaの紹介と業界情報サイト

 

© Pay-Ya NEWS.(β) All rights reserved.

20217/27

ムードマーク バイ イセタンの「ソーシャルギフト」サービスで最大50件対応可能に(三越伊勢丹ホールディングス)

2021年7月27日19:14

三越伊勢丹ホールディングスは、伊勢丹のオンラインギフトサイト「ムードマーク バイ イセタン」において、住所を知らない相手にもSNSやメールでギフトが贈れる「ソーシャルギフト」サービスで大口注文に対応した決済システムの運用を開始した。

「ムードマーク バイ イセタン」(三越伊勢丹ホールディングス)

2019年10月のサイト開設後、「ソーシャルギフト」サービスは、個人の利用者に加え、法人にも福利厚生やキャンペーン等で利用されていたという。今回のシステム改善により、1決済につき最大50件まで「ギフト受取専用URL」の同時発行が可能となり、より利用者のニーズに対応したサービスへと進化したそうだ。また、相手の住所を入力して届ける通常の配送ギフトにおける大口注文の運用も開始している。

「ソーシャルギフト」とは、 住所を知らない相手にもギフトが贈れるサービスだ。贈り主は「ムードマーク バイ イセタン」で贈るアイテムを選び、カートに入れたら『ソーシャルギフトで送る』をクリック。決済後に発行される「ギフト受取専用URL」をギフトを贈りたい相手にSNSやメールでシェアする流れとなる。届け先住所と配送日時は、贈られた相手が入力するため、相手の住所を知らなくても、在宅予定を聞かなくても気軽にギフトが贈れるそうだ。

これまでの「ソーシャルギフト」サービスは、1決済につき「ギフト受取専用URL」の発行は1件のみだったが、今回のシステム改善により、1決済につき最大50件までURLの同時発行が可能となった。活用シーンは、「キャンペーンの景品」「社員へのプレゼント・福利厚生」「株主総会・式典のお土産」「お中元・お歳暮・お年賀」「内祝い・引出物」「懇親会・オンライン飲み」などとなる。

今後、「ムードマーク バイ イセタン」では、より良いギフト体験を実現していくため、各ブランドやメーカーが行うノベルティの送付などに対し、 「ムードマーク バイ イセタン」の「ソーシャルギフト」サービスのシステム利用のみの提供も順次開始予定だ。これにより、 個人情報の取得やそれに伴う管理の業務負荷を軽減することができ、キャンペーン等のスムーズな進行が可能となる。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

The post ムードマーク バイ イセタンの「ソーシャルギフト」サービスで最大50件対応可能に(三越伊勢丹ホールディングス) first appeared on ペイメントナビ.

関連記事

20225/23

「NEOBANKスマホデビット(Mastercard)」がApple Pay、Google Pay対応 スマホ1台ですべてが完結できる世界を目指す

2022年5月23日8:30 住信SBIネット銀行は、デビットでは初となる Mastercardのデジタル・ファースト・プログラムに対応…

20225/21

「SalonAnswer」の「LINEミニアプリ」で決済機能提供(エクシードシステム/SBPS)

2022年5月22日7:00 エクシードシステムと、ソフトバンクの子会社であるSBペイメントサービス(SBPS)は、エクシードシステムが提供…

20225/20

キャッシュレス決済端末「ThincaTerminal2」販売(トッパンフォームズ/TFPS)

2022年5月21日7:00 トッパンフォームズとTFペイメントサービス(TFPS)は、キャッシュレス決済端末「ThincaTerminal…

20225/20

「Uber Eats」への導入2周年、利用者数250万人突破を記念したキャンペーン実施(PayPay)

2022年5月20日19:17 PayPayは、Uber Eats Japanが提供する「Uber Eats」における「PayPay」の導入…

20225/20

ハイパーソフトの「Salon de Net for LINE」リニューアル(ネットスターズ)

2022年5月20日16:45 ネットスターズは、美容室・美容サロン向けのPOSシステムやセルフレジを開発・販売するハイパーソフトと提携し、…

ページ上部へ戻る