Pay-Ya NEWS.(β)

総合決済プラットフォームPay-Yaの紹介と業界情報サイト

 

© Pay-Ya NEWS.(β) All rights reserved.

20217/13

大手携帯キャリア2社、フードデリバリーを傘下に自社経済圏の拡大目指す【EC Now】

2021年7月14日8:00

大手の携帯キャリアが、フードデリバリーとの連携を強める動きが目立つ。昨年、ソフトバンクグループが実質的に出前館を傘下に収めたのに続き、今年6月にはKDDIがmenuとの資本業務提携を発表した。日常化するステイホームで伸びが続く飲食宅配を通じ、自社が展開するスマホ決済サービスの浸透を狙う。通信、EC、決済、ポイントなどの保有リソースを連動させることで相乗効果を生み出し、経済圏の拡大につなげる。

記事のポイント!
①ベンチャーのmenuに出資したKDDI
②ソフトバンクグループもフードデリバリーとの連携強化
③ドアダッシュが日本に進出
④今後はよりシビアな戦略が必要に
⑤ドコモは「dデリバリー」事業から突然撤退
⑥フードデリバリーがキャッシュレスの牽引役に?

■KDDIがベンチャー企業のmenuに出資

KDDIはmenuに約50億円を出資して株式の20%を取得し、持分法適用関連会社とした。ベンチャー企業のmenuは、昨年4月からアプリ「menu」を通じたフードデリバリー事業を展開。開始後1年間で47都道府県にサービスを広げ、加盟飲食店数は約6万店舗(申し込み数も含む)となる。

急速に成長を遂げたmenuだが、決済方法はクレジットカードだけであり、他のフードデリバリーに比べると使い勝手が悪かった。KDDI傘下となったことで、7月中旬からはKDDIのスマホ決済サービス「au PAY」が利用できるようになるのに加え、「au PAY」のミニアプリとして「menu」が追加される。月額制で映像・音楽・書籍などを無料視聴できる「auスマートパスプレミアム」サービスとも連携し、「menu」の利用率拡大につなげる。

本業の携帯電話事業が伸び悩む中、KDDIは「au PAY」会員を通じた決済事業を軸にau経済圏を広げてきた。今後は需要増が見込めるフードデリバリーなど、消費行動の入り口となるリアル接点を強化するという。

「menu」では、「au PAY」の利用でPontaポイントの還元率がアップするキャンペーンなども実施。KDDIは昨年からポイントサービスをPontaポイントに統一し、オープン化戦略に踏み切っている。

両社経済圏の連携により新たな価値創出を狙う(出典:KDDIニュースリリース)

■グループで大手飲食宅配2社を抱えるソフトバンク

ソフトバンクグループ(SBG)も、フードデリバリーとの結び付きを強めている。まず、ウーバーイーツを手がけるウーバージャパンが属する米国のウーバーテクノロジーズには、2018年からSBGが出資している。

このコンテンツは会員限定(有料)となっております。
「Paymentnavi Pro2021」の詳細はこちらのページからご覧下さい。

すでにユーザー登録をされている方はログインをしてください。

The post 大手携帯キャリア2社、フードデリバリーを傘下に自社経済圏の拡大目指す【EC Now】 first appeared on ペイメントナビ.

関連記事

20228/19

アプリ払いが可能な「クラブ・オン/ミレニアム アプリ」110万ダウンロード突破(そごう・西武/セブンCSカードサービス)

2022年8月19日21:26 そごう・西武とセブンCSカードサービスは、両社が共同開発した「クラブ・オン/ミレニアム アプリ」のダウンロー…

20228/19

ナッジ、キャッシュレスで森林再生できる「広島Nudgeの森」開始 官民連携で「グリーン・フィンテック」を推進

2022年8月19日9:30 ナッジは、新たに広島県東広島市と連携し、「Nudge」クレジットカード申し込み時に「広島Nudgeの森」ク…

20228/18

「Ponta特典交換」で抽選でZIPAIR限定ポイント、スプリング・ジャパン国内線航空券と交換できるキャンペーン(LM)

2022年8月19日7:30 JALグループのZIPAIR Tokyo、スプリング・ジャパンと、共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」…

20228/18

不正注文検知サービス「O-PLUX」がジオテクノロジーズの「住所確認サービス」と連携(かっこ)

2022年8月19日7:30 かっこは、ジオテクノロジーズと提携し、かっこが提供する不正注文検知サービス「O-PLUX(オープラックス)…

20228/18

那覇空港でBOPIS/ C&C用スマートロッカー実証実験(SGST)

2022年8月19日7:20 SGSTは、新型コロナウイルス対応として飲食店、レジャー施設、一般企業、医療機関向けにロボットやIoT製品…

ページ上部へ戻る