Pay-Ya Style(β)

総合決済プラットフォームPay-Yaの紹介と情報サイト

 

© Pay-Ya Style(β) All rights reserved.

20217/12

支払いは翌月末にできる「イマすぐ入金」機能提供(Kyash)

2021年7月13日7:30

Kyashは、デジタルウォレットアプリ「Kyash」において、2021年7月13日から提供を予定しているアプリバージョン9.0.0より、必要な金額を入金後、支払いは翌月末にできる「イマすぐ入金」機能の提供を開始すると発表した。

「イマすぐ入金」は、後払いタイプでの入金方法となる。手続きは1分程で完了し、その場でKyash残高に入金され、すぐにネットショッピングや店舗での買い物を利用可能だ。「イマすぐ入金」で入金された残高は、国内外5,400万店舗のVisa加盟店で利用することが可能だ。入金可能額は最低3,000円から最大5万円まで、利用状況に応じて即時に算出される。必要な分だけ入金できるため、事前に決めた金額以上に使い過ぎる心配はないという。入金した月の翌月末までであれば、入金額と手数料を近くのコンビニで好きなタイミングで支払いできる。

入金申請は、1. 入金ボタンをタップ、2. 入金手段の一覧から「イマすぐ入金」をタップ、3. 申し込み情報を入力、4. 入金申請額を選択、5. 内容を確認して入金申請(Kyash)

Kyashのアプリ上では最短1分でKyash Visaカードを発行することが可能となっており、事前にクレジットカードや銀行口座から入金、もしくはコンビニ・ATM経由で入金してお支払いに利用できる。サービスを提供する中で、一部の利用者からは、クレジットカードを持っていない、銀行口座登録が煩雑、コンビニ・ATMに行くのが面倒といった声もあった。今回「イマすぐ入金」機能を提供することで、アプリから必要な金額を即時に入金することができるとしている。

なお、手数料は、3,000〜1万円が500円、1万1,000〜2万円が800円、2万1,000〜3万円が1,150円、3万1,000〜4万円が1,500円、4万1,000〜5万円が1,800円となっている。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

The post 支払いは翌月末にできる「イマすぐ入金」機能提供(Kyash) first appeared on ペイメントナビ.

関連記事

20221/19

「第6回 Japan IT Week 関西」が21日まで開催中、注目のIT関連製品・サービスは?

2022年1月20日8:30 RX Japanは、2022年1月19日~1月21日まで、インテックス大阪(大阪府大阪市住之江区)において、日…

20221/19

最新技術やソリューションを紹介した「docomo Open House’22」開催、自治体が「健康マイレージ」などと連携してフレイルリスクを推計

2022年1月20日8:00 NTTドコモは、ドコモの研究開発や最新技術を活用したソリューションなどを紹介する「docomo Open …

20221/19

店舗向け決済DXプラットフォーム提供、「PayCAS Mobile」から対応(SB  C&S/SBPS)

2022年1月19日23:00 SB  C&SとSBペイメントサービス(SBPS)は、店舗向け決済DXプラットフォームの提供を2…

20221/19

飲食店向けモバイルオーダーサービス「eateat」、スマートロッカー連携も(インタセクト)

2022年1月19日22:00 インタセクト・コミュニケーションズは、イートインからテイクアウトまで同一システムで、非接触・非対面を可能にし…

20221/19

クレジットカード発行と証券総合口座開設を同時申し込み可能に(SBI証券/三井住友カード)

2022年1月19日18:00 SBI証券と三井住友カードは、両社間のさらなる連携強化を目的として、2022年1月19日から、SBI証券の証…

ページ上部へ戻る