Pay-Ya NEWS.(β)

総合決済プラットフォームPay-Yaの紹介と業界情報サイト

 

© Pay-Ya NEWS.(β) All rights reserved.

20217/12

支払いは翌月末にできる「イマすぐ入金」機能提供(Kyash)

2021年7月13日7:30

Kyashは、デジタルウォレットアプリ「Kyash」において、2021年7月13日から提供を予定しているアプリバージョン9.0.0より、必要な金額を入金後、支払いは翌月末にできる「イマすぐ入金」機能の提供を開始すると発表した。

「イマすぐ入金」は、後払いタイプでの入金方法となる。手続きは1分程で完了し、その場でKyash残高に入金され、すぐにネットショッピングや店舗での買い物を利用可能だ。「イマすぐ入金」で入金された残高は、国内外5,400万店舗のVisa加盟店で利用することが可能だ。入金可能額は最低3,000円から最大5万円まで、利用状況に応じて即時に算出される。必要な分だけ入金できるため、事前に決めた金額以上に使い過ぎる心配はないという。入金した月の翌月末までであれば、入金額と手数料を近くのコンビニで好きなタイミングで支払いできる。

入金申請は、1. 入金ボタンをタップ、2. 入金手段の一覧から「イマすぐ入金」をタップ、3. 申し込み情報を入力、4. 入金申請額を選択、5. 内容を確認して入金申請(Kyash)

Kyashのアプリ上では最短1分でKyash Visaカードを発行することが可能となっており、事前にクレジットカードや銀行口座から入金、もしくはコンビニ・ATM経由で入金してお支払いに利用できる。サービスを提供する中で、一部の利用者からは、クレジットカードを持っていない、銀行口座登録が煩雑、コンビニ・ATMに行くのが面倒といった声もあった。今回「イマすぐ入金」機能を提供することで、アプリから必要な金額を即時に入金することができるとしている。

なお、手数料は、3,000〜1万円が500円、1万1,000〜2万円が800円、2万1,000〜3万円が1,150円、3万1,000〜4万円が1,500円、4万1,000〜5万円が1,800円となっている。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

The post 支払いは翌月末にできる「イマすぐ入金」機能提供(Kyash) first appeared on ペイメントナビ.

関連記事

202211/29

スキーNFT「ニセコパウダートークン」実証実験(HashPalette/東急不動産)

2022年11月29日9:30 HashPalette と東急不動産は、スマートリゾートを推進する北海道倶知安町所在のスキー場「ニセコ東急 …

202211/29

LexisNexis Risk Solutions、世界中の金融機関の情報から決済経路決定を支援するオンラインツール「Bankers Almanac」のセールスを日本市場でも本格化

2022年11月29日9:00 リーガルなリスク管理や金融関連の調査を得意とするデータサービス大手のLexisNexis Risk So…

202211/27

福島県楢葉町とFintechで協定、利用額の一部がヤマユリの植栽に(ナッジ)

2022年11月28日8:42 ナッジは、福島県楢葉町と、Fintech(フィンテック)を通じた地方創生に関する施策を推進するための協定を締…

202211/27

NPSベンチマーク調査QRコード決済部門のトップはPayPay(NTTコム オンライン)

2022年11月28日8:20 NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューションは、NPSベンチマーク調査QRコード決済部門を実施した…

202211/27

タクシー配車アプリ「TAXI.come」独自開発(両備グループ)

2022年11月28日8:20 両備グループのタクシー事業を運営する両備タクシーユニット(事務局:岡山交通)は、 タクシー配車アプリ「TAX…

ページ上部へ戻る