Pay-Ya Style(β)

総合決済プラットフォームPay-Yaの紹介と情報サイト

 

© Pay-Ya Style(β) All rights reserved.

20217/12

国内外で注目の「BNPL(後払い決済)」、普及の背景や課題をネットプロテクションズが解説

2021年7月13日8:00

ネットプロテクションズは、2021年6月29日、国内でプレイヤーが増加し、世界でもユニコーン企業が登場する「BNPL(Buy,Now,Pay,Later=後払い決済)市場を解説するラウンドテーブルを開催した。BNPLの概要、世界や日本の動向、普及する背景や課題などについて紹介した。

ネットプロテクションズ シニアコミュニケーションデザイナー 髙田祥平氏

記事のポイント!
①国内ではカード会社や物流会社等も参入
②日本は請求書型、スマホ型が中心で2021年に1兆円を超える規模に拡大へ
③海外では時価総額4兆円を超えるプレイヤーも登場
④日本は一括中心、海外は4分割や長期分割型も
⑤これからは透明性の高いBNPLが求められる?
⑥海外市場では延滞手数料が課題に
⑦日本では今後、今後はガイドライン策定の可能性も?

国内で多様なプレイヤーが参入
2021年に1兆円を超える規模に拡大

BNPLは、商品を購入してから後で料金を支払う決済方法として注目されている。ECサイトにおいて、通販事業者が購入に至るまでの改善施策として、その最後に決済方法を選択するが、必要としている支払い手段がなかった時に離脱する可能性がある。また、人によっては、初めて利用するサイトでクレジットカードを使用する際、情報漏洩を懸念したり、個人情報の入力が面倒だったりする。ECサイトでも料金を後から支払う後払いに注目する企業が増えている。

国内では、2002年にネットプロテクションズが「NP後払い」を開始。その後も専業の後払い提供会社、クレジットカード、物流会社、ECサイトなど、さまざまなプレイヤーが後払いサービスに参入している。また、支払いも請求書をコンビニなどに持参して払う「請求書型」、スマートフォンに請求が届く「スマホ型」などがある。そのほか、バンドルカードの「コンビニ/ネット銀行/ATM払い(Pay-easy)」やメルペイスマート払いの「自動引き落とし」「メルペイ残高」「コンビニ/ATM払い(Pay-easy)」などのパターンがある。

日本では、矢野経済研究所の調査で2021年に1兆円を超える規模に拡大している。ネットプロテクションズでは、事業全体の年間取扱高が4,300億円を突破。矢野経済研究所の調査と同社実績から算出すると、2020年度の国内BtoC後払い決済サービス市場のシ ェア率が約41%という結果になっている。後払い「NP後払い」の年間取扱高は3,400億円超となり、国内の7人に1人が利用している。また、 BtoB向けの「NP掛け払い」の年間取扱高が750億円を突破し、国内企業の8社に1社が利用しているそうだ。そのほか、2017年により、一括後払い決済「atone(アトネ)」を提供している。

海外での主要プレイヤーは?
海外は分割払いが主流

このコンテンツは会員限定(有料)となっております。
「Paymentnavi Pro2021」の詳細はこちらのページからご覧下さい。

すでにユーザー登録をされている方はログインをしてください。

The post 国内外で注目の「BNPL(後払い決済)」、普及の背景や課題をネットプロテクションズが解説 first appeared on ペイメントナビ.

関連記事

20221/19

「第6回 Japan IT Week 関西」が21日まで開催中、注目のIT関連製品・サービスは?

2022年1月20日8:30 RX Japanは、2022年1月19日~1月21日まで、インテックス大阪(大阪府大阪市住之江区)において、日…

20221/19

最新技術やソリューションを紹介した「docomo Open House’22」開催、自治体が「健康マイレージ」などと連携してフレイルリスクを推計

2022年1月20日8:00 NTTドコモは、ドコモの研究開発や最新技術を活用したソリューションなどを紹介する「docomo Open …

20221/19

店舗向け決済DXプラットフォーム提供、「PayCAS Mobile」から対応(SB  C&S/SBPS)

2022年1月19日23:00 SB  C&SとSBペイメントサービス(SBPS)は、店舗向け決済DXプラットフォームの提供を2…

20221/19

飲食店向けモバイルオーダーサービス「eateat」、スマートロッカー連携も(インタセクト)

2022年1月19日22:00 インタセクト・コミュニケーションズは、イートインからテイクアウトまで同一システムで、非接触・非対面を可能にし…

20221/19

クレジットカード発行と証券総合口座開設を同時申し込み可能に(SBI証券/三井住友カード)

2022年1月19日18:00 SBI証券と三井住友カードは、両社間のさらなる連携強化を目的として、2022年1月19日から、SBI証券の証…

ページ上部へ戻る