Pay-Ya NEWS.(β)

総合決済プラットフォームPay-Yaの紹介と業界情報サイト

 

© Pay-Ya NEWS.(β) All rights reserved.

20217/11

「飲料・食物販自販機」を東京駅に設置、決済は交通系電子マネー(JR東日本クロスステーション)

2021年7月12日7:00

JR東日本クロスステーション ウォータービジネスカンパニーは、2021年7月9日よりJR東日本のエキナカでは初となる「飲料・食物販自販機」を東京駅に設置し、営業を開始した。

「飲料・食物販自販機」では、アキュアの自販機で展開している飲料に加え、食品・菓子・マスクや除菌シートなどの雑貨を一緒に販売し、エキナカでの幅広い顧客ニーズに対応する。

飲料・食物販自販機(JR東日本クロスステーション ウォータービジネスカンパニー)

決済は交通系電子マネーのみとなり、POSデータを分析することで「どの商品がどの時間帯によく売れるのか」「飲料と一緒に購入されている商品はなにか」などを把握することが可能となるそうだ。

テーマは「移動者向けバラエティ自販機」となり、新幹線利用者を想定し、飲料に加え、菓子・軽食、日用雑貨等も購入可能なミニコンビニ自販機だ。

アキュアの自販機では、販売した飲料の現金・電子マネーを含むすべての購買情報をPOSデータとして取得し、分析を行っているそうだ。例えば、自販機全体では朝7~9 時の購入者率が高い傾向にあり、これはコロナ禍でも同様だった。その中で、ゼリー飲料などに代表されるおやつカテゴリーの売れ方を分析すると、13 時から徐々に購入者比率が上昇し、16~17時台がピークになっている。また、小腹がすく17時~18時にスープ飲料の売上が伸びていたことも分かった。

今回、飲料だけではなく食品も合わせて販売するため、「お昼の時間帯に自販機で一番売れる食べ物は何か?」「りんごジュースと一緒に買われているものは何か?」などを把握することができ、従来の飲料自販機ではカバーできなかった新たなニーズの取り込みを狙う。設置後は、購買状況の基本分析に加え、利用者の買い回り分析やリピート分析などを加えることで、「エキナカ移動者が求める最適な商品ラインナップ」を追求していく。

The post 「飲料・食物販自販機」を東京駅に設置、決済は交通系電子マネー(JR東日本クロスステーション) first appeared on ペイメントナビ.

関連記事

20226/29

楽天Edyの利用可能箇所数が100万カ所を突破、キャンペーンも実施(楽天ペイメント)

2022年6月29日19:15 楽天ペイメントと楽天Edyは、電子マネー「楽天Edy」の利用可能箇所数が100万カ所(2022年6月1日時点…

20226/29

新カードデザイン発表、非接触決済搭載しカード番号等を裏面化(ジャックス)

2022年6月29日19:05 ジャックスは、自社で発行するジャックスカード、ジャックスカードゴールド、ジャックスカードプラチナのデザインを…

20226/28

長良川鉄道 PayPayの比率が2桁に、Visaのタッチ決済対応で観光需要に備える

2022年6月29日8:00 ワンマン運転車両用の運賃収受機器と連携したシステム構築 長良川鉄道は、2019年7月から、キャッシュレス決…

20226/28

ザスパと提携して「大好きザスパクサツ群馬WAON」発行へ(イオン)

2022年6月29日7:30 Jリーグトップパートナーであるイオンはこのほど、(公社)日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に所属する「ザスパク…

20226/28

アプリでクルマのドアを解施錠できるAndroid版アプリ追加(タイムズモビリティ)

2022年6月29日7:10 タイムズモビリティは、カーシェアリングサービス「タイムズカー」のAndroid版アプリにおいて、会員カードを使…

ページ上部へ戻る